明日は咲こう花咲こう★

ロースクール修了生の日記☆新たなステップへ・・行けるのか?

全体表示

[ リスト ]

今年の判例つき六法。

イメージ 1

イメージ 2

昨年もこの時期に、判例つき六法の話題を少ししましたが、
本年も少し。

昨年は、有斐閣の方で、小六法を休刊する代わりに、
判例六法をプロフェッショナルと普通の判例六法に分けて、
(プロに対してアマと呼ぶこともあるやらないやら。)
発行される、ということになりました。
今年は何か変わるのか・・いや変わらないのか・・と思ってたら、
三省堂の判例つき六法に若干の変更がありました。

三省堂は、大きい判例付き六法を「模範六法」とし、
小さいハンディタイプの判例付き六法を「コンサイス判例六法」としていました。

が、
今年から、「コンサイス判例六法」は名称変更となり、「模範小六法」として
売り出されることとなりました。

それと同時に(かどうかは不明ですが)、微妙にケースのデザインが変わってます。
一応、新しい模範六法のデザインを画像で出しておきましたが・・・
あまりに不鮮明だと困るんで、三省堂のHPへ
 →http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/roppou/roppou_dic/moroku2009.html

ちなみに、昨年版は、http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/roppou/roppou_dic/moroku2008.html

これまでのケースの方が、シンプルで良かったのになぁ。。
というか、外見は変わって、中の表紙も変わるかどうか・・
この辺が気になりますな。
中の表紙まで、近代的というかスタイリッシュになってもねぇ、という感じ。


一方の有斐閣・判例六法はプロフェッショナルはあまり装丁が変わらないようですが、
昨年、表紙の色&文字が「六法らしからぬ様相」でビックリした、「判例六法」は、
本年も、色を変えて発行です。

画像ではあまりキレイに写っていませんが、ピンクというか薄紫色のようです。
まあ、これまた判例六法とは一見してわからない色なので、よいのでしょが、
男子はこの色で普通に持ち歩くことができるのか・・・ちょっぴり心配。
でも、まあ男子だって、ピンクとか紫好きがいるでしょうし、
所詮六法は、見た目より中身が勝負でしょうから(推測)、
それなりに売れるでしょう。。多分。




で、私はどうする計画か、、というと。
ハンディタイプの判例付き六法は、値段が同じ(2730円)。
ページ数は、模範が2376頁に対し、判六が約2500頁と、判六に軍配。
収録法令数は、模範が158件に対し、判六98件で、模範に軍配。
判例付き法令は、模範が23件に対し、判六が34件で、判六に軍配。


これだけの比較で、単純に考えれば判六なんでしょうが、
判六は、判例の引用がどうも微妙。。なのと、
実は発売日が、判六が11/11に比して、模範は10/24と早い。
ということで、ハンディタイプは、模範小六法を購入予定。


一方の机上タイプの判例付き六法は、
値段が模範が5670円に比して、判プロは5250円と、判プロに軍配。
ページ数は、模範が3794頁に対し、判プロは3936頁と、判プロに軍配。
収録法令数は、模範が414件に対し、判プロは416件と、判プロに軍配。
判例付き法令は、模範が38件に対し、判プロが39件で、判プロに軍配。
しかし、発売日は、模範が10/24に対し、判プロは10/30で、模範に軍配。

まあ、量や値段を取れば、判プロなんでしょうねぇ。
というか、百選を併用するなら、判例のところに番号載ってるし、
二分冊なので、必要な分野の方1冊だけ持ち運べるって利点もあります。

ただ・・・今年も今まで机上用は模範でやってたし、
模範の方が、判決文に忠実な気がするので、こちらも模範を買いますね。
ってことは、今週末には、模範×2冊がお手元に・・・。
うーん、おそろしや。


--------------------------------

判例六法については、れもねーどさんのブログでも触れられていましたので、
ご参考まで・・・
 →http://blogs.yahoo.co.jp/x_pink_monkey_x/26426152.html

これを見るまで、HP上で有斐閣が判例六法の発売日&表紙の色を公表していることを
知りませんでした。ありがとうございます。

 有斐閣の文字だけの告知→http://www.yuhikaku.co.jp/topics/002/00236.html
 こちらは特設ブログ→http://yuhikaku-laws.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/21-ae78.html
  ・・この画像を見る限り、薄紫というか、紫では・・と思うが。



ちなみに、昨年買った判例六法・・ケースがすでに壊滅状態。
中身をよく使ったかどうかは、未だ疑問ですがね。。。
(単に持ち運びによる消耗破損、とも言えるので(苦笑))


それでは、また。

閉じる コメント(4)

ご紹介ありがとうございました。
有斐閣のは、発売日が遅いのがちょっとネックですよね^^;

2008/10/20(月) 午前 3:09 [ - ]

顔アイコン

すごくよくわかりますね。
僕は二色刷りのほうが見やすかったので判例六法かなぁと考えてます。
見易さにしかこだわってなかったのでこれを読んで感心してしまいました。

2008/10/24(金) 午前 0:49 [ - ]

>れもねーどさん
こちらこそ、参考になりました。ありがとうございます。
そんなに急いで買うものではない、と思いつつ、
少しでも早く手に入れられると嬉しいですよね。

2008/10/27(月) 午前 2:46 [ gogo_houka ]

>キヌさん
見やすさも判断要素の一つですが、収録法令なんかも、
選択するための重要な要素だと思います。
見やすさで言えば、おっしゃる通り2色刷の有斐閣六法ですが、
字体についても、若干差があり、ある人に言わせると、
「岩波の六法」が一番読みやすい・・らしいです。

2008/10/27(月) 午前 2:50 [ gogo_houka ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事