蕎麦屋のひとりごと

松本の小さな蕎麦屋のオヤジが、気ままに綴ります。

全体表示

[ リスト ]

昨日放送された「みんなの家庭の医学」で、
日本人が生涯でがんを発症する確立は2人に1人だという。
往年の名アナウンサー押坂忍さん夫妻のケースを放映していた。
「がん」と医師から宣告され、夫婦2人で抱き合って泣いていた。
その後ずいぶん悩んだり、葛藤があったらしい。

私の場合。
全然泣いたり落ち込んだりしなかった。
押坂さんの手術は2時間くらい。
私の手術は5時間以上かかったらしい。
にもかかわらずである。

私が「能天気」だと言うこともあるのかもしれないが、
私の場合5年後の生存率が50パーセントで、
フィフティー・フィフティー(浅田真央風に言うとハーフ・ハーフ)なのだ。
その確率を高めるために抗がん剤治療をしているのだし、
現状は副作用で辛い事もあるのだが、自分の死に対する恐怖など微塵も無い。
死ぬなんて未知のこと、考えても仕方ないじゃないか。
逆に今、生きていられる事の幸せを以前に増して感じている。
私に落ち込んでいる暇など無い。人生、楽しくて仕方がない♪
お金が無くたって、体力が落ちたって、「生きてるだけで丸もうけ」なのだ。

昨日もちゃんと蕎麦が打てたし、お客様に「美味しかった」と喜んで頂けた。
ジムで泳げた。一応、全身異常なく動いた。
泳ぐスピードはかなり落ちたけど。
久しぶりにギターを引っぱり出して弾いている。
Fのコードが辛い。人差し指のセーハが不完全なのだ(>_<)
今日は「ボタニカルアート」を教わりに行ってくる。
自分の描く花の絵は小学生並みなのだが・・・・・
飲食店組合の役員会があった。
そうだ、そんなこともやっているんだ。
いろいろとやる事があって、あ〜忙しい!!

あ、サッカーでブラジルのネイマール選手が骨折して準決勝に出られなくなってしまった。
そのせいか、ドイツに負けちゃったよね。
さぞかし悔しかっただろうね。
まったく何時、何が起こるか見当も付かない。
今日は何が待ち受けているのか。楽しみだ・・・・・(笑)

閉じる コメント(1)

goroもそうなると思います。
最大の努力をして、充実した日々を送っていれば、死なんて考える暇がないですよね。
癌が呆れて逃げて行くと良いですね。

2014/7/10(木) 午前 4:00 [ 麺 五郎 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事