明日は咲こう花咲こう★

ロースクール修了生の日記☆新たなステップへ・・行けるのか?

全体表示

[ リスト ]

2010年・私のベスト5

2010年も残りわずかとなりました。
ということで、毎年恒例化していますが・・私のベスト5。
ほとんどブログも更新出来なかったわけですが、ここは区切りということで、
今年も振り返ってみようと思います。


ちなみに、昨年版はこちら
一昨年版はこちら
その前はこちら
そしてその前はこちら
さらにその前はこちら
いやあ、もう6回目ですか・・・あんまり実感ないですね♪



第5位 順調に成長? 仕事が板についてきたで賞 


仕事面は、近年ちょこちょこ変わっていたのですが、
今年は1年同じ所属で過ごすことができました。

仕事自体は変わらなくても、結局、人を相手にする仕事なので、
人が変わってしまえば、一から関係を作り直す必要があります。
まだ1年半ちょっとの経験ではありますが、昨年から通じて、
実にのべ6人の方をサポートする仕事をさせていただきました。

ラブストーリーは突然に・・、ならぬ、
退任は突然に・・。
ということが、今年もあり、てんやわんやな時期も。

一方仲間には恵まれ、メンバーの誕生日には、みんなでケーキを用意して
みんなでお祝いするような感じ。
今年いただいたケーキは・・・


イメージ 1



見た目かわいいばかりでなく、その人の口に合った味を見つけてきて
くれて、とても感激してしまいます。

その反面、身体の成長は順調で、大変困ったところです。
来年は、運動量を増やすなどして、管理していきたいと思っています。

来年も頑張っていこう〜ってことで、5位にランクイン。


第4位 仕事で遊びで、ちょこちょこ旅したで賞 


今年は、私用で温泉に2回行き、仕事では九州方面に1回行きました。
温泉は、定番の熱海と今回初の諏訪湖。

諏訪湖は、翌日が有名な花火大会ということで、
道路に規制をかける準備をしているという感じでした。
本当は、その有名な花火大会を見たかったのですが、
宿泊代が5倍以上になるので諦めて、その前の日に泊まることに。

数は少なくとも、花火は毎日上がるということ、
しかもホテルのお部屋から見えるとのことだったので、
とても期待してその時間を心待ちにしていました。
パンパンパンっと音を鳴らして上がる花火。
すっごい近い距離で、しかも人混みにもまれることもなく、
部屋でくつろいで見られるなんて、初めての経験でした。




イメージ 2





その次の日に、近くの車山に登ったのですが、
途中からリフトではなく、自分の足で登ることに。

最初こそ「大丈夫、大丈夫」と意気揚々でしたが、
時間が経つにつれて、ぜーぜーはーはー。
山頂は見えるけど、なかなか近づかないのと、
足がどんどん上がらなくなるということも重なり、
かなり大変な思いをしました。
しかも、その日はあまり天気も良くなく、
雨が降りそうだは、気温は低いはで、
避暑以上の寒さに震え上がってしまいました。

頂上についた頃には、雨は降り出すし、
山頂から見えるキレイな山並みも厚い雲に覆われて
見えず、残念な感じでした。


あと、仕事で行った大分は、用件をこなすのみ、
という弾丸ツアーでしたが、
自由になった時間には、少し町歩きをして、
初大分を満喫しました。
今度行くときは、別府や湯布院あたりまで、足を伸ばしたいなぁ


たまには場所を変えてリフレッシュも必要だよねということで、第4位に。



第3位 健康は大切! 自分の体調変化に気づきま賞 


昨年から受診し始めた、人間ドック。
結局、今年の人間ドック体験記を書けなかったので、
この場で、今年初めて経験した、内視鏡のことをレポートしましょう。

上部消化管(食道・胃・十二指腸)の検査は、
X線(バリウム)と内視鏡(いわゆる胃カメラ)があります。
昨年バリウム後半日間苦しんだので、今年は違う方に・・
ということで・・・というのもありますが、
一番の理由は、X線も内視鏡も金額が一緒だったからという、
大変安易な理由でした(笑)

前回と同じように、受診前は色々調べました。
どうやったら、一番楽に受けられるのかな・・という観点でね。


そして、本番。
ノドに内視鏡を通すので、事前にノドに麻酔をするんですが、
この麻酔の方法が、まず下調べしたものと違い、あっけにとられる。
私が調べていたのは、ゼリー状のものをノドにためて、
その後、さらにスプレーで麻酔するっていうのだったのですが、
麻酔を凍らせた氷を口に入れて、溶かしてください!
と言われたのでした。
ノドにためておいた方が良いのだろうと、長々なめてたら、
周りから、「まだですか〜?」という痛い視線。
せかされるように、ブツを溶かし、「溶けました」と申告。


連れられて、内視鏡の設置されたベッドへ。
どういう方向に寝てとか、そういうことは事前学習でわかってたのですが、
その後は・・何の指示もなく。。。
そのうち、「カメラ通しますよ〜」という声がして、口に入ってくる。
一番大変というノドのところも、もれなく苦しみましたが、
それが過ぎ去った後も、ところどころで、せきこんでしまい、
そのたびに記憶がフラッシュ。

目の先の遠いところに、モニターがあって、
自分でも見ることができたのは良かったですね。
ああ、結構キレイだななんて思いながら見ていたら、
体位が悪いのか、呼吸法が悪いのか、むせてそのたびにあせって更にむせる。
あせって口で呼吸して更にノドを刺激するのが、どうも悪かったようです。

どうにか全行程が終了し、結果、胃炎がみつかっちゃたりしたのですが、
自分では全く症状とかなく「???」という感じ。
あまりにも苦しそうだったのか、先生に「内視鏡は2年に1度でいいですよ」
みたいなことを言われてしまいました(^^;


でも、そんな大変な思いをしたはずなんですが、
来年も内視鏡にしようと思っています。
なぜなら、苦しいという記憶がとんでしまっているので、
別にこわくない、ということ。
それよりも、受けた後がバリウムと比較してかなり楽、ということも。
前処置の麻酔が緩いものだった分、覚めるのも早く、
麻酔がとれれば、昼ご飯okだし、バリウムのような苦労もなし。

たぶん、私は、ちょっと変わった人かもなので、
この意見はあまり参考になさらない方がよいです(笑)。



その医療機関は、当日分かる範囲で結果を教えてくれるのですが、
胃炎よりも深刻な結果が出ている項目があると・・・。
これも、本人は全く意識していなかったところで、
言われてみれば、そうかもなぁ・・という感じでした。
(根本的に治した方がよいだろう、ということで3度ほど通院しました)


その他は、今、鼻の奥から鼻水が流れて、痰となりはずしずらくなるという
症状が出ており、通院中ではありますが、
概ね健康ですね。

来年は、花粉が大変飛ぶと言われており、それもかねての
通院でもありますが、花粉症対策より、その症状の軽減が
主になっている状況であります。


もっと自分の身体の変調をとらえられる
人になりたいなぁという期待をこめて、第3位に。



第2位 歌って歌いまくる! 休業は寂しいで賞 


昨年は、日程の関係で1度も行けなかったコンサート。
今年は、2度行ってきました、大黒摩季さんのコンサート★

1回目はライブ会場、2回目はホール会場で、プログラムも違う内容のものを、
楽しんで来ちゃいました。

いつも会場で、パワーと元気をいただいているのですが、
そんな大黒さんから、休業宣言が。
2回目のコンサートの前に発表されていたので、
何としてでもパワーをいただかなければ・・と意気込んでいきました。
いつもはプレーヤーで聞いている曲が、目の前で歌っている、
周りも大盛り上がりの中、私も立ちっぱなしで騒ぎっぱなし♪

みんなにパワーを与えてくれる大黒さんも、かなり頑張っておられたとのこと。
その力は大黒さんが元気だからこそできること。
大黒さん自身が元気で充実した生活ができていないのであれば、
是非ともそのメンテナンスをしていただいて、
また元気な姿で戻ってきてほしいと思います。
女性ですもの・・私にもよくわかります。


当分聞けない分、いつもよりもたくさんのパワーをいただいた
大黒さんへの感謝と激励をこめて2位に。



第1位 結局2回目も回避 残念で賞 



このブログは、新司法試験受験生のブログのはず・・・。
でも、新司法試験のことをなかなかお伝えできずにいます。

こちらのブログをご覧いただいた方からも、
受験するようお勧めいただいていたにもかかわらず、
日程の都合がとれず、2度回避する結果となってしまいました。

言い訳がましくなってしまいますが、
社会人というのは、試験日を目標にすることはできても、
平日の2〜3日をきっぱり休むということができない場合もあります。
突如、仕事が入ってしまったり、人員が足りなくなってしまう
こともあるからです。

まあ、それだけが原因ではなく、勉強不足を理由に、
受験を決断出来なかった・・・っていうのもありますが。


来年は、どうにか受験までに至りたいという意気込みを込めて・・1位に。





ということで、昨年同様医療ネタが長くなる傾向にある
ベスト5となってしまいましたが、お届けいたしました。

年末押し迫ったまさに今ごらんいただいたあなたに感謝するとともに、
年始にゆっくり見に来られたあなたにも感謝。

ここのところ更新が滞っている当ブログですが、
休止とすることなく、何とか続けているのは、
読んでいただいたみなさまのおかげです。
本当にありがとうございます。


来年も本年同様音沙汰なくなることもあるかもしれませんが、
これまで同様見守っていただけると幸いです。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。



今年もあと少し・・また来年お会いしましょう。
よいお年をお迎えください。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事