CLブログ・ごえママ日記

ごえHP共々よろしくお願いします。 http://www.rei2.net/goe/

全体表示

[ リスト ]

昨日のテレビ番組で

ご無沙汰しています。
このブログは、CLブログと名づけており
NCLに関する事をまとめたものです。
そのため、NCLに直接関係ない事は極力控えていたのですが
わたしが見聞したり収集した情報については、すでに報告済みなので
昨日見たテレビの事・わたしの心の内を少し述べたいと思います。
NCLの情報ではありません。


昨晩のテレビ。。
寝たきりになり死期が近づいているシェパードと
たぶん、人間に虐待されたと予想されるキャバリアと
24時間体制でシェパードの看護を続け、保護したキャバリアの里親になった家族
そして、動物の考えている言葉がわかる女性。。

シェパードはとてもプライドが高いそうです。
自分が寝たきりになってしまって、家族を守れない事が辛い
保護されたキャバリアを捨てないで欲しい というメッセージがあったものの
心の奥の叫びは「本当はまだ死にたくない。もっと生きて家族と一緒に居たい!」
というものでした。

わたしは、そのわんちゃんとごえもんが重なってしまい
かなりの衝撃を受けました。

以前、同じくNCLで亡くなったブルー君の心の内を聞いた事があります。
テレビ出演した方ではないですが、同じく動物の心を感じる事が出来る人の言葉でした。
ブルー君が、自分の運命をしっかり受け止めて
家族が自分の死を受け入れる事が出来るまで頑張るというメッセージであり
他にも、似た様な文献を読んだ事があり
ごえもんはどうだったのだろうと思いながらも
あまり深く考えずに、漠然と「運命を受け入れる」という方向に思って
自然に日々を重ねて来た反面、HPの運営や発症犬サイドのサポートなど自分の活動で
夢中で過ごして来たのかもしれません。

それだけに、昨日の「本当はまだ死にたくない。家族と一緒にいたい」というメッセージが
あまりに辛すぎて、心が痛みました。

ごえもんはどう思っていたのか
ごえもんも、まだ死にたくないと思っていたのではないのか
もっと生きたいと思っていたのではないのか。。
ごえもんの気持ち、本当は何もわかってあげられなかったのではないかと
ただただ心が痛みました。

今と違って、当時は何の情報もなく
何もわからないでいた事もあり、自分では必死で頑張ったつもりでも
実際には、ごえもんに十分な事をしてあげられたのかどうかさえ
よくわかりません。
何しろ、この夏越せるのだろうか。。?と思ったその日の夕方に亡くなったのですから
心の準備も何もありませんでした。

今日は、先月亡くなった伯母の四十九日忌の法要に出席して
読経を聞きながら、母亡き後・母親代わりの存在で大好きだった伯母の事
昨日のテレビの事、ごえもんの事をずっと考え
自分と対峙しながら、同時にごえちゃんごめんねと心の中でつぶやいていました。
近々時間を作り、ごえもんのお墓参りに行きたいと思います。

そして、昨日のテレビで見た寝たきりのシェパードのわんちゃんが
キャバリアのわんちゃんを含む家族と一緒に
充実して幸せな時間を少しでも長く過ごせる事を心から祈っています。

閉じる コメント(8)

こんばんは。お久しぶりです。
人の気持ちも、動物の気持も…推し量ることまでしかできないのが、時々すごく悔しくなります…。
言葉のない動物に対しては、(私をふくめ)大多数の人は直接声を聞くこともできないですから、推し量りにも自分のフィルターがかなり掛かっているんだろうなって…。
今、学外の動物病院さんにお願いして実習をさせていただいていまが、やっぱり授業で習うものとはちがう、現場のあれこれを見せてもらえるのはとても勉強になります。

シェパードさんの声…本当に、心に響くものがあります…。

2009/5/24(日) 午後 10:26 [ - ] 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。今実習なさっているのですね。
授業で習ったものがそのまんま現場でとはならないのですね。
たくさん経験してくださいね!!(*^_^*)
昨日の衝撃は忘れてはいけない事だと思います。
つい、ブログ更新してしまいました。

2009/5/24(日) 午後 11:10 goemama2002 返信する

顔アイコン

ごえもん君。。。きっと感謝の気持ちいっぱいだったと思いますよ。
飼い主さんはみんなそう。。。
もっと何かしてあげられたのではないか。。。って思いますが、そう思ってもらえる子は幸せなんだと思いますよ。

2009/5/25(月) 午前 9:40 ちぇるしー 返信する

顔アイコン

その番組、見ました。シェパードの気持ちが伝えられたとき、やはり涙が止まりませんでした。
代弁していた女性の目からもポロポロこぼれ落ちる涙・・・。胸に迫るものがありました。
ごえもん君の気持ちがどうだったか・・・実際のところは判らないかもしれない。けれど、彼のためにどれだけ家族が頑張ったか・・・死後もどれだけ病気のことで行動を起こしたか。
全てを彼は知っていると思います。だから、たとえ前述のシェパードのように思っていたとしても、ごえもん君は感謝して、納得して逝ったのだと思います。

2009/5/25(月) 午後 0:49 きゅん 返信する

顔アイコン

お返事遅れてスミマセン。ちぇるしーさん、お久しぶりです♪
ごえもんがお星様になって何年経っても、ごえもんが亡くなった悲しみや心の傷みが懐かしさに変わる年月になっても、ごえもんに対する不憫さは全く変わらないです。
あまりに不憫で可愛そうで可愛そうでたまらないという気持ちが、瞬時で蘇ります。
が!?
ごえちゃんに、わたしたち家族の気持ちは伝わっているはずと信じて
ごえもんの生まれ変わりと勝手に思いこんでいるバズとの生活を大事にしていきます♪

2009/5/27(水) 午前 11:21 goemama2002 返信する

顔アイコン

とても説得力のあるお話、ありがとうです!!
きゅんさん、お久しぶりです♪ お返事遅れてスミマセン。
本当のところはわからないですけど、ごえもんが最期の1日
ずっと家族と一緒に過ごした事については
ごえ本人にとっても、わたしたち家族にとっても良かったなぁと
素直に思います。
きゅんさんのおっしゃる様に、ごえはきっと自分の運命を受け入れたと思いたいです。
今頃きっと、苦笑いをしているかも!?

2009/5/27(水) 午後 3:26 goemama2002 返信する

顔アイコン

ご無沙汰しています。
実は久しぶりに訪問したところ、更新されていました!
お元気でいらっしゃいますか?
私もその番組を見て、同じくショックをうけました。
やはり蓄積病で亡くなったノエル…末期には見ているのも辛いほどの様態でした。
どんなになっても、私はいつまでも一緒にいたいと思っていました。
が、それは、ノエルの辛さを考えたら、私の我が儘ではないかという気もしていました。
ああ、でもノエルも、もっとずっと一緒にいたかったのかな〜と救われたような、しかしそれは叶わなかったのですから、不憫でたまらない気持ち…
いろいろな想いがごちゃまぜになって押し寄せてきました。
今となってはどうしようもできないのですが。 削除

2009/6/2(火) 午後 9:30 [ のえ ] 返信する

顔アイコン

こんばんは♪お久しぶりです。
お陰様で元気にしています!(笑)あの番組はホント衝撃でした。
のえさんのお気持ち、手に取るようにわかります。
わたしも同じ想いですから。。
何年経っても、気持ちは変わらないですよね。
改めて、ノエルちゃんのご冥福をお祈り致します。

2009/6/3(水) 午後 8:36 goemama2002 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事