CLブログ・ごえママ日記

ごえHP共々よろしくお願いします。 http://www.rei2.net/goe/

遺伝性疾患勉強会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

臨時セミナー 番外編

臨時セミナー番外編 「陰睾」

---------------------------------------------------------------

『きんたまいっこ』      by 今本成樹

金玉が一個しかなくて、一個は体内にあるってことです。


せっかくだから論文(要約)なんていうものを ここに載せてみましょうか?
こういう形で我々は情報を収集しています。  

「犬の潜伏睾丸」
Canine cryptorchidism.

Source: JOURNALS ABSTRACT
(Vet Clin North Am Small Anim Pract 21[3]:533-44 1991 May REVIEW ARTICLE 37 Refs)
Author(s): Romagnoli SE; Department of Small Animal Clinical Sciences,
University of Minnesota College of Veterinary Medicine, St. Paul.

犬の潜伏睾丸は
限性の常染色体劣性遺伝により先天性奇形である。
特に小型犬種やインブリードを行なっているなど
特定の犬種では発生率が高い。
仔犬が罹患している場合は、その両親犬はキャリアーである。

片側の潜伏睾丸では生殖能力はあるが
このような欠陥を減少させるためには、
罹患している個体およびその兄弟姉妹を
繁殖プログラムから排除すべきである。

アンドロゲンおよび性腺刺激ホルモンによる治療が試みられたが
結果は不成功であった。
後に精巣の腫瘍や精巣捻転を起こすことが多いため
潜伏睾丸は両側とも摘出手術を行なう事が 選択される治療である。

■犬と猫の潜在睾丸発生率
Vet Rec 152[16]:502-4 2003 Apr 19
Yates D, Hayes G, Heffernan M, Beynon R

54ヵ月間にわたり、3518頭の犬と
3806頭の猫を去勢しました;
犬の240頭と、猫の50頭が、潜在睾丸でした。
血統は、特にジャーマン・シェパード、ボクサー そしてチワワが、
平均以上の発生率でした。

犬では、右側鼠ケイ部潜在睾丸が、最も一般的で
次いで、右側腹部潜在睾丸でした。 罹患した睾丸の位置は、
ボクサーで、最も可変的でした。
猫では、左、または右側鼠ケイ部潜在睾丸が 最もよく 見られました。

■若齢犬から停留睾丸を摘出するかどうかを判断するための判断分析図
Peters MA, van Sluijs FJ.
Vet Rec 2002 Mar 30;150(13):408-11
Decision analysis tree for deciding whether to remove an undescended testis from a young dog.

判断分析図を、1歳齢で潜在睾丸のイヌにおいて、
予防的睾丸摘出を受けた、
もしくは受けなかったイヌに予期されるであろう寿命を 評価するために作成した。
図は、文献からの潜在睾丸に関する危険因子、
手術後の合併症の発生率に対するデータを用いて作成された。
睾丸摘出をせずに予想される寿命は、
睾丸摘出後の予想される寿命と有意差はなかった。

---------------------------------------------------------------

ごえママ記
 今回で、今本先生の遺伝性疾患勉強会を終了します。
 今本先生のような獣医さんがたくさんいればいいのにと思うごえママです♪

 今本先生、本当にありがとうございました。
 改めて、お礼申し上げます。

ところで当ブログも終了の予定でしたが、発症犬データの修正をしたので
次回記事で、お知らせさせて頂きます。
もうしばらくおつき合い頂きたいと思います♪
 

 

臨時セミナー その3

臨時セミナー その3
今本先生のテレビで放送されなかった話 後編

 
繁殖をするということは、命を増やすことです。
犬を繁殖させるには、犬を知る必要があります・・・。

正直私は犬というものを端的に表現する言葉を持ち合わせていません。
それほど大変です。


かつて獣医学雑誌に、現段階でわかっている遺伝病の表を載せました。


壮大なもので、むちゃくちゃこまかい字で、2ページにびっしりと表になりました。
犬を知るということは 繁殖者にとっては、きっと重要なファクターだと思います。
犬種を知って繁殖をやってほしいと考えています。

例えば、ゴールデンを繁殖するとします。
ラブラドールでもいいでしょう。股関節の問題は有名です。
関節疾患は日本の2000年の調査では 40%以上が持ってます。
海外ではせいぜい20%。日本の半分です。

これはどうして?
答えられるブリーダーさんは、勉強していると思います。


どうすればいいの?皆様はそう思われるかもしれません。
ただ、命を増やす方は、これには答える義務があります。
そして、今後犬を購入しようとする方は
この質問を、ブリーダーに投げかける権利があります。
さて、それでは、対策法です。
あまり長く話を書いてもねむくなりますので、シンプルに結論からいきます。  


  遺伝子を排除したらいいのです。


獣医師に何を頼んでも、どうすることもできない遺伝病というのがあります。
最初に書きましたけど、たいていは進行性で止めることは不可能です。

『繁殖の段階からストップを書ける事が必要です。』
これが私はもっとも効果的な遺伝病対策であると考えました。

つぎに、より効果的に遺伝病を撲滅するには? という話です。

これもシンプルに・・・。

『血統書に遺伝病が疑われたら記載するべきです。』  

 その報告は獣医師が行うべきでしょう。  
 そして記載は血統書団体。

もはや多犬種を扱うのは不可能なので、
これはそれぞれの犬種ごとの ケンネルクラブに任せるのがいいでしょう。
コリーならコリークラブといった具合です。
専門家に任せないと、今後は厳しくなるでしょう。

『ブリーダーもプロ意識を持って!』

これは原則です。
命を扱うもののモラルとしては当然です。


お金や生活のために最高級の犬を作り出すというポリシーでも、かまいません。
それの方が、まだプロらしいです。

しかし、本当に好きな人が 好きな犬種の良さを知ってもらうためにやってる繁殖は
素晴らしいものがあります。
ところで、ブリーダーって、クレームは来るの?
と、、、、そう思われた皆様向けの話を書きます。

クレームは来ないそうです。
「紳士同盟みたいなのがあって、  
  オークションで売れたらそれで終わり。 売れたらいいんや。」

そう言われました。
それなら、なにも対策をしない連中がいるのもわかりますね。

あまりズバズバと書くと、私が大阪湾に沈みますので
あとは想像力を働かせてください。

そして何をすべきかを考えてください。

なぜ、年をとった犬が 悪徳なブリーダーのもとにはいないのかも考えてください。
乱繁殖が、何を生み出すのか?

足がない子や目が見えない子が生まれている現実もあります。
2頭に1頭は死ぬと言っているブリーダーもいます。
私は今までにたくさんの子の誕生を見ました。 帝王切開もしました。
20%も死んだら死にすぎでしょう。

帝王切開だってそこまで死にません。
なぜ死ぬのでしょか?

答えはイージーです。  
  犬を飼えないからです。環境が悪いからです。  
 それでも犬は半分は育つからよしとしてるのでしょう・・・・。
それを監視すべきところや注意すべきところはありません。

『私はアニマルポリスの必要性を訴えたいです。』

動物虐待は、犯罪への序曲です。
また、ペットを飼う家では、青少年の非行率が
ペットを飼わない家よりも、有意に低いとされています。

アニマルポリスは モラルの低下したブリーダーを取り締まるだけでなく
世間一般のためにも役立つと考えているからです。

ただ、この部分は インタビューでも三度ほど言いましたけど
全くかけらも登場しませんでした。

最後に、、、結局何が言いたかったの?
それです。

『物事の本質を考えて欲しかったのです。』

じゃぁ、それってなんだ?と言われるかもしれません。

『命を大切にしましょうよ。』

私が言いたいのはその一言です。
それ以上何をするとかいうのではないのです。
獣医をやってるからこうやって発言の場を与えられました。
そして若僧がえらそうに言いたい事を言えました。

しかし、その声は 届かない闇の先にまだまだ眠っていることがあります。


『飼い主さんが頑張って、獣医が立ち上がる。』


そうすることで、より不幸な犬が減少することでしょう。
私も自分の病院で、遺伝病で治らないものであるということを宣告するのは辛いです。
好きでやってる病院で、辛い経験はしたくない。
そこから始まった遺伝病の研究。
まだまだ道は長いですけど、皆様の応援により、もうちょっとやっていけそうです。

意味不明なメールや郵便物も届きます。
非難されることもあります。

ダークサイドに触れると、それは風当たりは強いです。
タブーとされていることに触れているんです。

ただ、タブーって、意味を考えたら
みんなが興味を持って知っているけど、
触れてはいけない、パンドラの箱であると思うんです。
みんなが興味を持ってるんです。
勇気を持って開けてみるパンドラの箱。
その中の悪魔を退治するのは、 皆様の力を借りることになると思います。
なぜ、末端の人たちばかりが苦労しなくてはいけないのか?

闇の向こうで無責任に笑ってるのを放置するのは 許せない事です。
いつの時代でも、弱者が被害者です。

今回の放送でもそうですけど、加害者の人権は守られます。
被害者は??

私は、自分の母親を交通事故で亡くしました。
その際に、相手側からかなりひどい扱いを受けました。
まず死体を前に100万円を出されて
「これでなんとか・・・・。」と言われました。

切れてはいけないと思い、お返ししました。
うちの母親の命は100万円でした。
その後も、警察で死人に口なしということで 嘘ばかり言われました。

ゆるせなくて裁判しました。
目撃者がいて、被害者は証言を覆しました。
それでも相手は、車に乗って走っていました。

近所の人からは、あいつは親が死んでお金が欲しいんだなぁ。。。 と言われました。
報道サイドはいつも被害者の名前は明かします。
加害者には配慮をします。

結局、報道側には この裁判の内容は全く知らされることなく
うちの母親が飛び出して死んだということで、それ以上の、それ以降の報道や訂正はありません。
相手側に過失があったと認められても、、、、です。
そして、私は、私の家族は裁判では勝ちましたけど
相手家族からの謝罪はいまだ聞き出せてません。

結局葬式に来た時には、こちらの過失だったので
向こうはふかしタバコだったですもん・・・。

いつも弱者が損をします。
色々と経験してよくわかりました。

ペットブームの裏側で
飼い主さんという弱者が、一番そのしわ寄せをくらってます。

誰かが変えるのを待つのではなくて みんなで変えていきませんか?
その先頭に立つ、そしてそこで 一番先頭で何があるのかを見て
それを皆様に報告していきたいです。

今回の放送は、ここからはじめるというプロローグであって、
これから先は皆様と作っていくのです。

これを読んで下さってる皆様のお力を貸して下さい。
今はまだまだ小さい力で不安かもしれませんけど
いつかは、よかったと思える時が来ると思います。
こういった内容は、本当は文章よりも 勉強会などをやって訴えていけば
数時間にも及ぶ 壮大なスペクタクルロマンスストーリーです。
いつかどこかで、お話できたら幸せですね。

そして、昔を振り返って
時代って変わったなぁと懐かしくなることと思います。
本当にそうなるとを祈ってます。

その時には私は、いないかもしれません。
ただ、ちょっとだけ思い出していただけたらいいかなと考えています。
もし、可能なら、どこかでひっそりと犬を飼って
細々と暮らしていたいですね。

本当にそういう暮らしが理想です。
それでは、今回はこの辺で、、、、、、
最後に、この場所を提供してくださったゴエママさんに感謝を申し上げます。
 

臨時セミナー その2

  臨時セミナー その2


今本先生のテレビで放送されなかった話 前編


今本先生の臨時セミナー編として「報道特集」で、
放送されなかった部分を 2回に分けて、 お聞かせいただきます。
今本先生、お忙しい中ありがとうございます。

※「報道特集」は、2004年10月10日に
 TBS系列全国ネットで放送されました。
 今本先生やごえママが取材を受けました。


*************************

今本です。
放送に当たって、何か放送されなかったことを書くというのは
次回へのお楽しみがなくなるというのもありますけど
いうならば、今から書く内容は放送はされなかったけど
結局カメラの前ではしゃべってしまった事ですので、、、、

では、何をしゃべって、何が言いたかったのかということを
半年以上も前の記憶をもとに書いていきます。
まずは、昨日の掲示板でも話題になったのですが、
「陰睾」これも遺伝します。
案外これも知らないんです。

「うちの子は、たまたまちゃんが一個なんですぅぅ。。。」
これすなわち、
「うちの子遺伝性疾患の可能性があるんですぅぅ。」 と考えてください。
こんな近くに遺伝する疾患がある。それってどうですか?
後は皆様でお考え下さい。

さて、次です。
じゃぁ、遺伝性疾患をどのようにしたらいいのでしょうか?

治療法は? 答えは、イージーです。
遺伝性疾患とは、すなわちほとんどが進行性のものです。
進行性とは、進んでいくという意味で 何をやっても進んでいきます。
獣医師の、その中でも 名医といわれる人の力をもってしても、進みます。

じゃぁ、遺伝性疾患の子は繁殖に用いない!
これ基本です。


実際にヨーロッパでは、ブリーダーさんの協力で
遺伝性疾患の減少に成功した例もあります。


日本は可能でしょうか? それがちょっと厳しいです。
なぜか? 無知なブリーダーが多いです。
なぜ無知なのか? 守銭奴がいるからです。
金の亡者です。 たいして勉強しなくても、金が稼げるからです。

きちんとしているブリーダーさんまで そういう弊害をくらうのは、本当に残念です。
私が何度か遺伝病という関係の獣医師向けの連載をするに当たって
相談させていただいたブリーダーさんは本当に仕事として
誇りを感じて、やっていました。
獣医師 よりも詳しいのかもしれないという知識もありました。


それと正反対のブリーダーもいます。
こういうのは内部告発となってしまうでしょうけど
いずれ私のところに来ている本を書かないかの オファーで書くつもりです。
ダークサイドに触れたら除外されてしまうのですけど、
それはそれで仕方ないと考えています。
だから発言はします。 テレビでもそういう話はやってました。


まず、金銭面でしか考えないブリーダーは危険です。
動物病院でもそうですけど、値切られるんです。
私は、何度かブリーダーがやってきたことがありました。
そして値切られました。
なぜ、モラルのないブリーダーに対して 獣医師が手を貸さないといけないのか?
手を貸す前に繁殖の指導を試みました。
「犬を知ってから言ってもらいたい。 前の獣医はそんな事を言わなかった。」
と言われました。

「じゃぁ、あなたは何を知ってるのですか?
なぜ、帝王切開の子を何度も繁殖させるのですか?」 と聞きました。


「繁殖できなかったら、こいつがここにいる意味がない。
こっちも商売だし、病院も商売。 お互いの利害が一致したらええやん。」
それって、どう?
私は、病院は商売であってはいけないと思います。
病院は患者さんの数などを競うものではないでしょ?
だからこそ言います。
「じゃぁ、そういう病院へいってください。   
 私は、誰であれ診療費でも差別はしないし  同じ事を言います。」
「ふん、そうか、、、そんなことやってたら潰れるでぇ。」
そういう言葉とともに、二度と現れませんでした。


そして、ブームを追う繁殖を繰り返しているブリーダーのせいで
日本の繁殖業界は、レベルが低いとみなされています。 つづく。。。。
 

臨時セミナー その1

臨時セミナー その1
  ◎遺伝病     by 今本成樹


遺伝病というものに興味を持つ前に、現状がどうなのか?
飼い主さんにたくさん知ってもらいたいことがあります。


臨時セミナーでも何でもどんと来いです。
CLで、ビビってますけど、もっとよくあるものに水頭症なるものがあります。
これは、放送では軽くフリップでも紹介してもらったんです。
隠れ水頭症というのもあって、それはそれで怖いです。


私も昔は大学病院での勤務でしたので 死語の解剖をする機会もありました。
そしたら無症状でも水頭症というのがありました。
で、年間何例も水頭症というのを診療しますけど、 決定的な治療法は外科処置です。
そんなリスキーなことしますか? なぜそういう子が出てくるのでしょうか?


その他にも近いところでは、「陰睾」。
片方の金玉(これ放送禁止じゃないですよね?)が、遺伝します。
体内の精巣は、精巣腫瘍発症のリスクが高まります。
こういうのを放置しておくと、どういうことになるのか?
そりゃぁ遺伝子に組み込まれた病気の情報が、 日本に蔓延します。


いつか日本には、 遺伝的要因を持たない犬はめずらしい!と
世界から言われるかもしれません。
色々と言いたい事はあって言ったのですけど、
オンエアには時間の関係で流れないことがたくさんあったし、
私もかなりおかしな発言をしていたりもしたので、
今回の放送でのナイス編集!は、よかったと感じています。


すごーーーーーく、しゃべりましたもん・・・。
その中で、あの二言程度だけ、、それでいいんです。
まずは問題定義。
でも結論は皆様にも理解していただけたと思うんです。
あとは、そのプロセスを作るだけでしょうね。
『頑張って!飼い主さん! 立ち上がろう!獣医さん!』


そしたらどこかで何かが音をたてて変わると思います。
ゴゴゴーって、、、、変わると思います。
重いものほどいったん動き出すと、止まりにくいです。
動かすのは大変だけど、動いてしまえば、、、、!!!!

その2

皮膚病においても、様々な薬剤を投薬します。
ステロイドで痒みをコントロールすることも必要な場合があればしますし、
その際には、肝臓の値をモニターする必要もあるでしょう。
また、ハンドメイドでも、ある程度は自然界の肉なども使わないと
バランスが保てなくなります。
例えば、サプリメントでコントロールするなんてできっこないです。
粉だらけで、食べられたものではないでしょう。
ビタミンもA,B,C,D,E,,,,ってやっていかないといけないし、
カルシウム、マグネシウム、などなども、考えないといけない。
そう考えたら、やはり肉を作るなら肉。
血を作るならレバー。 それが一番早いです。

ある程度はハンドメイドと言っても色んなものを混ぜて、
体にいいバランス。黄金率があります。
ただ、基本は、アレルギーの物質は避ける。
それと、上で説明したものは含むようにしてあげてください。

キャベツ入れてもいいし、お米でもいい。
その際に今まで食べていた処方食でもいいけど、
それに即したバランスを保つように考えてみてください。

お米ベースで、とか、チキンベースで、とか、
そういう事を考えながら、味もほとんどつけなくてもいいので、
今日はトマト入れてみるとか、 心疾患ならブロッコリーがいいから入れてみようとか
そういう事も工夫してあげてくださいね。
ちょっと暖かくするだけで、味のないものでも多少の湯気とともににおいが発生して
おいしく感じてくれるはずです。
アミノ酸、ビタミン、蛋白などのバランスを決めてあげていくことが基本ですよ。
さぁ、レッツトライ!です。

アレルギーに対処する方法を書いてきましたけど、
まずアレルギーになったら、痒みをコントロールするということが重要になります。
ステロイドをバンバン使って コントロールする時代は過ぎました。
痒いなら痒くないようにしてあげる工夫をしていくといいです。
アレルギーの元となるモノを除去する必要性は
今回読んで頂いた方々にはご理解いただけたと思います。
そして、体質や免疫システムの遺伝とともに、アレルギー体質というのも遺伝していきます。


アレルギーをさらに助長するようなものに、脂漏症があります。
シーズーなどでよくみかけるものです。
やはり肌がベトベトすると、細菌の繁殖に適した環境になり、
痒みの炎症に続いて、細菌感染という二次災害がおきます。
そういう二次災害のない皮膚疾患には、抗生剤も必要ありません。
体元気でしっかりとした皮膚の防御システムがあればへっちゃらですもん。

ただ、ベトベトの皮膚には、 アレルギーの元となる花粉や家ダニなどの
死骸の粉末(これも蛋白)がひっ付きやすくなります。
そしたら、やはり皮膚を刺激して、
アレルギーを起こしやすくなるという側面も持ち合わせていますので、
アレルギーというものに 皮膚の脂漏症なども関与してくると思います。


かなりすごい限定された話をするなら、
空気清浄機を入れて、部屋はフローリング、外部から空気を持ち込まない。
食事は、アレルギーとなりそうなものを検査した後でホームメイドディナーを作る。
こうしたら、アレルギーになる要素は ほぼないと思います。

それで出てくるなら、ホルモンや内分泌の疾患でしょうね。
さてさて、今回は話がかなりそれまくったのですが、アレルギーや食事の話をかなりかけたと思います。
実際に診察室で話をしているイメージで、そのままの言葉で書かせていただいたつもりです。
わかりやすいか分りにくいかは別にして、どれもこれも必要なないようだと考えています。


ちょっと見方変えて ドッグフードなんてものの表示を見るとかして見てください。
面白いものですよ。
表示のマジック、トリック、その商業戦略。
案外ペット産業の裏側の闇は深いです。
光があれば影がある。光が強ければ影は深くなります。
脂漏症体質なんて 本当に繁殖業者からしたらわかっているはず、
アレルギーっぽい体質や、皮膚の状況の悪い犬というのも
業者さんからしたらわかっているはず、 耳が悪い犬だってそう。
よくペットショップで、「この子はちょっと耳が悪いんですよ。」なんて言われます。
それってお父さんとかおかぁさんからの遺伝ですか?
お父さんおかぁさんはどうなんですか? って、実際に聞きたい気分になりますよね。
体質的に皮膚の悪い家系みたいなのもあります。
考えた繁殖が求められます。


たかが皮膚病、されど皮膚病です。
今月のNJKという私が連載している獣医師向け雑誌2004年3月号に
皮膚科の権威の先生がインタビューに答えて、こう書いています。
「動物病院を訪れない軽度のケースを含めれば、  
 10頭に1頭はアトピー性皮膚炎ではないかと言われている。」
その中でも食事単独のアレルギーというのは少ないようですけど
最初のほうにかいたように、複合性のアレルギーというのがけっこうあります。
きちんとしたフードを選択することも、アトピーでは重要と言われています。
また、脂肪酸のバランスを考慮したフードや除去食も効果的だと言われています。
もし処方食を試される場合には 獣医師と綿密な話し合いもしてくださいね。
未だに皮膚病はどんどんと解明が進んできています。
犬だって花粉症もあれば、食事アレルギーもある。
人間と同じなんだ!と、わかっていただけたと思います。

正確な遺伝形式はいまだ判明してませんけど、
犬だって人と同じく体質の遺伝はあります。
また、皮膚疾患を増強するような体質の遺伝もありますので、
決してアレルギー体質単独の遺伝のみで、考えていいモノではないと思います。
長く書いてきました。
読んでくださった皆様お疲れ様でした。


何度か読み返すうちに、理解していただけたらと思います。
そして、もし自分の犬が皮膚病になったりした時には、
担当の先生と徹底的に話し合って、
そして最善の方法を選択していく事も重要なので、
納得いくまで話しあいをしてもらってくださいね。
今回のこれが参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で・・・。
 

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事