食品厳選局

無知、無関心、騙され続けることも罪。 おなかすいた…。

全体表示

[ リスト ]

イメージ

国の財産、国有林を金融商品化し民間業者に売り払う「国有林管理法の改正案」国会提出 〜竹中平蔵氏加わる「未来投資会議」の提言に従って「コンセッション方式」導入
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=199485

日本の森林が丸坊主になってしまうかもしれない、そのような不安のある法案が国会に提出されています。

「森林経営管理法」の改正法案です。

元となる「森林経営管理法」は2018年5月に急ぎ成立しましたが、これは放置された森林の管理権を森林所有者から市町村が強権的に取り上げ、民間事業者に委託して、事実上、企業が伐採を含む経営を担うもので「一種の民間企業への払い下げ」と言われています。

憲法違反の疑いを指摘されつつ、すでに今年の4月1日から施行されています。

今国会に提出された改正法案はさらに踏み込んで、対象が国有林になっています。

森林ジャーナリストの田中淳夫氏は「ほとんど国有林の民間払い下げみたいなもの」と述べています。

従来は、民間に任せる経営は1年単位だったところを、改正案では上限50年という長期に渡って「樹木採取権」を与え、面積も現行数ヘクタールだったところ、年間数百ヘクタールもの伐採が可能になります。

イメージ


しかも、伐採後の再造林は「義務」ではなく「申し入れ」となっており、もしも民間業者が再造林を怠った場合は、国が負担して造林し、その後の育林も引き受ける、という尻拭い付きです

さもなければ禿げ山がどんどん増えてしまいます。

田中氏は、伐採権を企業へ付与した結果の例として、フィリピンが国土の森林の大半を失ったばかりか、企業が荒廃した森林を厄介者のように国に返したケースを紹介しています。

散々材木を売りさばき、後始末を国に押し付けた格好です。

国が経営難を理由に「民間の知恵」を導入してコスト削減するなど「役所に経営能力が無いと認めたようなものだ」とはその通りですが、この民間導入の仕掛け人がまた出た、竹中平蔵がリードする「未来投資会議」でした。

イメージ

そもそも森林経営の困難は、利益を見込めないほどのコスト高と後継者不足と言われます。

政府が国土の森林保全を重要視し、後継者が不安なく育つような予算を組めば民間企業に売り払う必要はなかろうに。

イメージ


水道に漁業に国有林……経営の民間払い下げが広がる裏事情とその危うさ
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20181218-00108067/


 
 

 
 

 

イメージ


転載元転載元: きなこのブログ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事