リアルのお話

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

HGUCシナンジュ

イメージ 1

イメージ 2

久しぶりにガンプラ作ってましたヽ(‘ ∇‘ )ノ

2番目の画像がそれです。

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)にて、全裸大佐ことフル・フロンタルが駆るシナンジュです。

1番目の画像は私が時々プレイしているガンダムEXVSというPS3ゲームのシナンジュ勝利ポーズ。

あのポーズをさせてみたくて買いましたw

かっこいいんですもの(*´ェ`*)



しっかし、ご覧くださいこやつの体のあちこちにある紋章を。

本来ならシールで対応する箇所なのですが、かっこよさを追求するならシールよりも部分塗装です。

で、簡単に塗ってみるかとガンダムマーカーで塗り塗りしてみたんですが



ムズイよ・・・ムズイよこれ・・・



手先をプルプルさせながら塗ってました(´;ェ;`)

まぁ、そこに力を注ぎすぎてバルカン塗り忘れたりとかしてるんですg(ぉ

後はハッキリさせたいところに墨入れと、仕上げにトップコートを吹いたぐらい。

アンテナのシャープ化と腰のスカート部分を個別に動くようにした以外はストレートに組みました。

何にもしなくても作りがいいのでかっこいいですヽ(‘ ∇‘ )ノ

プロペラントタンクの合わせ目が気になるので後日修正予定。

シナンジュを作るとアンジェロ・ザウパー専用ギラズールも作りたくなりますよね。

木曜日に買って来よう((・ω・*≡*・ω・))



というわけで、本日はガンダムネタでしたw

付いてこれなかった人ごめんねヽ( ´ー`)ノ

やっとネットが使えるようになりました!ヽ(‘ ∇‘ )ノ

今回、時代の流れに遅れ遅れてようやくADSLから光回線への変更を行いました。

先日までは私の住んでいる地域が光のエリア外だったのでどうしようもなかったのです(^▽^;)

しかし今日から光!

ちょこっとネットサーフィンしただけでも分かるこの速さ!!

っていうか本当に速いですねぇ・・・。

いろんなところで光の速さは体感していましたが、これが家で使えるとは・・・感動だわ(´;ェ;`)

というわけで、ネット復帰報告でした♪

喫茶店巡り

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨年末ぐらいに、ちみっこがカフェ本というのを買いました。

地元のカフェがたくさん載っている本なのですが、読んでみてびっくり。

普段『カフェ』なんてお洒落な所には縁が無いので、こんなにステキな所が多いんだと驚きました。



で、そんなお洒落なカフェにちみっこが一目惚れをしましたw

今年は【喫茶店巡り】をするのだそうですヽ( ´ー`)ノ

上の写真は私が携帯で撮影したものですが、ちみっこにもカフェに行ったら撮影してもらう予定です♪

初夢のお話

端整な町並みにある、少し小さなレストラン。

その店の中、窓際の席、私は一人座ってメニューを眺めていた。

見ているページには

・アーリエ・オーリエ・ペペロンチーノ

・ミートソースのスパゲティ

・明太子とバターのスパゲティ

・半熟タマゴのカルボナーラ

他にもあった気がするが、この4品を私は注文した。

「それを一人で食べるのか」と外の世界の私がツッコミを入れる。

程なくして、注文したパスタが順番にテーブルに運ばれてくる。

「ペペロンチーノのお客様」

なぜこのウェイトレスはこんなトンチンカンな事を言うのか。

この席には私しか座っていないのだから確認を取る必要も無いだろう。

が、聞かれた質問に答えないわけにもいくまい。

億劫だが、右手を上げて反応を示す。

「ミートソーススパゲティのお客様」

またか。

この店員はまた同じ事を私にさせようと言うのか。

やれやれと思いながら、再び手を上げようとする私を他所にウェイトレスは私の向かい側の席に向けて皿を置く。

「明太子スパゲティのお客様」

これもまた、私が反応する前に向かい側の席に皿を置いた。

「カルボナーラのお客様」

今度は、私が手を上げるまで皿を置かなかった。

どういうことだろう、私は一人で来ているはずなのだが、向かい側の席に誰か座っているように見えるのか。

不思議に思いながら、結局私は4種類のスパゲティを全部自分で平らげた。



舞台は変わり、ホテルの一室。

普通のホテル、というよりはビジネスホテルに近いのだろう。

部屋には必要最低限の物、ベッドとテレビと棚ぐらいしかない。

その部屋で私は喉の渇きを覚えて目を覚ました。

水を飲む為に部屋を出て給湯室を目指す。

夜遅いせいか、廊下は薄暗くほとんど先がほとんど見えない。

寝起きのせいか、頭がふらふらして足元がおぼつかない私は、壁を伝ってソロソロと歩く。

給湯室は、フロアとフロアを繋ぐ階段の横にあり、いつも灯りが付いている。

…はずなのだが、階段も給湯室も真っ暗でほとんど見えない。

スイッチを入れれば明るくなるだろう。

そう思った時、私の身体が急によろめいた。

いや、よろめいたというよりは何かに引っ張られたという方が近い。

片腕を掴まれて、一気に引っ張られているような感覚。

足こそ地面に付いているが、しっかりと踏みしめているような感じはしない。

そのまま給湯室を通り過ぎ、階段の踊り場まで着いた時さらに引っ張られる力が強くなった。

引っ張る力は下のフロアへと続く。

落とされる。

下へと続く階段も、暗いために先が見えない。

そのままずっとずっと落ち続けるような、そんな恐ろしさを感じた。



ふと、身体が自由に動くようになっていた。

引っ張るような力も感じなければ、ふらふらとするような気配もない。

何だったんだろう…。

良く見ると、階段も給湯室にも明かりが付いていた。

廊下も思っていた以上に明るい。

寝ぼけていたんだろうか。

給湯室に入り、ウォーターサーバーから出る水を紙コップに注ぎ飲み干す。

さっきのは一体なんだったのだろう。

ふぅ、と一息つき横を見ると、白い服を着た女性がこちらを見ていた。

こちらを見ていたはずなのだが、顔が思い出せない。

ただ、白い服を着た女性というだけ。



給湯室から出て部屋に戻り、ベッドに横になる。

また、頭がボーっとする。

仰向けになって天井を眺める。

ベッドが堅くて背中が痛い。

寝返りをうとうと……するが、身体が動かない。

これは金縛りってやつか。

普段金縛りになんてなったことが無い。

意識はハッキリしているのに、身体が動かない。

あー、なるほど、こんな感じなんだなぁ。

身体は動かないが、目だけは動かせる。

テレビが見れないかな?なんてことを思いながら、目を動かすと、

さっきの白い服の女性が立っていた。

なんでこの人は私の部屋にいるんだろうなぁ。

白い服の女性が、私に語りかけてきた。

「こんどは、あなたにしよう」

相変わらず顔は思い出せなかった。










で、ここで目が覚めたんですけどねヽ( ´ー`)ノ



起きたとき汗だくだったんですけどwwww



今年は、何かいいことがあるのかなぁ(・ω・)

あけてた\(^o^)/

 あ
 け
 ま
 し
 て
 お
 め
 で
 と
 う
 ご
 ざ
 い
 ま
 し
 た
 !




新年ですね!

2012年ですね!!

平成24年ですか!?

たしか24年ですよね!!



0時ぴったりに更新しようと思ってたんですが、ゲームしててすっかり忘れてましたww

そんなこんなな私ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたしますヽ(‘ ∇‘ )ノ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事