アダルトチルドレン回復方法・判り易い解説

まずは「初めてブログを読む方へ」を読んでみてください。

アダルトチルドレン回復へのヒント

[ リスト | 詳細 ]

ACの本を読んだり、一通りブログの記事を読んだ方への記事になります。
記事検索
検索

鬱々とした人生 ケータイ投稿記事

鬱々とした人生を続ける

それは簡単な事で、今まで通り生きればいいだけです

そんな人生嫌だ!変えたい!

決意するのも簡単です。

でも、これじゃ何も変わりません
決意した次に、何をするのかを模索し実行しなければなりません

で、それをやらないと変わりません
厳しいようですけど、グズグズしてても少ししか変わりません
ゆっくり自分のペースでって自分に言い聞かせて、とてもゆっくりの方
もいます。いつしかそれが、逃げになってるとも気付かず・・・。


そんな事解ってる!ゴイスは馬鹿じゃない?

いやいや(^^)
解っていません。見ていません。

彼方は本当に独りなんだって事を

今、自分の人生を振り返ってみてください。
誰かいましたか?彼方の欲しいものを充分に与えてくれる人が

いないでしょ
彼方はACなんです。ACの親に育てられた愛に飢えた子供なんです。
彼方の周りにはいないんです
彼方が苦しんでも、泣いても、叫んでも、死を決意しても手をさしのべてくれて、
欲しい愛を沢山与えてくれる人はいなかったんです

ずっと独りだったんです
本当に独りだったんです

本当だよ誰もいないんだよ

残酷な孤独の世界で生きてきたんです
これを解ってください
感じてください
認めてください


誰もいなかったと認め解ったら、やっと絶望的な孤独から
解放されるでしょう。誰かいるかもしれないという可能性を信じ、愛を
もらおうとた。でも誰もくれなかったから、絶望的な孤独を感じていた
んです。

なら、誰もいなかったと認めましょう
誰もいないのだから、貰えないの当然です。この事を認めてしまえば、
彼方の孤独は「当たり前の孤独」へと変わるでしょう。

当たり前の孤独の世界でやっと見えてくるものがあります。それは「自分」
です。

ちっぽけで、子供なままの、小さなプライドも捨てた「自分」がいます。
こんな自分ですけど、彼方に残されたのは「自分自身」だけなんです。

絶望的な孤独の世界に生きていた時は、その自分自身を見失っていたんです。



この「自分自身」と対話してみてください
これからどうすればいいのか?
何をすればいいのか?
どういう人生を送りたいのか?
何をしたいのか?

親も彼も旦那も子供も友達も置いといて、まず自分自身と対話してください。

AC人生をやめたい
もっと楽しく生きたい
幸せを感じたい
自分のしたい事をしたい

いろんな事が出てくるでしょう

そうしたら、それを実現するには何をすればいいかが見えてきます。
もう、グズグズなんてしてられません

自分は今何をすべきか
何が出来るか

いきない過去の振り返り出来る方もいるでしょう
自助へ通う方法もあるでしょう
カウンセリングを受けてもいいよね!
でも、欝持ってる人ならそこをまず治療してからでしょう
摂食障害の人ならまずは、専門の方に見て貰い健康診断しましょう
依存症も専門の方に相談してみましょう


祈ってるだけでは何も変わりません。祈るって事は「回復したい」って
心があるからでしょう。だから、その心に正直に行動する。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

森山直太朗の歌詞から ケータイ投稿記事

森山直太朗  生きてることが辛いなら より


生きてる事がつらいなら
悲しみをとくとみるがいい
悲しみはいつか一片の
お花みたいに咲くという

そっと伸ばした両の手で
摘み取るんじゃなく守るといい





忘れたい過去、思い出しくない過去、消したい過去
いろいろあると思いますが、どうあがいても過去は消えません
もはや彼方の一部となっているんです

そこを無理矢理無かった事にすると、心に穴が空いた様になるん
じゃないかな〜ってゴイスは感じています

森山さんは語ってますよね

摘み取るんじゃなくて守るといいって


ACの回復では過去の振り返りがキーになりますが、まさに嫌な過去を
守る為に行うんだと思いますよ

自分自身で守る

彼方が守る

癒す

どうやって守るの?

それは対話する事です。その時の彼方と。

どういう態度で?

全受容です
その時の彼方は、その時の彼方が全力で選んだ判断なんですから、その時
の彼方が悪いなんて評価はいりません。例え、誤ってしまっていてもね
その時はそれがベストだと判断したんですから、いいんです

その時の彼方を裁く必要はありません

裁いて罪を負わせる時間あったら、次どうするか、これからどうするかを
考えて方がずっと、自分に優しいと思いませんか?
そして、こんな態度が母親にあったら随分と楽に生きてこれたな〜って感じ
ませんか?

過去を消し去るってのは、いつのまにか彼方の親の様な態度を、その時の
自分に取ってしまってるって事なんだと思いますよ

彼方は彼方の親の様になりたくないんです
なら、やめましょう
それしかないんです




小さい頃の記憶がなかなか思い出せないという人がACには沢山います
それは思い出せないのでは無く、その頃のインナーチャイルドが不安で
心の中に出現しても守ってくれるかどうか、心配だからなんだと思い
ます

再びまた、当時の親の様な態度を取られたら、また傷ついてしまうから

そんな人は、まず今をどう生きるかに注目してください
もうさっきは過去です
昨日も過去です

その過去守ってますか?
あんな事をした自分を嫌っていませんか?
裁いていませんか?
反省だけを延々としてませんか?

それだけ自分に厳しいと、インナーチャイルドは安心しませんよね

理想の母親の態度ってどうだとおもいます?

失敗した事を延々と責めますか?
罰を与えますか?
そんな彼方を嫌いって言いますか?
反省だけを求めますか?

後悔しても反省しても過去は変わりません
なら、次どうしようか考えた方がいいですよね
試行錯誤です
いくら失敗したっていいんです

こんな彼方が今を生きるようになると、やがてインナーチャイルドは安心して
過去を語ってくれるようになると思いますよ

この記事に

開く コメント(0)

思う事 ケータイ投稿記事

それぞれの箱の中に収まる様に人は、それぞれの国で生きている

かなりのエネルギーがないと、その箱からは出られないから、その箱の中の幸せを感じ生きている

どの国でも共通してる幸せとは「家族」なんだろうな
金持でも貧乏でも
しかし!「ダメ家族」なら、無いほうがいいよな

「私は恋人もいないし、結婚もできなそうだから家族とは一生無縁だわ!ゴイスのバカ!私は不幸な人生送るしかないのね!」

なんて思った人もいるでしょう(^◇^)
じゃ聞きます!
一番身近な家族は誰ですか?

旦那さん?
まさか(^◇^)!恋愛なんて終わるし、友達位がちょうどいいかもよ〜

子供?
なかなか近い(^◇^)でも一番じゃないね〜


自分だよね(^◇^)
内なる自分

一番身近な家族は内なる自分
それ無視してきたから彼方は「ダメ家族」に中で今も生きている
無視するように教えたのは「親」

生きる幸せ感じるには、彼方の親が教えた事の反対をするといい(^◇^)

内なる自分に気を使い、他人は受け流す

この記事に

開く コメント(0)

自己愛 ケータイ投稿記事

最近夜は水槽の濾過フィルターに入れるスポンジを1センチ角に切る作業やってます

売ってる濾過材使ってもいいんですけど



今日は恋愛の話しをすこし(^◇^)
さっきコメントの返事書いていた時気付いた事


恋愛じゃ愛の飢えは無くせない


NHKでやってました。
恋愛なんて感情は、子育てにパートナーの協力が必要だから発達した機能みたいなもんです
それが発達したから、子孫が生き残る確率が増し、更に子孫を増やせたんでしょう


だから恋愛という愛は数年でなくなります
人間はそういう風に出来てるので仕方ないです



ACの方がが欲しい愛は、「親の愛」です
だからACの方の恋愛は「親の様な愛」を互いに要求する恋愛になります
互いに持ってない愛を要求しあうので、いずれ破綻するか、自分を誤魔化すかになるでしょう


ACじゃない方は、愛に飢えてないので恋愛にも飢えてない
そして恋愛したら、互いに愛の受け渡しが出来るので、ますます充実するのでしょう

自己愛の土台に、他人からの受け入れもあるんですから



飢えてる「親からの愛」なんて、今となっては本当の親からも貰えません
彼、彼女からも無理
友達からも
他人からも
職場の同僚からも
すれ違う人からも

しかし、自分の中にはあります

自己愛です

優しい親が子供を包むように(ACの方には想像しにくいかもしれませんが、おぼろげでも想像しましょう。ドラマや映画や本などから学びましょう)自分で自分を愛で包み込みましょう(^◇^)


具体的に言えば、自分が自分の弁護士になったり、内なる自分と対話したり、インナーチャイルドと対話したり、今の自分の心模様を深く探り見つけたり、自分の感情を否定せず自問自答したり、インナーチャイルドと遊んだり……


こうして自己愛に満ちてきたら「親の愛」にこだわらなくなります
諦めるのではなく、こだわらないんです
満ちてるから


すると
親から自由になります
AC彼から自由になります
友達から自由になります
他人から自由なります


わかりにくく表現すれば波にもまれる昆布みたいなものから、風を受け流す竹になった感じかな(^◇^)

この記事に

開く コメント(6)

一体感への誤解 ケータイ投稿記事

ゴイスです

最近考えてた事です

なんで、親や他人や恋人にしがみつくのか?


嫌な親から離れられない嫌な他人から
嫌な恋人から…

同化したいと意識してるわけじゃないけど、行動や思考が同化したいみたいじゃありませんか?


子供は乳児期に母親からの一体感に包まれて育ちます
なんせ何も世話されないと死んでしまう弱い存在ですから

しかし、一体感が不足したまま育つ子供がいます。それは彼方かもしれません。

一体感は同化じゃないのです。でも一体感が不足してるので、なんだか一体感ってのは何もかもピッタリ合う関係なんだって思い込んでしまうのかもしれません


恐らく母親との一体感を満足に得られた子供は、一体感とは同化とは違う事を学ぶのかもしれません
適度に離れた関係を


一方、一体感を満足に得られなかった子供は一体感へ幻想を持ってしまうのかもしれませんね

気が合う
意見が合う
価値観が合う
性格が合う…
なんもかんも一緒
そして得られなかった愛を求める



書いてて打つ指止まりました…
結局、愛に飢えているんですね

その愛が欲しいが為、過剰な一体感を求めるのかな…


所詮、親といえども他人。自分以外は全員他人。
他人との一体感なんて無いと思ったほうが楽かもしれませんね
時々の共感はあるけど…

一体感は「内なる自分」とですね(^◇^)
そんな一体感を持てた時、彼方は他人から自由になれると思いますよ

彼方が欲しい愛は彼方が持っています

この記事に

開く コメント(4)


.


みんなの更新記事