明日は咲こう花咲こう★

ロースクール修了生の日記☆新たなステップへ・・行けるのか?

■新司法試験(その他)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

2015年・私のベスト5

みなさん、ご無沙汰しております。

2015年も残りわずかとなりました。
毎年恒例のベスト5をお送りいたします。
1年、あっという間に過ぎていきますね・・。


ちなみに過去のベスト5は以下のとおり。
昨年版はこちら
一昨年版はこちら
3年前のはこちら
4年前のはこちら
その前はこちら
もう一つその前はこちら
そしてその前はこちら
さらにその前はこちら
さらにさらにその前はこちら
もういっちょその前はこちら
そろそろ過去のものをここに出すのやめますかね(笑)。



第5位 ひとまず大病もせず 日々を過ごせたで賞 


今年は会社の助成制度が変更となり、人間ドックの助成を受けることができなかったため、
結局、会社の健康診断を受けるのみで終わってしまいました。

11月から12月初めにかけて、風邪をひいてしまい、
鼻に喉に随分やられましたが、
どうにか今は復活しております。

来年は人間ドックが受けられる(はず)なので、
それまでにまた健康を保たなくては・・・。



とりあえず元気で過ごせた1年に感謝し、第5位に。



第4位 仕事でもうひとふんばりで賞 


昨年も頑張って一皮むけなきゃなぁと言っていた仕事ですが、
今年も難儀でした。

というのも、
これまでの働き方では、到底太刀打ちできず、
「やれないことでも最善策を考える」
「他のセクションを巻き込んででもやる」
という感じでして、

「やれないことはできないと言い張る」
という社風と全く反する方針でして・・。

考え方は真っ当なんですが、できないものはできない、
で長年来てしまったワタクシには、なかなかついていけず。。

ようやく、少しずつ考え方をかえ、先を見据えて仕事を
進められるようになってきました。

そうそう。
「仕事はゴールから考える」というのも、
「試験合格はゴールから考える」というのと
似ているなーと思いました。

どっちもできていないからかーなどど、反省しきりです。



来年は求められる人材になるぞーという思いで第4位に。


第3位 プチ旅行でほっこりで賞 


今年は、お泊り旅行は本当に少なく、
1月に名古屋へ1泊2日したのみでした。

名古屋では、観光ではなく趣味の文房具に引っ張られての旅行
だったため、名所という名所は実は回っておらず・・・。
名古屋城すら実は行ってません(苦笑)


ただ、名古屋名物のあんかけスパゲティとか手羽先とか
食べ物は満喫してきました。


文房具好きとしては、神戸に行ってみたいんですよね・・。
こっちからだと、意外に近いような遠いような距離で、
なかなか機会がないと、難しいですね・・・。

あと、久しぶりに台湾にも行きたい。
意外と行きたいと思っていて、なかなか行けてないです。


来年こそ温泉に観光に楽しい旅行にいきたいという思いをこめて第3位に。


第2位 FP3級を取得したで賞 


現職は金融系ということと、これまで取得していた業界資格との
兼ね合いから、そろそろFPとかあってもいいのでは?
と思い、手始めに3級から受験。

元々勉強していた分野もあったこともあり、
あまり時間をかけずして取得できてしまったので、
今は2級受験に向けて勉強中。

いつになったら、法律の世界に戻ってこれるのでしょう。。
今年は、出願すらできなかったため、予備試験を受けていないのですが、
来年は、、、もうちょっと考えます。



来年も一つ一つ目標をもってクリアすることを祈念して2位に。



第1位 万年筆にインクに文房具沼にズブズブで賞 


毎年恒例化しつつあるのですが、今年も文房具が1位です・・。
特に今年は、インクが酷かった(泣)。


論文を書くのには、まあ、青とか黒のインクが必須になるのですが、
手紙や手帳に書くのには、青や黒でなくても言いわけで、
それこそ、茶とか緑とかでも許されるわけです。


私の場合は、まだ、お店のオリジナルインクで「わーい!」と喜んでいる程度
なので、かわいいものですが、好きな色を作ってくれる「インク工房」なるものもあるのです。
・・・首都圏では大人気で、開店前に整理券がなくなるとかなくならないとか・・・


あとは・・・マスキングテープとふせんは相変わらず増えてますね。
勉強して、ふせんは消費しないとなーなどと考えています。


文房具会にも定期的に参加して、色々な話を仕入れられましたので、
来年も楽しみにしております。


文房具を介してさらに新たな出会いを祈念して第1位に。




ということで、2015年のベスト5をお送りしました。
あまり変わり映えしないですし、まったく試験のこと書いてないですし、
需要がどのくらいあるのかは、不明な感じです・・・
それでも、この記事を読んでくださるかたがいらっしゃれば幸いです。



みなさまにとりまして、2016年が素敵な年になりますよう、お祈り申し上げます。
 


それでは、良いお年をお迎えください。

絶賛開催中。

ごぶさたしておりますです。
gogo_houkaでございます。


それはそうと、11日水曜日から、絶賛試験開催中ですね。
このブログをちら見している、そこのあなた、も
どこかの試験会場にて、頑張っていらっしゃることでしょう。


なにをどう言葉にしていいのやら、迷っちゃうのですが、
とりあえず、気晴らしに打ち込んでみますね。


●会場の雰囲気
 思っていたよりギスギスしていないかな。
 (それは緊張感ないワタシだけか・・・)

●疲労感
 話に聞いていたより、疲れていない。
 (マジメに取り組んでないからか・・・)

●感触
 まあ、試験ですから、こんなもんでしょう。
 (どんなもん?かは、また後日にでも)
 聞くよりも経験第一、ってことは実感した!

●中日の過ごし方
 通常通り、お仕事です。
 さすがに2日休むと、色々な面で辛い(><)

●これからの目標
 とりあえず、短答だけでもクリアを目指す
 (低レベルな目標で、スミマセン。)


●最後にひとこと
 目標の一つだった、「楽しく試験を受ける」は達成。
 家で過去問解くより、数段楽しく、有意義な時間が過ごせたかと。
 それに実力が伴っていれば、なおいいのですが。。。
  ちなみに、今回のオススメは、民事系第1問。
  問題見たとき、わあ、と思ったけど、個人的にはツボに入りました。


中日は殆ど何も手につかない、って言われてますが、
専業の方も兼業で連休とられている方も、
あと3日間、頑張っていきましょうね★





  

約1ヶ月ぶりの更新です★

先日、今年の新司法試験の出願者数が発表されました。

http://www.moj.go.jp/content/000068163.pdf

11,892人とのこと。
これを多いと見るか少ないと見るか。

私は、こんなもんでしょう、と言う感想です。
3振制度がある限り、鰻登りに増えることはないかと。

ただ、来年からは、予備試験合格組が合流しますから、
その人数次第で、多少変動が生じるかも・・ですね。


----------------------------

ここ最近の状況ですが、
今年に入ってから、論文答練を受け始めました。


前回までは、団体で申し込んで、10月から受けていたのですが、
途中で息切れを起こし、答練に行かなくなるわ、
まあいろいろなことあって、挫折してしまったんですね。

今年は、確かに各系列3回と少ないかもしれませんが、
この時期に始めたことにより、逆に集中して取り組めているような気がします。
ひとまず、だめだめなところを少しずつ改善していくのが、今の目標。

とりあえず、民事系2h×3というのも感じがつかめたし、
まだまだ行ける私!と思えただけでも、受けた価値があるな・・と。

頑張りましょう〜★

こんばんは。
ようやく、夏の陽気になってきた感じがします。
みなさん、体調など崩されていないでしょうか。


今日(というか昨日)、新司法試験の短答式試験の合格発表がありました。
その結果は、こちら。
 → http://www.moj.go.jp/content/000048307.pdf

採点対象者 8090名のうち、合格者数 5773名ですので、
きちんと4日間受験していれば、合格率は70%超(71.3%)となります。

ちなみに昨年は、採点対象者 7353名のうち、合格者数 5055名で、
合格率は、68.7%ですので、昨年よりも合格率が上がった形となります。


今年の短答式試験合格に必要な基準(成績判定)は、
「短答式試験の各科目において、満点の40%点以上の成績を得た者のうち、
 各科目の合計得点が215点以上の成績を得たもの」
であり、昨年の基準と全く同一のため、
受験生のレベルが上がったのか、問題が易しくなったのか、のどちらかに起因するもの
と考えられます。


あと、気になったのは、「最低ライン(40%)未満」の人数ですね。
例年、どの科目も同程度の人数が出ているのですが、
今年は、公法系で、足きりされた・・という人の数が、とても少ない。
民事系(200人)、刑事系(370人)に比して、公法系は45人。

平均点見ても、公法系のみ昨年よりも上がっていますね。
民事系、刑事系は昨年と比較すると下がっている。
しかも、民事系の平均100点以下(96.5点)、というのは、
初めてではないでしょうか。


まだ今年の問題をきちんと読んでいないので、
この点の話はできかねますが、
民事系は、そもそもが3科目(民法・商法・民訴)で、出題範囲も広いので、
どれか一つでもおろそかになると、点数が伸びない可能性がありますね。

今回の結果から言えること、
やはり、3科目ともボーダーライン(40%)を割らないで、
どの科目もまんべんなくこなすことができる、に尽きると思います。


あと、短答式の結果で、学校(ロースクール)別の合格者等もわかるわけですが、
これは例年同様、学校間でかなり差が出てしまっています。
ロースクール受験生にとっては、これが学校選びの一つの基準になるのかも・・ですが、
最終合格との割合とはかけ離れてるところもあるので、
これだけでは、ホント、基準になりませんね。
(正直、短答に合格できれば、論文の力もそれなりにありますがね。)


今回合格された方、ちょっと安心されましたよね。おめでとうございます。
そして、今年残念だった方・・来年ご一緒に頑張りましょう。


--------------------------------------

ちなみに、私自身はもう来年に向けての態勢に入っていて、
今日が合格発表であることは、ノーマークでした。

たまたま、ツイッターのツイートで、合格発表(しかも旧司の)があって、
合格した、というのを見かけて、ようやく法務省のHPを見に行った訳です(笑)。

今年の旧司、最後だっただけあって、受験率はあがりましたが、
合格率は一気に下がりましたね。
昨年は10%超だったのに、今年は5.6%・・・
大変厳しい試験だったと思います。
今後、論文試験がありますが、是非とも頑張っていただきたい、と思います。


と言うわけで、久しぶりにタイムリーな話題でお送りしました。
結果については、ざっとしか見ていないので、誤り等あるかも・・です。
気になりましたら、コメでもいただけると幸いです。

それでは、またです★

新司法試験、その後。

こんにちは。gogo_houkaです。
今年度の新司法試験を受験されたみなさま、お疲れさまでした。
遅ればせながら、ようやくブログ更新・・っと。


前回の記事upから1ヶ月があっという間に経ってしまったのですが、
結局のところ、gogo_houkaは・・今年も受験せずでした。
コメント欄に、時間もないのに応援メッセージを残して行ってくださった方には
大変申し訳ないのですが、やはり自分が納得できない状態では、本番に向かえませんでした。

ここは、社会人と専業のみなさんとの考え方の違いかもしれないけれども・・。
社会人の場合、少なくとも2日間は休みをいただかなくてはなりません。
で、今の職場では、この試験を受けることを半オープン(※)にしているので、
休もうと思ったら休めます。
ただ、受からないというのを分かっていて、休みをいただくのは申し訳ないな、と。
少しでも望みがあって受けるなら、本試験の場を目の当たりにすることも
経験になっていいし、今後の参考にもなっていくと思います。
「受かりにいくぞ!」というノリで、休暇もとりやすいかな・・と。
社会人は受験生活と2足のわらじであることから、
会社生活と受験生活の2つを天秤にかけてしまうのかもしれません。
どっちが重要なのか、どっちが自分にとって必要か。。。


でも、経験が翌年以降の受験に有意義であることは理解しているので、
もし、私が専業ならば、今年のような状況であったとしても受験しただろうなぁ。

専業の方は、逆に「コレ」しかないという店で切羽つまっているかもしれませんが、
社会人の場合は、「あっちも」「こっちも」ということで、一つに絞りきれないところがある。
その点が、社会人故の悪い癖とは思ってます。

今年の試験が終わる、いや、今年の試験が始まった日から、
来年に向けての取り組みをスタートさせています。
時間がとれないため、本当に一歩一歩が遅いけど、
着実に知識を固めていきたい、と考えております。


---------------------------------------------------------------------

話は変わって、
先日、実際に受験された方々と交流を持つ機会がありました。
皆、そこで言うのが、
「基礎知識ありきでの現場思考」
「これが論点とわかっても、文章化するのに時間がかったら元も子もない」
などなど。


色々な話の中で、自分に気付かせてくれたことがたくさんあったので、
時間を作って行ったかいがありましたね。
今後、ここで仕入れた情報などを活用して、今後につなげていけたら、と思います。


ちなみに、私の懸念事項の一つとしては、
未だに短答解いてて分かるのが、「なんとなく回答」が自分には多いこと。
正答はしたけれど、果たしてどうしてそうなるのか、根拠が言えるか、
と言われると「何となく」で終わり、正解もしたのでいいか、と放置プレイ。
これじゃ、何のために短答解いているのか、意味不明だし、
今思うと、過去問の使い方がなってない、とも思います。

自分にどの分野のどの知識が足りないのか、わかっていないのかを知る
良い機会であるにもかかわらず、残念なことにうまく活用しきれていなかった。
今年は、そういう点もうまく活用できるよう、頑張っていきたいと思います。


来年合格を目指す方、一緒に頑張っていきましょ★
今後とも、ぼちぼち更新していきますので、よろしくお願いいたします。

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事