CLブログ・ごえママ日記

ごえHP共々よろしくお願いします。 http://www.rei2.net/goe/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今日は、ごえもん&バズの誕生日♪
同じ誕生日仲間のライアンは11歳、クロスは10歳
ごえが生きていたら9歳!! そしてバズは5歳になりました♪
改めて、月日の流れを感じています。
みんなまとめて、はぴばすでぃ!!

お誕生日という事もあり
NCL関連の現況について、鹿児島大学の大和先生にお聞きしたところ
その後新たな発症例はなく、現在は国内のNCLに関する研究について
英語論文と日本語の総説を準備中との事です。

新たな発症例はないとの事でしたが(これまでの発症犬は20頭)
大和先生の予測では、残念ながらまだ出てくる可能性が十分にあると思われるそうです。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでの記事でのお知らせと重複しますが
ごえママデータを再度お知らせします。
2008年11月25日現在と同じデータです。

◎NCL確定診断(全20頭)
 ※死亡確認・19頭  不明・1頭

 これまで19頭のカウントでしたが
 2003年に亡くなった犬がいた事がわかりましたので
 20頭に修正致します。
 

・死後脳の病理組織学検査   6頭(日大1・北大5)

 ※これまでは、「脳生検」という言葉を使っていましたが
  「脳の病理組織学検査」が正しい表現である事を教えて頂きましたので
   今後は、このように表記していきます。

・生前DNAテスト   12頭(国内11 北大・鹿児島大)
               (海外 1)

 ※国内でNCLを疑われる状況になると

  ・開業医→某大学→鹿児島大学(DNAテスト)
  ・開業医 → 鹿児島大学(DNAテスト) 

  というようなルートで(JBCHNのNCL検査機関も鹿児島大学)
  「動物のライソゾーム蓄積病」に関して国内での第一人者である鹿児島大学の大和先生に
  問い合わせ及び、DNAテスト判定依頼が来るため(NCLも蓄積病のひとつです。)
  国内の発症犬の状況は、把握出来る状態にあります。
  
  ただし、海外でのDNAテストで発症と判定された場合
  自己申告をして頂けない限りは、発症の事実がわからないままになってしまいます。
  という事で、上記発症犬の合計数は ごえママデータ ですので
  上記以外の発症犬がいる可能性もあります。。
  
 
・脳の病理組織学検査、DNAテスト以外 2頭

 ※死亡が確認されている19頭の内の2頭は
  脳の病理組織学検査及び、DNAテストを受けておりませんが
  1頭は、ごえもんの同胎犬ホープ
  もう1頭は、両親共にアルサシアン犬舎のキャリアの子どもで
  血統と症状から、発症と診断されています。

◎CL発症犬の国内分布(全20頭)
(都道府県別)
  山形  1頭
  兵庫  1頭
  大阪  2頭
  愛知  1頭
  神奈川 1頭
  新潟  1頭
  埼玉  2頭
  東京  1頭
  千葉  2頭
  長野  1頭
  茨城  1頭
  山梨  1頭
  不明  1頭(関東地方に居住1)
  未公表 4頭

(地方別)
東北地方  1頭
関東地方  9頭
中部地方  3頭
近畿地方  3頭
未公表   4頭

 ※上記都道府県名は、発症犬の居住地であり
  出身地ではありません。

◎年度事の死亡数(全19頭)
 ※今年4月以降に発症と判定された犬の生存がわからないため
  上記項目は、全19頭となります。
 
 平成14年(2002年) 2頭 
 平成15年(2003年) 4頭
 平成16年(2004年) 1頭 
 平成17年(2005年) 1頭(アルサシアン出身1)
 平成18年(2006年) 6頭(アルサシアン出身6) 
 不明(17年か18年)  1頭(アルサシアン出身1)        
 平成19年(2007年) 3頭(内、アルサシアン出身1)
 平成20年(2008年) 1頭 

◎平均死亡月齢26、0か月(全19頭)
 ※20年4月以降に発症と診断された犬の生存がわからないため
  上記項目は、全19頭となります。
  
・最短 22か月(1歳10か月・安楽死)
・最長 31か月(2歳7か月・自然死)

・自然死 11頭 平均死亡月齢・26、8か月
・安楽死  8頭 平均死亡月齢・24、4か月       
・不明   1頭

◎毛色(全20頭)
 ブラック&ホワイト  14頭
 ブルー&ホワイト    4頭
 レッド&ホワイト    2頭
 
◎性別(全20頭)
 ♂(オス) 8頭
 ♀(メス)11頭
 不明    1頭

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

閉じる コメント(4)

顔アイコン

バズくん、はっぴぃばーすでぃ!(^o^)/
みんなも、はっぴぃばーすでぃ!!
NCL発症犬が、今後も出る可能性があるとの見解。
つらいものがありますね。
できることなら、もうこれ以上悲しい思いをする家族が現れませんように、ひたすら願うばかりです。

2009/5/1(金) 午後 0:31 きゅん 返信する

顔アイコン

きゅんさん、ご無沙汰しています。
お祝いメッセありがとうです♪(*^_^*)
発症犬についてですが、出る可能性というよりも
出ないわけがないという現状だと思います。
NCLについては、繁殖に関わる全ての人が正しい認識を持ち
正しい繁殖をしない限り、起こり得る可能性が高いと言っても過言ではないと思います。
ブリーダーの言う事を信じて、自分の犬がクリアだと思っていたのに
実際に検査を受けてみたら、キャリアという結果が出てかなりの衝撃を受けたという方を何人か知っています。。
このように、キャリアが知らないうちに蔓延している現実もあります。。

2009/5/2(土) 午前 7:44 goemama2002 返信する

顔アイコン

ご無沙汰しております。
おそくなりましたが^^; お誕生日おめでとうございます。
バズ君も5歳ですか♪早いものですね。
お誕生日は何か美味しいものあたったかな。
これからも毎日、笑顔で過ごせますように(^.^)

>残念ながらまだ出てくる可能性が十分にあると思われるそうです

以前とニュアンスが変わったように感じますが。
慎重な先生がこう仰るには 何かしらの根拠が在るのだと思うのですが。。。ちょっと???です。(・・?
考えていたよりキャリアが多く出てるのか、
しかしJBCHNでのあらたな公開犬には1頭もいませんね。
水面下でどんな状態なのか、情報がないので不安です。。 削除

2009/5/21(木) 午後 6:26 [ グレ母 ] 返信する

顔アイコン

グレ母、こんばんは〜。
大和先生の言葉についてですが
新たな発症犬が出ていないという現実はあるものの
大和先生のこれまでの研究や調査から
そのように思われたという事で、そんなに深い意味はないと思います。
わたしが脳天気なのかもしれないですけど。

2009/5/24(日) 午後 8:59 goemama2002 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事