素人怪獣造形仕事 KEI-TASTE MODELING

大好きなゴジラやウルトラ怪獣、ガメラを自分流造形しているサラリーマンのブログ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

早いもので怒涛の大阪遠征から2週間が経過しようとしています(笑)。

先日公式サイトで「第1回ゴジラ検定」の解答が発表されましたので、まずは持ち帰った自身の回答記入済の問題用紙で自己採点してみました。
出題は共に100問で初級編は概ね65%以上、中級編は概ね70%以上で合格との事でした。


まずは初級編・・・自己採点は97点でした!!

前回の記事でも書きましたが初級編とは言え、ゴジラファン歴30年以上の当方にとっても中々の難易度でした。

Q14・「シン・ゴジラ」に登場する「ゴジラ第4形態」の片手の指の本数は次のうちどれか?
①2本 ②3本 ③4本 ④5本 

正解は③。
当方も一発目の回答で③4本を選択したものの、自身が「シン・ゴジラ」公開時にポスターを見て造形した時の5本指を思い出して④5本に修正しましたが逆に不正解でしたね(笑)。
どうやら未発達の5本目は公式に指としてカウントされていない様です。
しかしこれは公式テキストに記載されていなかった様に思いますので、細かい部分の解釈違いが悔やまれます。

Q21・「シン・ゴジラ」において文部科学省研究振興局基礎研究振興課長・安田龍彦を演じた俳優は次のうち誰か?
①吉田ウーロン太 ②高橋一生 ③野間口徹 ④津田寛治
正解は②。
出ました当方の苦手な人物問題(笑)。それも肩書きが非常に長く、しかも多く混在する「シン・ゴジラ」よりの出題で、もうパニックに。
印象深くパンチの効いた①を選択してしまい不正解・・・。これは普通に考えれば簡単でしたかねえ(笑)。

Q82・「ゴジラVSキングギドラ」に登場する、愛らしい見た目だが、実は合体して「キングギドラ」に変貌する3匹の小動物の名前は、次のうちどれか?
①ドラット ②トラッド ③ドラッド ④トラット
正解は①。
これもファンなら認識は勿論しているで有ろう登場怪獣の固有名詞ですが、何だか微妙な濁点問題。
ここで当方は劇中でのチャック・ウィルソンのセリフを思い出してしまい・・・、
台本のセリフ 「君の連れて行ったドラット3匹は・・・」
当方の聞こえ 「ぎみのづれでいっだドラッド3びぎは・・・」
はいっ、不正解(笑)!!
そう言えばチャック・ウィルソン、ホールインワン賞では無くいつもニアピン賞でしたもんねえ(笑)。


そして中級編・・・自己採点は95点!!

更に難易度が上がった中級では、もうここらで上等なんじゃ無いでしょうか?

Q41・次のうち、「ゴジラ対ヘドラ」に登場する敵怪獣「ヘドラ」を演じたスーツアクターが、他の作品で演じたことのある怪獣はどれか?
①ゴジラ ②ジェットジャガー ③チタノザウルス ④エビラ
正解は①。
平成VSシリーズで「ゴジラ」を演じたスーツアクター、薩摩剣八郎のデビュー作を「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」と誤認した当方。ヤマカンで③を選んじゃいました(笑)。

Q56・「ゴジラ対メガロ」の音楽を担当した人物は、次のうち誰か?
①伊福部昭 ②佐藤勝 ③宮内國朗 ④眞鍋理一郎
正解は④。
Q57・「ゴジラ対メカゴジラ」の音楽を担当した人物は、次のうち誰か?
①佐藤勝 ②伊福部昭 ③すぎやまこういち ④小六禮次郎
正解は①。
このイヤらしい(←最上級の褒め言葉ですよ)連続出題に、「東宝チャンピオン祭り」に弱い当方は完全にグロッキー状態です(笑)。
何故か両方②を選択して連続ドボンでした。

・・・さて如何でしょうか?
「ゴジラ」が好きな方、また検定を受けていない方も、この難しい「第1回ゴジラ検定」の雰囲気が少しでも伝わりましたでしょうか?
試験はマークシート方式でしたのでとんでもないミスも懸念されますが、順調に行けば両方合格している様で、取り敢えず一安心しています。

怪獣造形を一ヵ月間中断しての猛勉強でしたが、これで晴れて製作に戻れますね(笑)!!







イメージ 1

ここからはようやく造形のブログ更新です(笑)。

前回はもう一ヵ月以上も前の事ですが、本体部分が完成していたKEI-TASTE MODELING最新作・「ファイナルゴジラ」こと「ゴジラ2004」です。

製作再開は尻尾の製作からとなります。
足の裏を調整し、尻尾無しで自立出来る状態にまで進めていました。







イメージ 2


イメージ 3

尻尾製作の前に、本体尻尾付け根を電熱式発泡スチロールカッターで切断し、フラットに調整しておきました。

ここはいきなり本題に入らず製作スペースやデスク周りの整理をしたり、製作に向けての下準備をする事で、長らく中断していた製作へのモチベーションを徐々に上げて行きます。







イメージ 4

今回も尻尾の発泡スチロール芯には100円ショップで購入した工作用の発泡スチロール材を使用しました。

毎回書いていますがこちらは一般に入手し易く安価な発泡スチロール材としては非常に硬く、強度が必要な部分には最適なものです。
長く細い尻尾の「ファイナルゴジラ」用にと、普段は発泡スチロール芯にお金を掛けない当方も、今回は324円の大奮発です(笑)。







イメージ 5

まずは大まかに当てがって長さや向きを割り出し、切断しながら竹串で仮止めして行きました。

今回の「ファイナルゴジラ」は劇中のエリアGで復活し、天に向かって大きく咆哮するポージングの為、垂直に振り上げた尻尾としました。







イメージ 6


イメージ 7

仮止めした尻尾の発泡スチロール芯を一旦本体から外し、接着・固定・補強を行いました。

接着剤が硬化するまでの間、尻尾の流れを描き込んでおきます。
急激に振り上げる尻尾の形状ながらもしなやかに、更に滑らかにを意識しておきます。







イメージ 8

まずは描き込んだマーカーのラインに沿って切り抜きを行いました。

歪な形状が一気にそれらしく見えて来ますね〜(笑)。
こう言った小さな事に製作の楽しみを感じられると言うのは良いですね。







イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11

今度はもう一方にマーキングして更に切り込みを進めました。

この段階で発泡スチロール芯は狙い通り、かなりの細さになって来ました。
本体に再び当てがってバランスを調整しつつ、根元に長さが足りないと感じて少し尻尾の根元側を延長しています。

うん、良い感じになって来ました!!







イメージ 12

尻尾の先端には石粉粘土の盛り付け段階で負荷が掛かって発泡スチロール芯が割れてしまう為、竹製の爪楊枝を差し込んで接着しました。

極細の尻尾先端部分に更なる骨材を入れる事で、「ファイナルゴジラ」の細長い尻尾の製作が可能になって来ます。
逆に昭和の「ゴジラ」はこれを行わず、尻尾の先端は有る程度丸みを帯びた造形が力強さを感じたりしますよね。







イメージ 13

尻尾の発泡スチロール芯にいよいよ石粉粘土を盛り付けて行きます。

まずは下地の石粉粘土を盛り、形状を整えながら発泡スチロールが完全に隠れる様に覆って行きます。
画像は一枚のみですが粘土を盛った部分を持っての作業が出来ない為、乾燥時間を繰り返して下地の調整を進めて行きました。








イメージ 14

下地の石粉粘土が乾燥した尻尾に関節を描き込みました。

「ファイナルゴジラ」の尻尾関節は資料で見ると30節程に見えましたが、バランスを取りながら進めると1関節が大きくなり過ぎてしまう為、実際には31〜32節で製作を進めて行きたいと思います。

この描き込んだ尻尾関節を基準に、いよいよ尻尾の表皮モールドを造形して行きます!!







イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20

一つの画像がその日の進行状況で、6日間程掛けて尻尾の造形が完成しました。

いや〜毎度の事ながら「ゴジラ」の尻尾製作は、根気の要る事要る事・・・(笑)。
特に初日から2日目は持ったままの作業に加えて、乾燥時も尻尾の先端を固定しての保持で非常に気を遣います。
・・・折れそうなんですよね、尻尾も心も(笑)。

乾燥には衣類乾燥機も併用し、就寝時は除湿機を稼働させています。
少ない作業時間に前日施工部がしっかりと乾燥している状態を狙います。








イメージ 21

完成乾燥した尻尾は簡単な中心出しを行い、本体に接着接合します。

丁度「ラムちゃん」が覗き込む様に見守ってくれていますね(笑)。








イメージ 22

接合部分にはいつもの様に補強を入れての接着となります。

補強骨材は10㎜の丸棒を15cmにカットし、両端を鉛筆の様に尖らせて有ります。中心出しを行った所に接着剤を塗布して差し込み、尻尾を本体に接続して行きます。







イメージ 23


イメージ 24

尻尾を本体部分に接続しました。

この部分は発泡スチロール芯同士の接着ですので、この段階で更に形状の修正を重ねています。
画像の二枚目の様にくぼみに肉付けを行い、スムーズな流れを重視。下地の石粉粘土やモールドの石粉粘土が極端な厚盛りに為らない様に注意します。







イメージ 25

接続部分が見えない角度から・・・。

さてさて、如何でしょうか?
「第1回ゴジラ検定」による製作中断からの復帰戦でしたが、作業は順調に進んでいます。「ファイナルゴジラ」らしさが感じられる様になって来たと思います。

次回は尻尾接続部分の造形から、いよいよ造形製作の最終段階で有る背ビレの造形に着手したいと思っています。

また応援を宜しくお願いします!!




ブログランキング 模型
↑ブログ村のランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします!!


↑Facebookのページです。良かったら「いいね!」をお願いします!!




KEI-TASTE MODELING @godzilla_ibs 
↑Twitterやっています!!



godzilla_ibs
↑インスタグラムやってます!!

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事