FenNewsStation

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

http://japanese.engadget.com/2009/05/30/psp-psp-go-e3/
以下記事全文

E3で発表の見込み、とされていた新型 PSPが直前になって流出しました。新モデルの名称はうわさどおり「PSP go」。ボタン類が隠れるスライド式、UMDスロットを搭載しないという点も事前情報そのままです。また本体右上についているのはBluetoothロゴ。流出したQore動画によれば、PSP Goは16GBのストレージを内蔵。またPSP-3000を置き換えるものではなく、当面のあいだは併売されることも確認されました。発売は今年秋の予定。外観は mylo 2にそっくり。

**********************************************

UMD廃止したなら名前をPSPから変えるべきじゃないのか(ノ∀`)
言いたいことは多々ありますが、今は様子を見てみるべきか……。
ガセかも分かりませんし、正式発表待ちです。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090520_blade_hunter/
以下記事全文

今度は「モンスターハンター」に酷似、またしても中国でとんでもないゲームが登場

以前GIGAZINEで黄金の聖衣を身に着けた十二宮の聖闘士がテーマの「聖闘士ONLINE」という
とんでもないオンラインゲームが中国で登場したことをお伝えしましたが、今度は「大きな剣を持った
ハンターが巨大なモンスターを狩るゲーム」が登場しました。

カプコンの人気アクションゲーム「モンスターハンター」シリーズとの類似点を指摘する声が多数
見受けられる内容となっていますが、カプコンからライセンスの提供などを受けたゲームなのでしょうか?
今回はカプコンに対して電話で問い合わせてみました。

これが新たに登場した中国製ゲーム「HUNTER BLADE」です。

ゲームのコンセプトやキャラクターの動作、モンスターのデザインやサウンドなど、さまざまな点が
「モンスターハンター」シリーズに酷似しているという指摘のある「BLADE HUNTER」ですが、
カプコンに対して問い合わせてみたところ、「ライセンスを許諾している商品ではなく、弊社とは
全く関係の無いゲームです」という回答でした。

以前日本経済新聞社の報道で、カプコンが2009年に中国のオンラインゲーム市場に参入するに
あたって、「モンスターハンターフロンティアオンライン(MHF)」を現地仕様に改良した上で、
ライセンスを中国企業に提供するとされていましたが、「BLADE HUNTER」はあくまで
「モンスターハンター」シリーズとは無関係の内容が酷似したゲームであるということのようです。


**********************************************

いや〜、動画があったので見てみましたけど本気ですかコレは。
どこかで見たことあるってLVじゃねーぞw
ドドブラもどきからダイミョウザザミもどきまで何でもありですか中国は。
っていうかゲーム名にHUNTERって入れてる時点で隠す気サラサラないんでしょうね。
モーションとか武器種、モンスターなら「たまたま似た」で逃げ切れるかもしれませんが、
キャラクターの声まで丸パクリとか、さすがだと思います。
しかし動きも何もチープすぎるだろ……これなら日本の専門学生に作らせた方が上行くぞ……。

 http://news.livedoor.com/article/detail/4069416/
以下全文

・ある人物がヤフオクに、PSPのコピーしたゲームソフトを数本出品し、大荒れとなっている。この人物はPSPと一緒にゲームソフトがコピーされているメモリースティック16ギガバイトを出品し、「すぐに遊べる最新ソフトが8本:全部そろえたら時間・もしくはお金がもったいないです」とコメントしている。

 この『CFW導入済みPSP(ローズピンク):おまけ付き』というタイトルの出品について、多くの人たちが違法であることに気がついたためか、『ヤフオク』の運営サイドに通報。それに対しこの人物は「一気に違反申告の数が増えてきた為(意味がわかりませんが・・・)早期終了する可能性も視野に入れております」と、出品ページに追記している。どうやら、メモリースティックにゲームをコピーして出品することに対し、違法性がないと思っているようだ。

 どこのメーカーもソフトからデータを吸い出してコピーすることを禁じており、法的にも自分が所持していない(購入していない)ゲームソフトのコピーや譲渡は違法行為となっている。ましてや、コピーしたゲームソフトを出品(販売)することは、明らかに違法行為ということになる。

 この件に関して商品ページの質問欄には多くの違法通告が届いているようで、「通りすがりの者ですが、メモステにゲームデータ入れて販売するのは違法ですよ。最悪、逮捕されます。ご注意下さい」という忠告まで届いているものの、この人物は「なぜ!?逮捕!?何かいろいろお考えのようですねペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコご忠告紳士に受け止めます」と返答し、なぜ違法なのかわかっていないようす。

 また、「ゲームデータがメモリースティックに入っての商品という事ですが、当然データだけでなくソフトも付きますよね?」という質問には「正規品ソフトかどうかはここでは言えませんが、ソフト(UMD)は付属しません」と返答していることから、確実に違法出品であることがわかる。

 この商品は、すでに誰かに落札されてしまった(3月 19日 15時 45分)。取引してしまったが最後、法に触れることになる。


**********************************************

問題のオークションページ→http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m60962450
上が削除された場合はこちら→http://s01.megalodon.jp/2009-0319-1500-03/page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m60962450

商品説明本文

中古品になりますが基本的にあまり使用する機会が無かった為、出品という選択をいたしました。

写真にありますように付属品は全てついております。
液晶画面も保護シールで保護していた為、傷etcは皆
無です。

本体も保護フィルム!?ケースに入れてゲームをしていたので問題ありません。
ナルト風のPSPカバーもお付けします。

PSP自体は15GBまでが最大容量なのですが私のは16GBのメモリースティックを使っています。
本体よりメモリーカードの方が値を張りましたエッ? (;゜゜)ノ マジ?

ゲーム自体の容量が大きい為、念には念を入れて購入し全てのデーターがそこに入っております。
(いくつかソフトも入っております)
手元についてからすぐ遊べる仕様になっています。

特には問題は無いとは思いますがNC/NRでよろしくお願いしますペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ


(2009年 3月 19日 11時 09分 追加)
※すぐに遊べる最新ソフトが8本:全部そろえたら時間・もしくはお金がもったいないです。
半額以下の設定にしておりますのでぜひ即決でお願いいたしますペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

(2009年 3月 19日 12時 08分 追加)
※―追加―
メモリースティックはソニー製の16GBです。
一気に違反申告の数が増えてきた為(意味がわかりませんが・・・)早期終了する可能性も視野に入れております。
その際は申し訳ありませんがよろしくお願いしますペコリ(o_ _)o))

(2009年 3月 19日 14時 45分 追加)
※申し訳ありませんが今日1日で早期終了にしたいと思います。よろしくお願いします。

出品者への質問

Q質問8
 ゲームデータがメモリースティックに入っての商品という事ですが、当然データだけでなくソフトも付きますよね?でなければ「海賊版など、第三者の著作権を侵害するもの」に該当すると思われます。商品説明に明記されていませんでしたので、記載するようお願いします。あと、ソフトのタイトルや保存状態も確認したいので写真を載せていただけると助かります。

A 回答
 はい、次回から気をつけますペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ→ 説明記載とおりにメモリースティックに全て入っております。正規品ソフトかどうかはここでは言えませんが、ソフト(UMD)は付属しません。なので貴殿が示しているものにはあたらないと考えられます。どういう意図で「海賊版など、第三者の著作権を侵害するもの」と判断されているのかが私にはわかりません。

Q質問9
 通りすがりの者ですが、メモステにゲームデータ入れて販売するのは違法ですよ。
最悪、逮捕されます。ご注意下さい。なお、この質問に回答は必要ありません。

A 回答
 なぜ!?逮捕!?何かいろいろお考えのようですねペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコご忠告紳士に受け止めます。

Q質問10
 では、ゲームデータのタイトルだけでも教えてもらえないでしょうか?

A 回答
 それは落札してからのお楽しみにしてくださいペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

**********************************************

こういう出品をスルーするヤフオクがどうとかよりも、出品する人が全ての問題です。
というか今回の場合は、これが違法だと認識していなかった出品者に責任と問題があります。
こういうものが違法だと周知させていない側にも問題があるのかもしれませんが、それとこれとは別です。
周りの親切な方々が違法通告していても、気にも留めずに落札させた出品者。
コピーゲームであること、ソフトは付かないことを名言していることから本当に知らないのだと思います。
少し前にある漫画をjpgファイルにして出品した阿呆がいましたがアレと同じ類なのでしょう。
知らなかったは理由にならず、やってしまえば犯罪は犯罪。
騙された謀られた言う前に知らなかった自分の知識の浅はかさを嘆くべきでしょう。
もしメモリースティックDuoに入っているのが正規ゲームデータなら吸い出したり、
その吸い出したデータが使えるPSPを持っている時点で分かりそうなものですが……。
実際に取引が行われると、グレーどころか完全に法に触れます。

オークションで「CFW」と検索すると、あれよあれよとヒットします。
日本の法律ではPSPへのCFW導入は違法にはなりません。
(システム改変ではなく、システムそのものを丸ごと変更している為著作権違法に当たらないらしい)
これはSONYとのPSP利用規約違反になりますから、SONYからのサポートが受けられなくなるだけです。
ただし、この状態で動くゲームデータだけを持っていると違法となります。
吸い出したゲームデータと一緒に、吸出し元のマスターデータ、つまりUMDも一緒になければいけないのです。
また、たしかコピーデータ等は著作権法で人に譲渡、売却、貸与してはいけなかったはずです。
(うろ覚えですのでまた調べておきます)
今回はここに引っかかってくるのでしょう。

マジコンなど、この数年でいきなり騒がれ始めたものですから対応が難しいというのもあるかもしれません。
ですが、いつきちんとした規律が定められ、どう罰せられるかが決まるかわかりません。
己の身は己で守る。
いつ崩れるかも分からない危ない橋をソロソロとでも渡るのは愚の骨頂です。
与えられたものを与えられた範囲で楽しむ。
とても簡単なことだと思うのですが、それが出来ないユーザーが多すぎるように思います。

私ががっついたニュースなんですけどねw

http://www.famitsu.com/game/news/1222673_1124.html
以下記事全文

 2004年にプレイステーション2向けソフトとして発売されて以来、プレイステーション・ポータブル、オンラインゲームへも展開されて、数々のハンターたちを虜にしてきた『モンスターハンター』シリーズ。2009年3月11日、カプコンがシリーズ5周年を記念したパーティ“モンスターハンター 5周年アニバーサリーパーティー”を開催、ファミ通.comではその模様を逐次リポートしていく。



 4月23日発売予定のWii用ソフト『モンスターハンターG』のオンラインプレイ料金が発表になった。オンラインで遊ぶには“ハンティングチケット”を購入する必要があり、料金はWiiポイントで支払うことになる。30日800Wiiポイント、60日1500Wiiポイント、90日2000Wiiポイントの3コースで、14 日間無料お試しキャンペーンも行われる。


**********************************************

30日:800円

60日:1500円

90日:2000円


まぁ、無難といえば無難なところでしょう。

PS2時代のMH2が月々900円でしたから、それに比べれば若干安い。

PCのMHFが月々1400円+エキストラコース加入なら600円+αですので、これは比べちゃいけませんね。

なんにしてもWii初の課金ゲーム。

独自サーバーを設置した為にこういう課金が必要になるそうですが…。

個人的にはMH3に向けてのユーザーを使ってのテストであろうと思います。

サーバー負担率や集金率などを割り出してMH3に生かすのでは無いでしょうか。

とりあえず私はプレイ予定ですが、オンラインは今のところは未定ですヽ( ´ー`)ノ

MHGは懐かしいなぁ程度にプレイして、主力はMHFに力を入れる予定。

しかし、月に800円なら社会人なら大した出費にはなりませんが子供にはどうなのでしょう( ̄~ ̄;)

まぁ1000円分のWiiポイントならDSiショップとかでも使うし、親御さんは買ってあげたりするのかな?

どんなプレイヤーが、どれほど集まるのかが見物でもあり楽しみでもありますね('-'*)

※転載可能です。転載しても良いよっていう人がいたらご自由に持って行ってください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000571-san-soci
以下記事全文

 平成16年の発売以来、国内での累計販売台数が2500万台以上、全世界では8000万台以上に上る「ニンテンドーDS」。爆発的人気の陰で、違法コピーやプロテクト(防御)外しによる不正利用が横行、被害総額は全世界で3000億円を超すとの試算もある。ゲームメーカーは対策に力を注ぐが、根本的な解決策はなく、著作権団体は「産業の衰退につながる」として法整備を求めている。

  ・「ドラゴンクエスト」も違法コピー心配? 発売延期

 著作権法では、私的使用の複製は例外的に認められており、データのバックアップ機能の側面を持つ「マジコン」自体の違法性は問いにくい。このため、インターネット上では「スーパーマリオ」や「ポケモン」といった人気ソフトがだれでも簡単に無料でダウンロードできる状況にあり、不正利用が後を絶たない。

 任天堂によると、マジコンの利用者は国内だけで少なくとも数十万人規模に上り、ユーザーの多くは海外のサイトやファイル交換ソフト「ウィニー」などを通じて違法ソフトを入手しているとみられる。

 コンピュータソフトウエア著作権協会が昨年8月に実施した調査によると、ウィニーを通じ流出したDSソフトの本数は185万7988本。全タイトルが常時ダウンロード可能な状態で、中には発売前のソフトも含まれていたという。

 流出したソフトの被害額を国内販売分の平均単価3200円で換算すると、59億4556万円相当になり、これは一昨年の国内出荷額の4・5%に当たる。

 またDS発売以降、中国など海外の7サイトで違法ソフトがダウンロードされた件数は一昨年12月現在で約1億1200万件に達し、被害額は3000億円以上になると試算した。

 こうした現状にゲームメーカーもソフトにプロテクトをかけるなどして対処しているが、マジコンのバージョンアップやプロテクト外しが横行し、現時点で有効な対策は取れていない。

 昨年7月に発売された人気ソフト「ドラゴンクエストV」では、違法コピーの利用者がゲームを進められないトラップが仕掛けられ、マジコンユーザーの間で話題を呼んだが、そのプロテクトも発売開始から6時間で破られたという。


**********************************************

「チートとかされないプログラム作れよ低脳wそれすら出来ねぇで何言ってやがるwww」
とかいうアホが湧きかねないので先に言っておきますが
現段階では書き換えが出来ないプログラムを作ることは不可能です。
ダミーや防御壁を置いて守ることはできますが、完全にいじられないプログラムというのは作れないんです。
対策してもそれを突破してしまう・・・そういう奴らがいるからこういうことになるんです。
3000億円ですよ!3000億円!
っていうか出すぎだろ被害。

「そういうツールがあるよ?何が問題なの?」
こういうお子様の為に説明しますと、ゲームデータを改造することは著作権違法です。
また、ソフトからのデータの吸出しはバックアップとしての使用は罪ではありません
人に配ったりするとアウトです。
ようするに犯罪です。

拳銃で人を殺しました→殺人罪 ってのはお子様でも分かるかと思います。
人を殺してはいけませんってのは、それはもう当然のように教育を受けるはずです。
でも、人を殺してはいけないというルールを知らない子供がいたら
「何がいけないの?別に人を殺せる道具なんだから良いじゃん」なんてなるかもしれません。
犯罪だと分からずに使用している人達は、自分がどれほど危ない状況か考えてみてください。

で、こういう話をしてると湧いて出てくるのが
「ボクには関係ないね。実際捕まってないし周りもやってるし」
とかいう我関せずな方々ですね。
中には「取締りを強化しないのがいけない」とか何とか言う人もいます。
アホかwどう考えてもやったほうが悪いだろww
関係ありますし、犯罪です。
警察に行って「僕はソフトをダウンロードしてマジコンでプレイしています」と語ってみてください。
詳しく話を聞いてもらえることでしょう。

実際に逮捕者が出るなりしないとダメかもしれませんね。
DSは子供も多く持ってますから、犯罪だと知らずに当たり前のようにデータ交換してるかもしれません。
そのまま大人になったらどんな社会になるのか、考えただけでゾッとします。

なんでゲームをお金出して買わなくちゃいけないか考えたことがありますか?
ゲームがたくさん売れてお金がたくさん入れば、その分次回作や新作への製作予算に回すことが出来ます。
ですが、望んでいないユーザーのせいでゲームが売れなければ、予算はどんどん少なくなります。
結果予算内に合わせた質の悪いゲームが完成することになります。
何でもかんでも無料で手に入れていると、どんどんゲームの質が落ちていくかもしれません。

ゲームの売り上げは小売店の収入でもあり、卸の収入でもあり、各種メーカーの収入でもありますが
一番大切なのはゲームを販売してくれている全ての人へのお給料にもなることです。
企画した人、プログラムや音楽や映像を作った人、デバッグした人、販促を行った人などなど。
ソフトを買うときに、その人たちのことを少し考えてみてください。
スタッフロールが流れた時に、どんな人が作ったのかちょっと目を通してあげてください。
たくさんの人がいるはずです。
たくさんの思いが詰まったソフトです。
決して安易な気持ちで作ったわけでは無いのです。

犯罪だとかそれより先に、自分の行為が人の心を踏みにじっていることに気が付いてください。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事