ここから本文です
ベランダ菜園とWindows用アプリ作成とExcel用アプリ(アドイン)作成

書庫全体表示

記事検索
検索
2019/4/16、山芋と山芋のむかご発芽
イメージ 1
3週間前に透明マルチに張り替えたところから

イメージ 4
マルチをめくって確かめたら発芽していた
上がむかごで下が山芋


去年秋に植えた時の様子
イメージ 3
合計6個をこの位置で植えた
上の3つがツルについていた山芋のむかご
下3つは土の中から掘り出した小さな山芋
見た目はそっくりな芋とむかごで違いが出るのか気になってこうなった

今日2019/04/21
イメージ 2
もう一つ山芋から発芽していた
いまのところ芋と、むかごの違いはない感じ

むかご2年目
イメージ 5
この5日後の
今日、2019/04/21
イメージ 6
先端から芽が出てきた、これがツルになるのかなあ

数年植えっぱなしの山芋から
イメージ 7
ツルが伸びていた

イメージ 8
20センチも伸びていたけど、今日まで全く気づかなかった
大きな芋からの発芽はつるが伸びてから葉っぱが開く

大きめの山芋を2つ埋めたところ
イメージ 9

イメージ 10
1つは先端が地上に出る形で植えたもの
先端から芽が出てきた感じ

イメージ 11
もう一つは完全に土に埋めたんだけど
この中央に写っている黒いのがその芽かも

イメージ 12
去年こぼれ落ちたむかごや
取り残した小さな芋からも10こくらい発芽していた

イメージ 13
先々週からピンボケ写真が増えたのは
携帯電話のカメラのピント調節がうまく動かないため
ピント調節って物理的な動作なのかしら

2年目山芋むかご
イメージ 14
ここには6個植えたはず
雑草が邪魔で見えない

イメージ 15
1時間位かかった

イメージ 16
完全に埋めたものから1つ発芽していた

イメージ 17
先端を地上に出したものは膨らむ程度なので
山芋の植え付けは完全に土に埋めたほうがいいのかも
山芋のむかごも地表に出ているものからはまだ発芽していないけど
地中からは発芽しているから、こちらも埋めたほうがいいのかも?

放置プランター
イメージ 18
ここも3年くらい毎年山芋が生えてくる

イメージ 19
今年も生えてきた


スイートバジル
イメージ 20
なかなか大きくならない

トマト(レッドオーレ)
イメージ 25
こちらもなかなか大きくならない
雑草は取っても取っても生えてくる

いちごの摘蕾
イメージ 21
花が付きすぎなので、少し取り除いて

イメージ 22
10個位に減らした

イメージ 23
取り除いた蕾


イメージ 24
大きくなってきた

にんにく(遠州極早生)
イメージ 26
イメージ 27
にんにくの芽は4〜5本残して取り除く予定だったけど
こんなに曲がるまで伸びてしまった

イメージ 28
食べるには硬いかも

マツバウンランとオオマツバウンラン
イメージ 30
これだけたくさん咲いていると少し匂いがする
去年のは臭かったけど今年のは少しいい匂いも混じっているような
でもやっぱり臭いかなあ
リナリアやいちごの花はいい匂いだから
そのへんも雑草との分かれ目なのかも

ここ1ヶ月の気温
イメージ 29
今年の4月は過去6年で一番寒い
2015年からは暑い寒いが交互に来ている
奇数は寒くて偶数の年は暑い




関連記事
次、2019/04/28
3週間目のにんにくの芽、食べたら硬かった、山芋のつる伸びる、昨日の強風 ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15943743.html


先週は2019/4/13
種から2年目のいちごも開花 ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15931352.html

去年の同じ時期
山芋のむかご発芽、オオマツバウンラン嗅いだら臭かった、他にんにく、いちご、トマトの様子 ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15471884.html
山芋のツルは90センチだった


去年秋
にんにく発芽、むかご山芋疑惑で植え付け、いちご移植 ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15730282.html
山芋のむかごを植えたとき

去年秋
今年3月に植えた山芋むかごを収穫とそれまでの様子 ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15722640.html
山芋のむかご1年目を植えたとき

去年秋
ブログ映えする山芋の収穫と、それを調理して食べてみた ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15724091.html




トマト(レッドオーレ)
イメージ 1
この日の前日の雨で先週発芽した株は折れてしまい
萎れていたのが

イメージ 2
今日には完全に消滅して、元の1株になってしまった


イメージ 3
別のポットのこの株と合わせて、今年は2株になりそう
7個のうち発芽したのは3個で、生き残ったのが2株


にんにく(遠州極早生)
イメージ 4
右プランターからもにんにくの芽が出てきた

イメージ 5
今日2019/04/13の様子

イメージ 6
にんにくの芽も伸びて丸まってきた左プランター

イメージ 7
右プランター
今年のにんにくはいまいちかなあ

イメージ 11
地上部では葉っぱが小さい、茎が細い

鉢植えむかご
イメージ 8
むかご1年目ではにんにくの芽は出てこない

イメージ 9
一番小さい株の背丈は6〜7センチ
土の中にできているにんにくも小さいだろうなあ

プランターむかご
イメージ 10
一番小さいのでも15センチを超えている



いちご
イメージ 12
中央から左の4株は種からの2年目
右側はランナーからの1年目

イメージ 13
種からの2年目、この調子だと実りそう

花芽に群がるアブラムシとアルゼンチンアリ
イメージ 14
種からの2年目の株に集中していて
ランナーからの株は少なめ

イメージ 16
種からの1年目


イメージ 15
ランナーからの1年目


イメージ 17
ここは全部ランナーからの株

イメージ 18
葉っぱも花も、いつもの年より小さいし数も少ない

枯らしてしまったと思っていた鉢
イメージ 19
左の2つは本当に枯れてしまったみたい
右端のは生きていたけど花芽は出ず
青い鉢のは種からの2年目はなんとか開花

イメージ 20
これもなんとか復活して開花したけどギリギリな感じ


オオマツバウンラン
イメージ 21
除草しないとこんなになる

茎が扁平なマツバウンラン
イメージ 22
原因はなんだろう

もう1本
イメージ 23
先端の形がトマト黄化葉巻病に似ていてキモい


山芋
イメージ 24
土から出る状態で植えたもの
先端が膨らんできたような気もするけど
この日から6日後の今日でも変化なかった
全部土に埋めた状態のもあるけどまだ発芽しない
去年の今頃は芽が伸びてきていたんだけどねえ

ここ1ヶ月の気温
イメージ 25
イメージ 26
今年は2番めに寒い
とくに3月中旬からの気温の上がり方が鈍い
逆にこの時期の去年は一番暖かかったみたい


関連記事
次回は1週間後、2019/04/21
山芋と山芋のむかご発芽、いちごの摘蕾 ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15938145.html


前回2019/04/6は一週間前
いちご開花、にんにくの芽でてきた ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15924922.html


同じ時期の去年は2018/04/8
にんにくの芽収穫、今年はマツバウンランが少ない ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15451067.html
にんにくの様子がぜんぜん違う、山芋も発芽していた




イメージ 1
シェフの気まぐれ極座標バブルチャート風画像の色相分布図
できた
なまえがわからん
値に応じて●の大きさと位置を変えているからバブルチャートはあっていると思う

前回は扇形だった
イメージ 2
値の大きさを円の中心からの距離(半経)にして扇形のグラフにしていた
円の面積はパイ*半径^2、扇形も多分同じなせいか
値が2倍になると面積が4倍に、値が10倍なら面積は100倍とかになって
値と見た目が極端な差になっていた
今回の●は値の大きさを面積に合わせるようにしてみた

同じ値を表示した場合
イメージ 3
扇形だと殆ど目立たないものが値ぶん表示されるようになった
扇形も面積で表示すればいいのかも

イメージ 4
色相12分割

イメージ 5
360分割


●の大きさを変更
ここまでは
一番大きな●を色相円の0.1倍で表示
一番小さな●を色相円の0.0001倍で表示
これを一桁増やして小さくしてみると

イメージ 6
これもいいねえ
中心が空きすぎている気がするので
もう少し中心から表示するように調整してみたら

イメージ 7
かっこよさだとさっきのほうがいい気がする

イメージ 8
黒ビニールが空の青を反射してるみたいで青が多い
白や黒の無彩色もカウントして表示するのもいいかなあ

イメージ 9
黄色のなかでもある黄色が突出している
何色か気になるから●にマウスオーバーで表示できればいいかも

イメージ 10
コードのスクリーンショット画像
ピンクと緑を中心に左右対称な感じ


白い皿にスイートバジルの葉っぱの写真
イメージ 13
紫が多いらしいけど見当たらない

偽サーモグラフ
イメージ 14
白い皿の左部分が紫の様子

イメージ 15
RGB(254,252,255)は、見た目ほぼ白なんだけど色相は280
こういうのはしきい値を設定して白に判定したら面白いかも

イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18

イメージ 19
おもしろい


デザイン画面、MainWindow.xaml
イメージ 11
前回の扇形のときと同じ

MainWindow.xaml.cs

using System;
using System.Linq;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Shapes;
using MyHSV;//hsv.dllを参照に追加する必要がある


namespace _20190408_色相円の_グラフ
{
public partial class MainWindow : Window
{

const double MyRadius = 200.0;//色相画像半径
Point MyCenter = new Point(MyRadius, MyRadius);//色相画像中心座標
byte[] MyPixels;//画像のPixelの色情報、BitmapSourceのCopyPixelsより
double[] MyHuesList;//全ピクセルの色相の配列
int DivideCount = 120;//色相分割数

public MainWindow()
{
InitializeComponent();

this.AllowDrop = true;
Drop += MainWindow_Drop;

MyGrid.Children.Add(MakeAuxLine(MyCenter));
MyHueImage.Source = MakeHueBitmap((int)(MyRadius * 2));
MyHueImage.Clip = new RectangleGeometry(new Rect(0, 0, 0, 0));


}

#region イベント
private void RadioButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
if (MyPixels == null) { return; }
RadioButton rb = sender as RadioButton;
int divCount = int.Parse((string)rb.Content);
DivideCount = divCount;
MyHueImage.Clip = MakeClipEllipse(HuePixelCount(MyHuesList, divCount));
}

private void MainWindow_Drop(object sender, DragEventArgs e)
{
if (e.Data.GetDataPresent(DataFormats.FileDrop) == false) { return; }
string[] filePath = (string[])e.Data.GetData(DataFormats.FileDrop);
(byte[] pixels, BitmapSource bitmap) = MakeBitmapSourceAndByteArray(filePath[0], PixelFormats.Bgra32, 96, 96);

if (bitmap == null)
{
MessageBox.Show("画像ファイルじゃないみたい");
}
else
{
MyPixels = pixels;
MyHuesList = GetHueList(pixels);
var neko = HuePixelCount(MyHuesList, DivideCount);
MyHueImage.Clip = MakeClipEllipse(neko);
MyImage.Source = bitmap;
}
}
#endregion


/// <summary>
/// EllipseGeometryのクリップ作成
/// </summary>
/// <param name="hues">色相範囲ごとのピクセル数カウントした配列</param>
/// <returns></returns>
private Geometry MakeClipEllipse(int[] hues)
{
double max = hues.Max();
//無彩色画像はmaxが0になっているはず、なので0(クリップなし)を返して終わり
if (max == 0) { return new RectangleGeometry(new Rect(0, 0, 0, 0)); }

Point center = new Point(MyRadius, MyRadius);
double divDeg = 360.0 / hues.Length;//  1分割あたりの角度
   
var clip = new PathGeometry();
clip.FillRule = FillRule.Nonzero;
//●の位置、中心から0.5〜0.75の位置に配置
double minDistance = MyRadius * 0.5;
double diffDistance = MyRadius * 0.75 - minDistance;
//●の面積、色相円の0.01〜0.00001倍
double maxArea = (Math.PI * MyRadius * MyRadius) * 0.01;
double minArea = (Math.PI * MyRadius * MyRadius) * 0.00001;
double diffArea = maxArea - minArea;

//色相カウント数から●作成
//配列のIndexが色相
for (int i = 0; i < hues.Length; i++)
{
//面積から半径を求める
//面積=   パイ*半径^2
//パイ*半径^2=  面積
//半径^2= 面積/パイ
//半径=   √(面積/パイ)

//●の面積と、その半径
double area = minArea + (diffArea * hues[i] / max);
double radius = Math.Sqrt(area / Math.PI);
//色相円中心からの距離、値が大きいほど遠くへ
var distance = minDistance + (diffDistance * hues[i] / max);
var degrees = i * divDeg;//●表示の角度
Point clipCenter = MakePoint(degrees, center, distance);
clip.AddGeometry(new EllipseGeometry(clipCenter, radius, radius));
}
return clip;
}


//補助線表示用のPath作成
private Path MakeAuxLine(Point center)
{

var pg = new PathGeometry();
pg.AddGeometry(new EllipseGeometry(center, center.X, center.Y));
pg.AddGeometry(new EllipseGeometry(center, center.X * 3.0 / 4.0, center.Y * 3.0 / 4.0));
pg.AddGeometry(new EllipseGeometry(center, center.X / 2.0, center.Y / 2.0));
pg.AddGeometry(new EllipseGeometry(center, center.X / 4.0, center.Y / 4.0));
var p = new Path();
p.Stroke = Brushes.LightGray;
p.StrokeThickness = 1.0;
p.Opacity = 0.4;
p.Data = pg;

return p;
}



#region PathGeometry




/// <summary>
/// 距離と角度からその座標を返す
/// </summary>
/// <param name="degrees">360以上は359.99になる</param>
/// <param name="center">中心点</param>
/// <param name="distance">中心点からの距離</param>
/// <returns></returns>
private Point MakePoint(double degrees, Point center, double distance)
{
if (degrees >= 360) { degrees = 359.99; }
var rad = Radian(degrees);
var cos = Math.Cos(rad);
var sin = Math.Sin(rad);
var x = center.X + cos * distance;
var y = center.Y + sin * distance;
return new Point(x, y);
}

private double Radian(double degree)
{
return Math.PI / 180.0 * degree;
}

#endregion

#region 色相環
/// <summary>
/// pixelsFormats.Rgb24の色相環作成用のBitmap作成
/// 右が赤、時計回り
/// </summary>
/// <param name="size"></param>
/// <returns></returns>
private BitmapSource MakeHueBitmap(int size)
{
var wb = new WriteableBitmap(size, size, 96, 96, PixelFormats.Rgb24, null);
//色情報用のバイト配列作成
int stride = wb.BackBufferStride;//横一列のバイト数、24bit = 8byteに横ピクセル数をかけた値
byte[] pixels = new byte[size * stride * 8];//*8はbyteをbitにするから

//100x100のとき中心は50,50
//ピクセル位置と画像の中心との差
double xDiff = size / 2.0;
double yDiff = size / 2.0;
int p = 0;//今のピクセル位置の配列での位置
for (int y = 0; y < size; y++)//y座標
{
for (int x = 0; x < size; x++)//x座標
{
//今の位置の角度を取得、これが色相になる
double radian = Math.Atan2(y - yDiff, x - xDiff);
double kakudo = Degrees(radian);
//色相をColorに変換
Color c = HSV.HSV2Color(kakudo, 1.0, 1.0);
//バイト配列に色情報を書き込み
p = y * stride + x * 3;
pixels[p] = c.R;
pixels[p + 1] = c.G;
pixels[p + 2] = c.B;
}
}
//バイト配列をBitmapに書き込み
wb.WritePixels(new Int32Rect(0, 0, size, size), pixels, stride, 0);
return wb;
}


//ラジアンを0〜360の角度に変換
public double Degrees(double radian)
{
double deg = radian / Math.PI * 180;
if (deg < 0) deg += 360;
return deg;
}
#endregion


#region 画像系


//hueのリスト作成
private double[] GetHueList(byte[] pixels)
{
double[] hueList = new double[pixels.Length / 4];
int count = 0;
for (int i = 0; i < pixels.Length; i += 4)
{
//ピクセルの色相取得
hueList[count] = HSV.Color2HSV(pixels[i + 2], pixels[i + 1], pixels[i]).Hue;
count++;
//if (hue == 360.0) { continue; }//色相360は無彩色なのでパス
}
return hueList;
}

/// <summary>
/// GethueListから作成した色相の配列から色相の分割範囲ごとの数をカウント、
/// 分割数divCountが4なら、360/4=90度毎、範囲0(315~45)、範囲1(45~135)、範囲2(135~225)、範囲3(225~315)、
/// 配列の「Index*360/分割数」が色相になる、4分割でIndex3なら、3*360/4=270、Index3の要素は色相270の範囲のもの
/// <param name="hueList">色相の配列</param>
/// <param name="divCount">分割数</param>
/// <returns></returns>
private int[] HuePixelCount(double[] hueList, int divCount)
{
int[] table = new int[divCount];
double div = 360.0 / divCount;
double divdiv = div / 2.0;
for (int i = 0; i < hueList.Length; i++)
{
//ピクセルの色相取得
double hue = hueList[i];
if (hue == 360.0) { continue; }//色相360は無彩色なのでパス

//色相の範囲ごとにカウント
hue = Math.Floor((hue + divdiv) / div);
hue = (hue >= divCount) ? 0 : hue;
table[(int)hue]++;
}
return table;
}



/// <summary>
/// 画像ファイルからbitmapと、そのbyte配列を取得、ピクセルフォーマットを指定したものに変換
/// </summary>
/// <param name="filePath">画像ファイルのフルパス</param>
/// <param name="pixelFormat">PixelFormatsを指定</param>
/// <param name="dpiX">96が基本、指定なしなら元画像と同じにする</param>
/// <param name="dpiY">96が基本、指定なしなら元画像と同じにする</param>
/// <returns></returns>
private (byte[] array, BitmapSource source) MakeBitmapSourceAndByteArray(string filePath, PixelFormat pixelFormat, double dpiX = 0, double dpiY = 0)
{
byte[] pixels = null;
BitmapSource source = null;
try
{
using (System.IO.FileStream fs = new System.IO.FileStream(filePath, System.IO.FileMode.Open, System.IO.FileAccess.Read))
{
var bf = BitmapFrame.Create(fs);

var convertedBitmap = new FormatConvertedBitmap(bf, pixelFormat, null, 0);
int w = convertedBitmap.PixelWidth;
int h = convertedBitmap.PixelHeight;
int stride = (w * pixelFormat.BitsPerPixel + 7) / 8;
pixels = new byte[h * stride];
convertedBitmap.CopyPixels(pixels, stride, 0);
//dpi指定がなければ元の画像と同じdpiにする
if (dpiX == 0) { dpiX = bf.DpiX; }
if (dpiY == 0) { dpiY = bf.DpiY; }
//dpiを指定してBitmapSource作成
source = BitmapSource.Create(
w, h, dpiX, dpiY,
convertedBitmap.Format,
convertedBitmap.Palette, pixels, stride);
};
}
catch (Exception)
{
}
return (pixels, source);
}
#endregion

}
}


扇形のときとほとんど同じ
private Geometry MakeClip(int[] hues)
private Geometry MakeClipEllipse(int[] hues)
に変わっただけ
HSV.dllを参照に追加する必要があるのも同じ


イメージ 12
87〜90行目で●の位置とサイズの下限、上限指定




ギットハブ
アプリ


関連記事
前回2019/4/4は4日前
画像の色相を円形ヒストグラム、扇形(パイ型)グラフで表示するアプリできた ( ソフトウェア ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15923169.html







イメージ 1
起動直後のスタート画面、ずいぶんシンプルになった
最近開いた項目には2017で開いていたものが並んでいる

イメージ 2
2017のスタート画面、こっちのほうがいいかなあ、チュートリアルはあったほうがいいと思うのは、初めて触ったVisual Studio 2010にあったものが素晴らしかったから

メモリ使用量
イメージ 3
2017が259.3MB、2019が214.9MB
2019のほうが少ないのはシンプルになったせいかしら
でもそんなに変わらない



おとといのアプリのソリューションファイルを開いてみる
イメージ 4
2019

イメージ 5
2017

このときのメモリ使用量
イメージ 6
2017が350.1MB、2019が359.2MB
ファイルを開いたら2019のほうが多くなった、けど誤差程度


タイトルバーにメニューが表示されるようになった
イメージ 7
これはいいねえ、コード画面で1行分多く使える


関数の参照数が表示される
イメージ 11
2個の参照とかがそれ、これも便利!
今まではどこからも参照されていない関数を探して削除したいとき
調べたい関数にカーソルを当ててShift+F12で地味にめんどくさかった
ラクな方法ないかと思って以前ググったときには、無償のCommunityバージョン以外ならできるとかだったけど、2019からCommunityでも使えるようになったみたいで嬉しい、どんどん便利になるねえ




イメージ 8
インストーラーを起動したところ

イメージ 9
今回インストールしたのは.NET デスクトップ開発と


イメージ 10
Python 開発、この2つだけにした
これで4.63GB
ユニバーサル〜も選択したら16GB以上になって空き容量が足りなかった


イメージ 12
インストール完了までの時間は20分弱、ボトルネックはHDD


壊れかけのHDDにインストール
イメージ 13
10年使っているPCのHDDの中では2番めに新しいものが壊れかけ
それがよりによってWindowsが入っているCドライブ
使用時間36904は/24で≒1537日

使っている中で一番古いHDD
イメージ 14
使用時間75138は/24で≒3131日は/365で8.58年!
Windows XPの頃は24時間回していたけど、Windows 8からはスリープを使うようになったから、使い始めてから10年以上かも、なのに全く異常なし


おとといの2019/04/04、いちご開花
イメージ 1
思っていたより早かった

イメージ 2
花は小さめの3センチ
いつもの年は4センチ位あった気がする

2019/04/06
イメージ 3

イメージ 4
上のプランターは種からの2年目
下は去年夏に1株植えて放置してランナーで増えた

イメージ 5
種から2年目の株、花芽は見当たらない
このプランターはアブラムシがひどくて14株あったのが8株になった

イメージ 6
この冬に水切れで枯れる寸前になっていた鉢植え、ここまで回復した

イメージ 7
これも放置プランターに1株植えておいたら増えたもの
このプランター自体が4〜5年雑草しか生えていなくて
肥料も全く入れていない、そのせいか成長が遅い

イメージ 8
ランナー1年目と種から2年目の混植
全部去年秋に別の場所から植え替えたものなので
今回の中では一番マトモな環境のプランター

イメージ 9
ランナーからの1株が開花
左の小さいのは種から2年目

イメージ 10
こんなに小さいのに花芽が出てきている

イメージ 11
これも種から2年目で花芽が出てきている
アブラムシがひどいプランターから移植してきたこちらは
花芽が出るまで成長したけど
移植しなかった株は花芽が出ていない


にんにくの芽だった
イメージ 12
左が去年9/23に植え付け、右は10/14
にんにくの芽がでているのは左だけ

イメージ 13
イメージ 14
にんにく年表

植え付けのときに殻をつけたままと、取り除いたものでは
発芽までの日数は違ったけど、全体から見ると誤差の範囲、にんにくの芽が出る時期は変わらない感じ

にんにくの芽が出る時期は、植え付けの時期よりその年の気温の影響が大きい
2017年の植え付けは最も遅い11/6にもかかわらず、にんにくの芽が出たのは一番早い3/26
植え付けからにんにくの芽までの日数だと
2017年が140日
2018年が189日

イメージ 15
イメージ 16
にんにくの芽が出てきた左プランター

イメージ 17
右プランターはまだ出てきていない
葉っぱの枚数も左に比べると1枚くらい少ない
それでも例年より1〜2まい多い

ネギ
イメージ 22
ねぎぼうずが出てきてた

雑草の寄せ植え
イメージ 23
オオマツバウンランとマツバウンランが満開


スイートバジル
イメージ 18
一週間前と変わらず

トマト(レッドオーレ)
イメージ 19
先週1つ発芽に続いて2個発芽した

中央
イメージ 20
一週間前発芽したのと今日発芽したの、大きさが変わらない

イメージ 21
ここは3つまいたところ、1つ発芽した
種まきしたのは3/2だから1ヶ月以上経っての発芽




関連記事
2019/3/31は先週
トマト29日目で発芽、にんにくの芽かも、マツバウンランとオオマツバウンラン ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15919177.html

2019/04/13は1週間後
種から2年目のいちごも開花 ( ガーデニング ) - 午後わてんのブログ - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/gogowaten/15931352.html


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事