ピッカリおやじ の山歩き

左手のリハビリを週3回。遠征に出たいけど…

全体表示

[ リスト ]

登山日:2017年5月28日(日) 距離:9.8km 
総上昇量:960m 総下降量:945m 天候::快晴 
歩行時間:5時間(撮影、休憩時間含む) 
登山道で出会った人数:多数
 
 長らく遠征に出かけていないので、どこか無いかな? と探していたら
標題の山に花があるとの事だったので登ることに…
 
7:58 「白谷登山口」をスタートして
     (解説版の後ろは管理人さんのバイク)、
イメージ 1

「上りは“本流コース”、下りは“東尾根コース”が良いよ」
との管理人さんのアドバイスに従い「本流コース」に入る。
イメージ 2

8:15 かわいい橋を渡り、
イメージ 3

お花に励まされて歩を運ぶ。
イメージ 4

8:35 いったん林道に出るが、すぐに山道に入り(矢印)、
イメージ 5

8:46 「経ノ滝」を過ぎたら、
イメージ 6

「シャク」や、
イメージ 7

「ニリンソウ」が群生していた。
イメージ 8

イメージ 9

沢沿いを進むと(矢印は先行登山者)、
イメージ 10

9:15 「五銚子ノ滝」に到着。
イメージ 11

イメージ 12

下界の景色を楽しみながら休憩。
イメージ 13

ブナ林に癒やされながら、
イメージ 14

急坂や岩をよじ登ると、
イメージ 15

10:20 「頂上まで300m」の看板。
イメージ 16

「琵琶湖」にも背を押されて、
イメージ 17

10:49 “横山岳”に着いた。
イメージ 18

小屋に立てかけられた梯子を登り、南側(琵琶湖側)と、
イメージ 19

北側の眺望を楽しんで、
イメージ 20

証拠写真をおさえて、食事タイムとした。
イメージ 21

11:34 「東尾根」に向けて再出発をして、

残ったツツジを楽しみながら、
イメージ 22

尾根道を行くと、
イメージ 23

こんな景色が広がる!
イメージ 24

11:56 「東峰」を過ぎ、
イメージ 25

ブナ林を進み、
イメージ 26

12:33 「東尾根登山口」の道標に従う。
イメージ 27

時おり見える山並みに満足して、
イメージ 28

「桐の花」が見えたら、
イメージ 29

13:24 「東尾根コース登山口」に出た。
イメージ 30

ここから林道をたどり、
13:56 「白谷登山口」に帰着。

(GPS軌跡)
 
(横山岳頂上の様子)
50人は余裕で休憩できそう。
あまり展望はないが、小屋の屋根に登れば良く見える。
 
(白谷登山口駐車場)
白線で仕切られた駐車場が二か所ある、40台分くらいか。
トイレあり。
 
(ルートの様子)
「本流コース」はけっこうな急登だが沢沿いなので涼感はあるかも…
「東尾根コース」も登山口に近づくに従いつづら折れの激下り。
 
(下山後の温泉)
「あねがわ温泉」@785 
内湯、炭酸泉浴 各1、露天風呂1、炭酸泉浴2。
 
(同夜の別荘)
「道の駅 湖北みずどりステーション」
特産品コーナー(9:0018:00)、レストラン(9:0017:00)あり。
東4㎞あまりにコンビニ。

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

花の横山岳!
ここは花が多くて亀さん山行になりますね
写真が少ないのが気になりましたが、もう遅かったのでしょうか? 削除

2017/5/31(水) 午後 0:32 [ 薔薇男 ] 返信する

こんにちは♪
これからの時期は、沢があったりすると空気が冷んやり気持ち良いので、急登続きでも癒されながら頑張れそうですね
山頂からの展望は少なめですが、時おり見える山々の景色が素晴らしいです山深さを感じられる所に位置しているんですね^ ^

お花もいっぱい咲いていたり・素敵な滝も見れたりで、いい山行になりましたね

2017/5/31(水) 午後 3:13 [ koutan ] 返信する

> 薔薇男さま “横山岳”登山口にも「花と滝の名山」と看板があり楽しみにしておりました。
が、時期は2週間ほど遅く思ったほどのお花は拝めませんでした。
また行かなアキマせんね。

2017/5/31(水) 午後 7:08 ピッカリおやじ 返信する

> koutanさま こんばんは。
これから暑くなりますので沢歩きがあるお山は外せませんね。
ここは急登でしたが、何度も渡渉したり滝もあるので、夏場にピッタリですね。
山頂からの景色はイマイチでしたが、その分見えた時はカンドーものでした。
山深い所にありましたが、さすが週末は沢山の登山者に出会いました。

「花と滝の名山」の形容詞が有る通りのお山を楽しませて頂きました。

2017/5/31(水) 午後 7:15 ピッカリおやじ 返信する

あのタフな横山だけを すばらしいです ☆彡
自分も次は頂上を目指したいです

2017/6/1(木) 午前 0:33 げん 返信する

コタpyでオマ(^^)
景色の良い山ですね。登るのは、山だけかと思いましたら、小屋まで登るとは⁉^ ^
さすがッス\(^o^)/

2017/6/1(木) 午前 7:33 [ kot*p*0828 ] 返信する

> げん様 初めて登りましたが、仰せのように中々タフなお山でした。
ぜひ頂上が制服できるようになって頂きたいと心から思います。

2017/6/1(木) 午前 10:20 ピッカリおやじ 返信する

>こたpy様 山頂からの景色が楽しめるお山でした。
小屋まで登ると、さらに眺望が良くなりました。
さすガッス、おおきに〜〜。
気候も良くなって益々登りたくなってきましたがな👌

2017/6/1(木) 午前 10:23 ピッカリおやじ 返信する

顔アイコン

先行者は若い女性ですか?
急な岩場をよじ登るのですね。
私は登りで苦労するする方がよく、降りは苦手です。

距離などはGPSですか。
私はスマホアプリ「山旅ロガー」を使い始め
地図、出発〜到着時間、距離、歩数、登山口〜頂上の標高、平均速度
など便利だと思いました。
地図に予定と実績を入れたり、ブログにUPできるか研究中です。

最初のコメントが消えたので、入れ直しています。
承認制にしているからでしょうか?

2017/6/4(日) 午前 6:00 亀の内っちゃん 返信する

> 亀の内っちゃん 先行者は若いご夫婦さんでした。
けっこう急な岩場も有りましたが、上りなんで大丈夫でしたよ。確かに下りは難儀しますよね。

距離はGPSです。
最近はガーミンのGPSに加えて「YAMAP」の地図も併用しています。
「山旅ろがー」ですか? まだ使ったことはなかったので、今しがたダウンロードしましたが、山地図が使えるんでしょうか?
「YAMAP」ならブログに血ぞを張り付けたりできるようですよ。

コメント、承認制でも消えることはないと思いますが…

2017/6/4(日) 午前 10:11 ピッカリおやじ 返信する

顔アイコン

インターネットの検索で「山旅ロガー」で入れると
準備編で、地図データの読み込み、予定ルート設定の説明があり、
精密度も選べて、GPS並みに使えるのかなと研究中です。

上記の「血ぞ」は地図の間違いでしょうか。
YAMAPを研究してみます。

ところで車泊は何度位まで可能ですか?
私は深夜18℃以上でないと寒くて眠れません。
マイナス6度とかの寝袋を買うか迷っています。
あとは湯たんぽやホッカイロでしょうか。

以前も入れた筈のコメントが表示されず、4通くらい書いたことがありましたが・・・

2017/6/4(日) 午後 11:02 亀の内っちゃん 返信する

> 亀の内っちゃん 私も「山旅ロガー」で入れてみましたが、使い勝手がイマイチ良く分からないので止めました。

「血ぞ」は「地図」の間違いです、失礼しました。

車泊、可能な気温は測った事は有りませんが、冬季だと氷点下は当たり前のように下がります。
私はスリーシーズン用のシュラフとマイナス6℃まで可能なシュラフの2枚重ねに湯たんぽを使っております。

以前のコメントですか…??
まったく表示されてないので分かりませんが…

2017/6/6(火) 午後 8:54 ピッカリおやじ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事