ここから本文です
風の音だけが週末のConversation
一粒の砂に世界を求め 野の花に天国を見出す 掌の中に無限を捉え ひと時のうちに永遠を築く この詩のように生きたいな

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

続きの最後にして最大の橋
来島大橋へ
渡る前に道の駅で休憩。
これかぁ〜デカ!
バイクで渡った下関や車で渡った瀬戸大橋などより
自転車で渡る行為はスケールや高さ、風や匂い
光を皮膚から感じ心揺さぶるものがありますねぇ。
ちょっとオーバーだけど、これは自転車ならではかな?
巨大なループを登り橋へと到着
走ると遠くの島々まで見えいままでのサイズとは違う橋でした。
大島→四国(来島大橋)
また巨大なループを下り四国上陸
造船工場のクレーンが眼下へ
昼になったので昼飯を探して今治の町を彷徨う
自転車の走行を考えるとガツンと食べるのはよくないので
うどん屋を探すが準備中だったりして(なんで昼に??)とか
知らない間に元の場所へ・・。
仕方なくコンビにで昼を買い景色のいい公園へ
サイコーのロケーションで橋を眺めつつ昼飯を頬張る。
大潮もあってか?流れが川の様に一方に流れる。
スケールが違うなぁ・・・。
さて往路だ。渦潮と自転車ヤローが一杯だへ!続く

この記事に

  • 顔アイコン

    行きた〜ぃ!のですが、なかなか行くきっかけって言うか、機会がありません。友達と行こうって言ってるんですけどね。一人で走るのも寂しいしな〜。う〜ん^^;

    [ わんわん大佐 ]

    2006/10/26(木) 午後 0:46

    返信する
  • 顔アイコン

    ツーリングには持ってこいの環境ですよ。 専用自転車道に綺麗な景色に旨い空気。 ここにしかない場所かも。

    gogo_yellow_bicycle

    2006/10/26(木) 午後 9:36

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事