御隠居新さん金さん婿殿のブログ其の壱

Yahoo!ブログシステム変更によりこちらに移動

全体表示

[ リスト ]

>>No. 18853
>北王子さんは どうも 苦手で

「北王子(きたおうじ)」さんではなくて「北大路(きたおおじ)」さんでしょう。
「大岡越前(おおおかえちぜん)」を「おうおか」だと思っている人が誤変換して「王岡」になったりしませんか?
「遠山(とおやま)の金さん」も「とうやま」と勘違いしてる人が「東山」「塔山」「藤山」などという字を出して平気で確定していたりしませんか?
東山(ひがしやま)紀之は「越前」と「金さん」の両方と縁がありますが。
「とおりゃんせ」も「とうりゃんせ」と勘違いしている人がいるかも知れません。
「大江戸」は「おおえど」ですね。「おうえど」ではありません。
「官兵衛」は「かんべえ」ですね。「かんべい」ではありません。

>>No. 18864
>地上波に関して言えば、最近は民放でも時代劇の再放送が少なくなってしまいましたね。テレ朝でも午前中の「暴れん坊将軍」や「八丁堀の七人」を再放送していた枠がなくなってしまいましたし……。

お江戸のテレ朝ではスクランブルが10時半からになって、昼前の時代劇の再放送枠がなくなりましたね。
あの枠は北朝鮮のミサイル発射や猪瀬前都知事の辞意表明などで緊急報道番組に切り替えられたことがあり、それなら初めから情報番組にすればいいでしょう。
しかも録画で見る人が多数であれば、有料のチャンネルに回すか、DVDを売る方がテレビ局にとってはゼニになるのでしょう。

こうなったら「暴れん坊将軍」の第8〜9〜10〜11部や、「八丁堀の七人」のDVDを発売またはレンタルしてほしい気がします。

>>No. 18868
トリビアの泉によると大岡越前と遠山金四郎はそちらのヂ病に悩んでいたらしいので、奇遇ですね。

16年大河は“三谷戦国”主役候補に役所広司、佐藤浩市ら ― スポニチ Sponichi Annex 芸能 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/07/kiji/K20140507008110390.html

毎年、年末年始になると頭を戦国から幕末へ、幕末から戦国へ切り替えるのが慣例になった大河ファンもいるのではないか。
朝ドラでは冒険も王道も受けたが、大河では冒険が拒絶され王道が飽きられるマンネリ時代劇の末期症状が出ているような気がする。この違いは何だ?

>>No. 18877
>あと「真田幸村」なんてどうかな?

2016年の大河は「真田丸」になるそうです。
かつて大河で近現代ものをやった時、別枠の新大型時代劇で「真田太平記」がありましたが「宮本武蔵」と同様、結局、大河で似たような話をやることになりました。次は「武蔵坊弁慶」かとも思いましたが「平清盛」が不調だったNHKは暫く源平をやらないでしょう。「義経」は面白かったんですがね。

幕末ものらしい「花燃ゆ」が放送される2015年は大坂夏の陣400周年。この年にやってほしかったという意見もネットであります。
2016年は徳川家康没後400年、徳川吉宗の享保の改革300年です。

16年大河の主人公は真田幸村「真田丸」脚本は三谷幸喜氏(スポニチアネックス) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140512-00000077-spnannex-ent

16年大河は真田幸村の真田丸 - Y!ニュース http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/sereal_tv_drama/?id=6116453
>今井 隆介 · 洛星高等学校
>どうせなら大阪夏の陣400周年の来年2015年にすればバッチリだったのに

>>No. 18867
昨日はBS朝日で夜に北大路欣也主演「子連れ狼」の再放送。
木曜と金曜の昼には北大路欣也主演「名奉行!大岡越前」と藤田まこと主演「新必殺仕事人」も再放送。
http://www.bs-asahi.co.jp/bangumi/#this
東京のテレ朝は「スクランブル」を午前10時半スタートにして、時代劇の再放送を衛星放送に回した模様。
TBSも地上波では「Nスタ」を夕方4時台からにして、BS-TBSで「水戸黄門」「江戸を斬る」「怒れ!求馬」などの再放送をしている。
BS日テレは「長七郎」、BSフジは「鬼平」の再放送をしている。
http://www.bs4.jp/drama/choshichiro/
BSジャパンでは「大江戸捜査網」の再放送もある。
http://www.bs-j.co.jp/official/ooedo/

今は「時代劇の再放送はBS」という時代だろう。
「木枯し紋次郎」もBSで再放送が始まった。

>>No. 301
2014年5月5日のホワイトラボでは相変わらずパナソニックのCMが流れていた。
撤退は誤報だったか?

相棒の再放送で「証拠の入手方法が違法なら容疑者を有罪にできない」という話が出た。刑事コロンボでも水野晴郎がそう突っ込んでいたと思う。すると水戸黄門が悪人の悪事の証拠を握る方法はもっぱら弥七やお銀による悪人の家への不法侵入と書状の窃盗だから、印籠シーンは裁判でなくただの説教だな。悪代官が本当に処罰されたか疑問。だから世直し旅が一段落するとまた各地で悪代官や悪徳商人が出現して事件が起き、ご老公は助格たちを連れて何度も旅に出る羽目になり、西山荘に身を落ち着かせる暇がなかったわけだ。

ところで2016年の大河は例によって戦国もの。明治維新の夜明けの後、戦国乱世→江戸幕府が出来たと思ったら幕末の繰り返し。
少なくとも、茨城県民が望んでいるらしい光圀伝の大河ドラマ化はリオ五輪の翌年以降にお預け。あるいはNHKは 平清盛で懲りて幕末・戦国の王道に回帰したか。
八重さんも官兵衛どのも苦戦だと大河そのものの危機だが、NHKは視聴率を気にせず、オンデマンドやレンタルDVDで見てくれる客も考えてドラマを作るべきだ。

>>No. 303
『ペテロの葬列』は宮部みゆき原作で『名もなき毒』の続編らしい。
『水戸黄門』の後枠は、今野敏原作の『ハンチョウ』か、宮部みゆき原作の『名もなき毒』のようなミステリードラマが主流となりそうだ。
『ペテロの葬列』は2014年7月開始。
2011年7月に『水戸黄門』の終了が決定して里見浩太朗が記者会見してから3年。
1時間ドラマを毎週観て、数か月かけて話を追うのがドラマの視聴なのだが、1話完結の時代劇を観て決まった時間の「印籠」や「入浴シーン」ばかりに注目する視聴者はドラマのファンではなかった。
ドラマの枠としてはマンネリ化した『水戸黄門』が存在した40年ほどの時代が異常だった。

>>No. 18897
春日太一氏が指摘したように「2007」以降の仕事人には三枚目の連絡係がいないんですよね。
かつて秋野太作と野川由美子、火野正平、鮎川いずみが演じた庶民派がいなくて、ジャニーズのイケメンだらけになっています。 和久井映見扮するお菊は真面目な女元締という感じです。
もっとも、ひかる一平扮する順之助は「IV」では、お加代さんの助手と化していました。
渡辺篤史も仕置屋・仕業人の連絡係を経て渡し人に「出世」しました。
35年ぶりに山田隆夫に再登板願いましょうかね。

                   

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事