平成28年7月11日

今年の8月24日で親父の33回忌…55歳で亡くなった親父。
当時23歳だった自分が55歳になって…今年、親父を越すことになる。

親父がよく自分が小さい時に言われていたことがある。
夜道の電灯も信号も平和な日本になっているのは、みんなの税金のお陰なんだ。日本という国を良くしようと汗水流して働くことなんだよ。
こうも言っていた、
世界一安全な国は日本なんだと
お前も大きくなったら、世界を見てみるがいい。人様が落とした財布を警察に届ける国は日本しかないんだよ。

最近、自分が大人になって
NPOで日本の救急車をカンボジアに運んだり、今はフィリピンやタイ、ベトナムに仕事で行くようになって、親父の言うことがわかるようになってきた。

自分は、脳性小児麻痺という病名でこの世に生まれて、かかとがつかずに、つま先で歩いて学校に通った。
そんな時、日本という国は、税金で僕の足を治してくれた。
虐待やつらいこともけっこうあったような気がするけど…
日本に生まれて良かった。

今はまだ恩返しは出来ないけど、いつか日本に恩返しをして死ねる自分になりたい。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事