ここから本文です
トイカーズファクトリー 加工系カスタムカー屋ブログ
FCRヴィヴィオからダッチラムバンまでALL OK? 090-3535-3865 akashi

書庫全体表示



昨日の続き


キャブレター車にECUを搭載するメリット


データー表示編

イメージ 1


ECUの設定値を触るのにPCを繋ぐけれど

データー表示をそのままタブレットに表示させて

追加メーターとしての仕事をして貰います。


ダイヤルメーター(丸メーター)

バーメーター デジタル表示

電動ファン等のON/OFF表示

必要な情報を好きなサイズ好きな表示方法で

カスタマイズできますョ〜


イメージ 2

試運転から帰ってきた状態

右端タコメーター 871回転


1000回転の設定に対して少しストロール気味なので
進角させて 26.5辺りを右上のアイドリング制御表示が
示しています。
(通常は22度あたり )

水温81度

油圧0.92

油温88度

油温が高いだけでなく油圧センサーを
オイルポンプからかなり距離が有る処に付けている
関係上実際より油圧は低く表示ですが、

油圧が1K以下なので赤表示

水温の上の緑色は電動ファンONの表示デス。

試運転をするあたり必要なの情報を
何となくレイアウトしただけの状態


恐らく好き嫌いが分かれる部分だけれど

圧倒的な自由度の高さが大きな利点デス。


タブレットを使うというのは

あくまで一つの方法なので

警告灯のみをアクセサリ出力で動かして

警告が出た時にPCを繋いで確認するなんて方法も可能デス。



ECU搭載することにより

自由度がとにかく上がる感じ。

作り込み方次第では

全くECUを搭載していることが判らないような

仕様も可能なのダ!





つづく

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事