全体表示

[ リスト ]

大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』(07)、『トランスフォーマー リベンジ』(09)に出演したミーガン・フォックスが、6月29日から全米公開されるシリーズ第3弾『トランスフォーマー3 ダーク・オブ・ザ・ムーン』から降板した際にはひと悶着あったと言われているが、降板劇の裏側には映画界の重鎮スティーブン・スピルバーグ監督の存在があったようだ。


イメージ 1


誰もが、ミーガンがシリーズ第3弾に続投すると思っていたため、製作開始直前になってミーガンが同作に出演しないことが発覚した際、「ミーガンが、Wonderland誌のインタビューで、同作のマイケル・ベイ監督を独裁者のヒトラーに例えた発言をしたことに腹を立て、そのリベンジとしてベイ監督がミーガンを降板させた」とメディアが報じたのが昨年5月のこと。

イメージ 2



ミーガンは、広報を通じて自らの意思で降板したことを強調。
かねてから「演技力が必要のない大作より、演技力を重視される作品で女優としての実力をアピールしたい」と語っていただけに、こちらも納得できる見解だった。

イメージ 3



しかし、ベイ監督が新作のプレス用のインタビューで明らかにしたところによると、「ミーガンのヒトラー発言を覚えていらっしゃると思いますが、あの発言の直後に、総製作指揮を務めるスティーブン・スピルバーグ監督から、『すぐ彼女をクビにするように』と指示があった」のだそうで、黒幕はあのスピルバーグ監督だった、とデイリー・メイル紙などが報じている。

スピルバーグがユダヤ人であるのは、知る人ぞ知る事実。
ベイ監督をナチスドイツの独裁者に例えたことは、最悪な結果となった。

イメージ 4



ミーガンは、その後『ジェニファーズ・ボディ』(09)やDCコミックの映画版『ジョナ・ヘックス』(10)、『Passion Play 』(10)などに出演しているが、演技力の評価はボロボロなうえ、興行成績も惨たんたるもの。

イメージ 5


昨年6月にブライアン・オースティン・グリーンと結婚したため、仕事を控えていた可能性もあるが、今後の出演作もあまり決まっていない状態だ。

イメージ 6


さらにミーガンは、ベイ監督について「身体と引き換えに役を与える監督」呼ばわりしたため、引いてしまった監督たちも多いだろうが、役者の演技力を認められることが難しいCG満載の大ヒット作を数多く創出している映画界の重鎮スピルバーグ監督ににらまれてしまったミーガンは、よほどの実力をつけない限り、もはや映画界で生き抜いていくのは難しい立場に立たされているらしい・・・。

イメージ 7

この記事に

閉じる コメント(1)

へぇ〜!!そんな事が…

勉強になります。

2011/6/29(水) 午前 8:32 ちゃーはん♪ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事