コニヤンの公式ブログ『今日も笑顔でボチボチです!』

「肯定脳」と「ボチボチ力」で、子どもたちと共に「ああ有情!の世界」を創りあげよう!!!

全体表示

[ リスト ]

「年の瀬妄想」

「年の瀬妄想」
 
「コニヤン、今年一年をふりかえってみて
どうだったですかあ?」
「そうやねぇ、今年はね、自分の弱さを例年以上に出すことによってそういう自分でも大丈夫だということがわかった年みたいな感触やね。」
「それって、すごく大切なことやね。コニヤンの年齢になると、
逆に弱さなんて出せなくなってくるんじゃないの。
なんかいつも『鎧』を前面に出していたりしていて・・・みたいな。」
「まあ、自分はもともと弱い人間なのに、今まで強がって生きてきたからね。けっこう疲れたんだよ。でも、昨年肯定脳に出合ってからやね。今の考え方に到達できたのは・・・。肯定脳はいいよ。」
「コニヤンを見ていたらそんな感じがする。」
「オレねぇ、先日の脳ドックの医者の説得力に感服したのよね。」
「というと・・・」
「つまりね、脳ドックの医者として、スキャンの画像を見せてね、
こういう危険が予測される。で、生活習慣病に気をつけなさいねと言われてもそんなに人の気持ちというのは動かないのだよね。またかみたいな感じ。
でもね、あなたと同じ条件で、タバコや酒を飲んでいてね、10年後には脳梗塞になったり、脳血栓になった他の方の映像をたちどころに見せてね、説明する。それは、インパクトあるよ。
だから、タバコや酒はやめなさいと。
さらに、まだあるんだよ。
それは、医者自身が脳のスキャンを見たことがなかったけど、初めて見たら、あなたと同じ映像であって、今年の6月にその医者自身が酒をやめたという体験談。
すごいよね。
こうした三段論法でこられるとね、人の気持ちは動くんだよ。
人は理屈では動かないんだよ。
感情で動くんだよね。これはほんとうよ。
しかも感情にたたみかけるように言うわけよ。
私はすごく勉強になった。熱く語るだけではなくて、膨大なデーターとともに、将来的なことを予測した生活習慣病に気をつけること、そして、自分の体験もそれに加える。
これは、私たちの仕事にも共通するような論法なのよね。」
「そうなんだ。人間ドックでは、確かに命に切迫するようなことのない限り、みんなよそごとだもんね。そんな医者は少ないよね。」
「だからね、教育の仕事でも同じことで、ある程度のデーターと共に、人間としての理解、人間としての生き方がそれに加わらないとね、子どもや保護者の心は動かせないということなのよね。
そのことを今回特に痛感したわけよ。」
「うーんわかる気がするなあ。人は理屈では動かない。
感情で動くというのは名言ですよね。」
「これはね、職場でもそうだよね。社会でもそうだよ。
経済や、国だってひょっとしたらそうなのかもしれないよ。」
「いやあ、いいことを聞きました。
それで来年度の展望なんかを・・・」
「来年は生まれて初めて私の今までの文章を編集してもらって一冊の本にしてもらえるというとっても光栄なことがありそうなわけよ。また新しい世界が広がりそうな気持ちがしているよ。」
「それは楽しみですね。朝からコニヤンと対談できてうれしかったです。それでは、いいお年を。」
「ありがとう。また来年もよろしくね。」
                        ああ有情。
             (文責:コニヤン/2010.12.31早朝・記)
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事