モッシュのオジサン日和

諸行無常。諸法無我。涅槃寂静。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

このあたりでちょっと一休み。
先週 行ったフランス料理のレストランの紹介です。

先週の昼に、六本木ミッドタウンからほど近い「ブーケ・ド・フランス」というフランス料理のレストランへ行ってきました。しばらく気になっていたのですが、やっと行くことが出来ました!叙々苑の脇の道を入って歩き、セブンイレブンの目の前のビルの2階です。
店内はビストロのような雰囲気で、堅苦しさは全く感じさせない空間。シェフが豚肉料理を得意とするところから、店内のいたるところに可愛らしい(!?)豚の置物があります。
サーヴィスは ここのシェフの奥様であるマダムが一人で切り盛りしている様子。一人ということで忙しそうではありますが、グラスのワインの説明など 丁寧に対応して頂きました。なんといってもマダムの凄い迫力に圧倒されます!!・・・なにしろマダム、髪は床屋で散髪するのだとか(!)。

料理は2625円のコースから。基本的にはプリフィックスで選べます。物によっては幾つかプラス料金がかかるものも。
私は前菜に 南仏野菜をプレスしたテリーヌ タップナードソースを。
連れは 桜マスのマリネをオーダー。

テリーヌは一口食べて素直に「美味しい!」と言える味です。非常に丁寧な仕事が感じられるものでした。しっかりとそれぞれの野菜の味がするのですが 上手くまとまっています。桜マスは非常にシンプルに作られていて 桜マスの素材の味を楽しませてくれる ぎりぎりの味加減です。

メインディッシュは 私は迷わず アンドゥイエット!♪♪♪( ̄〜 ̄)♪♪♪(写真参照)
連れは豚挽き肉のハンバーグ(ホントにシンプルなハンバーグ、とのこと)を。

アンドゥイエットは非常に美味しく頂きました! 日本人向けに味も量も少し食べやすくしてあるのかな。青山にあるビストロ「ローブリュー」(ここもひたすら豚三昧が可能なお店。モッシュの豚好き心をくすぐります。)のアンドゥイエットは量も倍で味もそのまんま!という印象でした。好き嫌いが分かれるところでしょうが、モッシュはどちらも美味しいと思います。

デザートはルバーブのコンポートを敷いたスフレグラスを頂きました。これもシンプルに美味しい!スフレグラスの爽やかな甘さがルバーブの個性と丁度良いバランスです。連れはこれまたシンプルなキャラメルプリン。クラシックでストレートなプリン。かなりの大きさでどーんと出てきます!

因みに コースには昼間からアミューズ・プティフールが付きます。お手ごろなグラスのワインも 常時4〜5種類は用意されているようです!インドの白ワインを、マダムが熱心にお勧めするので 「じゃあそれを・・・。」と言うと、「アンドゥイエットには合わない!」と マダム。だったら熱心に勧めないでくれ〜〜(笑)。
そんな お店です。 久し振りに、食べた料理の全てが 素直に「美味しい」と思えるレストランに出会いました。モッシュより「ランブイエ」の次に(笑)是非お勧めします。
「Bouquet de France」 03−3497−1488(六本木ミッドタウン近く)

今日は この後ディナーで白金高輪の四の橋付近にある「ラビラント」を再訪する予定です。
「ラビラント」は、モッシュにしては珍しく何回か訪れているお店で、今回で5回目になります。
肩肘張らずリラックス出来る 暖かな雰囲気のフランス料理店です。

それではまた♪

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事