湯本の家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

完成写真

6月にお引渡しした湯本の家の写真集です。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
外観
 
イメージ 3
 
坪庭まで見える玄関ホール
 
イメージ 4
 
リビングルーム フローリングの中央に畳コーナーを設けました。
 
イメージ 5
 
玄関収納は、全て無垢材で造りました。
 
イメージ 6
 
和室、雪見障子のある和室です。
天井の板も全て無垢材です。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
化粧垂木が美しい軒下
お持ちの家具が加わって、息が吹き込まれた湯本の家です。
家具は、100年近く昔のものもあります。
本物は、永く大切に使われていくのがわかります。

この記事に

開く コメント(0)

温度検証

猛暑が続くいわき市ですが、そんな中 湯本の家の気温の検証に行ってきました。
 
測定時間 14時から
測定方法 放射温度ハイテスタ(測りたい場所に赤外線を照射します)
 
イメージ 1
 
外の温度が31℃
家の中30.3℃(窓は全て開けてあります)
 
まず測ったのは、天井上(屋根裏)
屋根裏には、断熱材としてセルロースファイバーを使用しています。
 
測った場所
・屋根裏板(瓦の裏側・棟直下) 47.4℃
・桁付近 45.3℃
・棟束セルロース上 42.3℃
・棟束セルロース下 31.3℃
・セルロースファイバーの温度 43.6℃
・セルロースファイバー下の合板 32.4℃
 
屋根瓦の下には、遮熱ルーフィングを貼っています。
断熱材がセルロースファイバー
充分な断熱効果を発揮していることがわかりました。
 
イメージ 2
 
次に測った場所は、床下
床下も同じくセルロースファイバーで断熱しています。
 
測った場所
・基礎コンクリート 25℃
・床下内温度 23℃前後(床下点検口を開けて測定したので、実際はもっと涼しいと思われます。
 
以上のような結果になりました。
今回使用したセルロースファイバーですが、
改めて検証してみて 断熱性能を確認できました。
 

この記事に

開く コメント(2)

お引渡し

湯本の家は、先週お引渡しを行いました。
 
約半年、通い続けたこの道も、毎日通うことはなくなります。
 
完成を喜んでいただき、鍵を工事キーから本キーに差込
 
お引渡しは完了です。
 
いつもですが、ほっとした気持ちと 寂しい思い 両方が入り混じります。
 
これから、手を加えられ本当にお施主様の家になって行きます。
 
 
翌日は、お引越しにお邪魔しました。
 
荷物が、どんどん運ばれて 想像以上の荷物に どこへ配置するか
 
悩ませていました。
 
そんな中、発見しました。
 
イメージ 1
 
これなんだか解りますか?
 
私は、はじめて見ました。
 
鰹節削りです!!
 
引き出しを開けると、小さな鰹節が入っていました。
 
さすが、改築前の家は築60年いろいろな物があります。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
 
土曜日・日曜日の見学会には、たくさんの方にお越しいただきました。
 
ありがとうございました。
 
見学会を行わせていただきました、お施主様
 
朝早くから、お花を生けていただいたりと  お心使いありがとうございます。
 
また、スタッフの皆様にも、心より感謝いたします。
 
会場にいらしていただいた皆様の声の一部です。
・木の香りが心地いい
・天然のものしか使用していないため空気がとても良い
 
本物を体感いただけましたでしょうか。
 
本当にありがとうございました。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5

この記事に

開く コメント(2)

気密測定

イメージ 2
 
昨日、湯本の家の気密測定を行いました。
 
今回はセルローズファイバーの断熱です。
 
セルローズファイバーの特徴を考えて、内側に気密シートを使いませんでした。
 
さてさて、気になる結果は???
 
イメージ 1
 
この通り、1.2という数字が出ました。
 
この家の隙間面積は、はがきよりも小さい隙間しかないということです。
 
検査された方も、セルローズでこの数字に驚いていました。
 
気密工事に関係する時は、社長が現場に張り付き、
 
自らテープを張ったり、隙間になるような部分の隙間埋めを行った結果が現れました。
 
自身を持って、お客様にお引渡しが出来ます。

この記事に

開く コメント(4)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事