きらきら星★

ご訪問ありがとうございます。足跡残して頂けるとうれしいです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の人生を描く。クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、32もの不朽の名曲が主としてフレディの歌声で甦り、心臓に鳥肌がたつほどの感動を呼び起こす。 



いつも、若者向けの映画ばかり借りて来る父ですが。。。

今回は、観たいと思ってたDVD

今更ですが「ボヘミアン・ラプソディ」


クイーンについては、リアルタイムで聴いてました。

だから、代表的な曲は知ってるし、好きな曲もたくさんあるけど

ライブは、映像でしか観たことありません。

生のライブ、観たかったなぁと改めて思いました


この作品は、無名のボーカリストのサクセスストーリーだと思うのですが、

フレディの心の闇と言うか、孤独が切なかった



この作品観て、改めて思ったのは・・・

どんなに有名なバンドにも、アマチュア時代があって

有名になるまでには、数々の試練があるんだなと。

なんだか途中、イエローモンキーみたいだなと思ってしまった


私自身、20〜30代アマチュアバンドにハマってて

博多って、アマチュアバンドの宝庫だったんですよ

バンドやってる友達の、練習観にスタジオ行ったり、

ライブが終わるたびに、打ち上げと称して騒いだり

規模は全然違うけど、そんな青春時代を思い出しました(笑)




フレディは、若くして伝説となってしまったけど、

一度は失いかけたバンドと言う家族の元に戻れて

最後は、愛する人と穏やかに過ごせたようだし

決して、可哀想な人ではなかったと思います。

生きた時間は短くても、濃い人生。

なによりも、永遠に歌い継がれる歌がある。


ポスターのキャッチコピーにも書いてあるけど。。。

この映画は、最後の21分のライブの為に作られたのかなと

フレディは凄いけど、メンバーも素晴らしい

クイーンの楽曲は、こんなに素晴らしいんだ。

クイーンのライブは、こんなに凄かったんだ。

音楽って、バンドって、素晴らしい

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事