ピッカリおやじ の山歩き

アクシデント発生、帰阪しました

全体表示

[ リスト ]

登山日:2017年8月22日(火) 距離:109km 
標高差:1038m 総上昇量:1091m 総下降量:1076m 
天候::晴れ 山頂の気温:24.9℃ 
歩行時間:7時間5分(休憩、撮影時間含む) 
山で出会った人数:2組2人
 
 前日・21日“剣山”から下山後、途中の「道の駅 霧の森」
に併設の温泉で汗を流した。同夜は、そのまま同駅で車中泊
の予定だったが、ガソリンに余裕がなかったので伊予三島まで
移動することに…
 明けて22日「伊予三島運動公園」から“東赤石山”登山口
の「筏津(いかだづ)まで移動。710分、登山口に着いて登山準備。
 
7:48 登山口にとりつく。
イメージ 1

8:19 危なっかしい橋が次々に現れる。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

8:41 「赤石山荘」への分岐から「赤石山」方面にとると、
イメージ 5

さらにデンジャラスな橋が続く。
イメージ 6

橋から下を見ると、鋭く切れ落ちてて怖〜〜っ!!
イメージ 7

この橋は横棒がなく、橋が揺れるので、おやじ四つん這いで通過(汗)。
イメージ 8

9:03 沢に出て、顔を洗ってひと息ついていると、
昨日登って「赤石山荘」でひと晩を過ごした登山者
が下りてきはったので情報交換。
イメージ 9

10:05 延々と続くガレ場を登ると、
イメージ 10

10:42 分岐に着いた。
イメージ 11

10:46 “東赤石山”方面に進むと、
イメージ 12

今回の狙っていた「オトメシャジン」。
イメージ 13

オッ! ここにイルカ岩が!!
イメージ 14

そして「オトメシャジン」
イメージ 15

11:14 “東赤石山”頂上に着いた。
イメージ 16

頂上からの大パノラマを楽しみながら昼食休憩。
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

証拠写真をおさえて、
イメージ 20

11:43 下山を開始して、
12:16 「筏津」登山口への分岐から「赤石山荘」に進むと、
イメージ 21

12:22 すぐに「赤石山荘」。
イメージ 22

先ほどの分岐まで戻り、「筏津」方面に行くと、
「オトメシャジン」の群落!!
イメージ 23

イメージ 24

枯れ沢を下り、
デンジャラス橋を渡り、へつり、
イメージ 25

大丈夫かいな? と心配する橋を渡り、
イメージ 26

揺れる橋は、怖いので、また四つん這いで渡る。
イメージ 27

13:22 小さな滝に癒やされて、
イメージ 28

13:33 杉林を過ぎたら、
イメージ 29

沢に向かって急傾斜の山道が続く(降り返って撮影)ので
緊張感をもってたどる。
イメージ 30

13:47 またまたデンジャラス橋を渡り、
イメージ 31

13:58 えぐれた山道を通り(もちろん足元は谷)、
イメージ 32

14:04 やっと「赤石山」への分岐に戻った。
イメージ 33

14:08 往路でも通った橋を渡ったら、
イメージ 34

超常現象? が… 人はいないはずなのに、音楽が3〜5秒聴こえた。
遭難した人が谷に居るのかも? と、声をだして確認したものの、
返事はなし? 
14:53 登山口に戻り休憩していると、営林署? の人が来られたので
    「最近、この山で遭難した人が居ますか?」
    と聞くと「いません」とのこと、空耳か?!

(GPS軌跡)
 
(東赤石山の様子)
岩山で狭い。10人ものれば満席か? でも360℃の大パノラマが広がる。
 
(赤石小屋の様子)出会った登山者の証言
利用料2,000円。
個人の経営らしく、現在、古くなって床が朽ちかけているとのこと。
トイレ、水場は小屋内にあるらしい。
 
(ルートの様子)
登山口から「赤石山」「赤石山荘」への分岐まで朽ちかけた橋、多数。
また山道から沢(200300m)へ切れ落ちた箇所多くあり。
分岐から先にも朽ちかけた橋あり。ガレ場は急登。
(下り)杉林帯を過ぎたらジグザグの激下り。また杉の根がはった所
もあるのでスリップ要注意。
沢にむかっての急斜面は超デンジャラスゾーン!
前のめりに転んだらアウト!
 
(東赤石山登山口 筏津)
バス停に小屋(電灯OK)、トイレ(ボットン)、
水場あり(飲用可能かは不明)。
東1㎞に綺麗な水場あり。車中泊可。
 
(下山後の温泉)
「道の駅 木の香(このか)」に併設の「木の香温泉」@600 ★★★
内湯1、露天風呂1、サウナ、水風呂。
 
(同夜の別荘地)
「道の駅 木の香」(高知県いの町)

この記事に

閉じる コメント(12)

アバター

こんばんは。
音楽が…(-ω-`;)ちょっと怖い〜
それにもましてデンジャラス橋!ご無事で何よりです。
イルカちゃんやオトメシャジンが可愛い〜ナイス。

2017/8/27(日) 午後 9:36 流浪の民 返信する

コタpyでおま^ ^
イルカや恐〜い橋…さらにちょージョー現象まで、夏には持ってこいのお山なり…(^O^)

2017/8/27(日) 午後 11:04 [ kot*p*0828 ] 返信する

> 流浪の民さま おはようございます。
そう、変な音楽が… ちょっと変な汗が出ましたがな!
デンジャラス橋、もう一回行け、と言われれば躊躇しますね。
イルカやオトメシャジンが見れたので満足しましたが…

2017/8/28(月) 午前 8:36 ピッカリおやじ 返信する

>コタpyさま イルカは可愛いですけど、怖い橋は冷や汗もんでしたわ。
超常現象、そら耳とは思えませんでしたがな!
霊感、漂うお山、夏にはエエですけど背筋、さむ〜〜なりまっせ!(笑

2017/8/28(月) 午前 8:39 ピッカリおやじ 返信する

顔アイコン

はははぁ〜
何かがキュン!キュン!しっぱなしでしたね
最後はゾク〜〜!
真夏の山は涼しくて最高〜〜〜! 削除

2017/8/28(月) 午後 0:35 [ 薔薇男 ] 返信する

> 薔薇男さま はい、何かがキュンキュンしまくり、最後は背中がゾク〜〜ッ! で冷や汗もんでした。
夏はスリラーですわ!

2017/8/28(月) 午後 4:34 ピッカリおやじ 返信する

おはようございます♪
山頂からは、すごい景色が広がっているんですね〜
岩岩で、なんか異国の様ですね!

でも…登山道にかかる橋が、頼りなさそうで通過するのに怖そうです

2017/8/29(火) 午前 9:56 [ koutan ] 返信する

> koutanさま こんばんは。
山頂からの眺望は、ほんま素晴らしかったですよ!
岩山、異国みたい、とは言いえて妙ですね。
そんな岩山を独り占めしました。
登山道の橋、怖そうでしょ!
ほんま大丈夫かいな? と不安になりました。
怖いところが大好き? なkoutanさんでも、ここは慎重にならはると思いますが…

山から戻られたんですね。
またの報告が楽しみです。

2017/8/29(火) 午後 7:49 ピッカリおやじ 返信する

おぉ〜怖い怖いデンジャラスな橋も聞こえた音楽も。。
ほんと危なっかしいですね。わたしは重いから絶対渡れませんです
オトメシャジンですか♪ヒメシャジンよりも小さいような感じがしますね。それに雌しべがピョ〜んと^^大群落は見応えありますね。すごく綺麗です♪

2017/9/2(土) 午後 9:08 あかりんご 返信する

> あかりんご様 おはようございます。
ほんま、デンジャラス橋には気を使い、スリラーなBGM(笑)でゾッとさせてもらいました。
「オトメシャジン」ノリノリ同類?で「ヒメシャジン」も有るんですね〜。
雌しべがビョーン! 花に詳しい人が見はると余計、楽しいんてしょうね。
おやじも、花の勉強をせんとイケマせん(自戒

2017/9/3(日) 午前 8:22 ピッカリおやじ 返信する

顔アイコン

渡ってる最中、ボキッと折れたらと思う老朽した橋、怖いですよね。
それも一つや二つでないとは。
誰にも会わない山で、変な音がすることもあり、恐る恐る振り返ることもありますよね。

オトメシャジンは、ヒメシャジンとやハクサンシャジンと違うのでしょうね。

2017/9/18(月) 午前 10:58 亀の内っちゃん 返信する

> 亀の内っちゃん 朽ちた橋、なかなかスリリングでしたよ。
奇妙なBGM、空耳やったらエエんですが…
花は、何回見ても良く分かりません(;_;)

2017/9/19(火) 午後 7:08 ピッカリおやじ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事