ここから本文です
清介の自転車旅
自転車に乗って日本を描け !!

書庫全体表示

記事検索
検索

デビュー

今日は木材の積み込みと運搬

先ずは、土場に出された木材の積み込み
う〜ん、これが思うように掴めない(>_<)

掴んで

イメージ 3

揃えて

イメージ 1

荷台に置く

イメージ 2

う〜、肩が凝る(>_<)

登山ザックの補修

我が家に登山ザックは4種類有る。

いちばん古いのは嫁のお姉さんが使っていたカリマーのザック

イメージ 1

もう40年は経っているだろうか。

そして、嫁の持っていたザックもカリマーだったのだが、ザック内の防水がネチョネチョになったので外装だけを使って籠ザックとして生まれ変わった。

イメージ 2

イメージ 3


次に古いのは私が山に行きだした頃のザックで30年程前かな?

IBSのザックで、その頃では良いとこ取りのザックであった。

イメージ 4


一番新しいのは(と言ってもかなり古い)ウィルダネスエクスペリエンスのザックで嫁が「山と渓谷」と言う山岳雑誌で当たった物!

イメージ 5


少し容量が小さいので、仕事用に卸そうか思案中だ。

で、今回立山に行くことになり一番容量のデカイIBSのザックで準備を進めていたのだが、荷物を入れて背負ってみると・・・

あれ、ウエストベルトが長すぎて腰でザックを支える事が出来ない(>_<)

原因は解っている。
私が痩せてお腹がヘコんだのとザックにあったスポンジが劣化して流れてしまった。この二つだ。

さて、どうしよう?
他のザックでは容量が小さ過ぎる。

こういった部類の困った相談は嫁である。

何とかベルトを短く出来ないかと相談したが無理との回答。

で、元々ウエストベルトとザックにあったスポンジ部分のネットを切って、そこにウレタンフォームを入れる事になった。

ウレタンフォームの加工は私で嫁はザックの加工をしてくれた。

イメージ 7

イメージ 12

イメージ 6

ありがとう!

イメージ 8

イメージ 11

蘇りました。

イメージ 9

ついでに背中の部分も同じように補修

イメージ 10

これで当分山に行ける。

さて、問題は天気だ!

バックホウ

今日はバックホウの練習

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

私的にはこちらの方が難しい。

まあ、ボチボチと!

グラップル

仕事の合間に練習!

掴んで

イメージ 2

回して

イメージ 1

置く。

イメージ 3

こんなのが自由に操作出来たらいいな〜
依頼がきた。

綾部の二王公園の友達からキャンプ場にしたいところがあって、キャンプ場のアドバイスとキャンプ場予定地にテント、タープ等が張ってある写真を撮りたいと言う。

テントだけ張って写真撮るだけでは面白くないので、実際のキャンプを兼ねてキャンプしていい?と訪ねるとOKが出た。

で土曜日、日曜日を設定したのだが・・・

なかなかこのシーズン晴れてくれなく3度目の週になった。

GOKKOのメンバーにはLINEで通知していたが誰が来るかは不明、さて何人来て何張り出来るかな?

土曜日の朝から準備して、出発は昼からになった。

私の今回の設定は自転車🚲トレーラーキャンプ。

理由はクルマを入れないフリーサイトのキャンプ場予定との事で、まだリヤカーが無いので自転車🚲トレーラーの(リッキー)を持って行く。

ついでに自転車も撮影用に積み込んだ。

食事は何をするが分からないがガスストーブや、炉端焼きコンロ、焚き火台替わりのバーベキュー台を持って行った。

今日は、朝から晴れてキャンプ日よりだ。

買い物してから現地着いたのは3時前、スタッフとお話ししてテントの設営をしようとしたら植えちゃんがやってきた。

植えちゃんは、今流行りのテビー型テント(5〜6人用)と焚き火の出来るテープ、もちろん焚き火台も。
今日が全て、おニューと言う!

何でも揃えるね〜

朝から晴れていた天候がテントを張りだすと怪しくなってきた。

張りかけのタープに潜りながら何とか設営。

植えちゃんは雨の中カンカンとまだやっている。

テビー型テントはポールは少ないがペグ数が多いので大変だ。
最後は2人でタープを張る。

イメージ 2


イメージ 3

マッキーさんは昨日お父さんの救急車搬送があり欠席、会長さん来ると言ってたけどまだ来ない。

がんちゃんは問い合わせだけで音沙汰無し。

神戸までキャンプ道具を買いに行ったデモちゃんは日程が合えば行きたいと言っていたが音沙汰無し。

みなさん気ままだ。
まっ、それが長続きの秘結だが。

人をあてにしない、自分の事は自分で出来、誰かが来ないと出来ないって事がない。
GOKKOメンバー各自が自立している。

そうこう、していると会長さんがやって来た。

既に2人とスタッフさんで盛り上がっている。

火を囲みキャンプ場談義で盛り上がる。

イメージ 4

イメージ 5


植えちゃんと私のキャンプ場イメージはだいぶ異なり、私は何も無い派で料金は安い方がいい。
植えちゃんは料金が高くても便利な方がいい。

まあ、色んな人いるからね〜

2時を回り、みんな寝てしまった。

深夜になって月や星も見えてきた。
焚き火と酒、そして家に無い自然を味わえればそれでいい。

イメージ 9

明日は晴れるかな〜

翌朝、かあ〜、かあ〜とカラスにおこされた。

食べ物を外に置いておくとたいへんな事になっていただろう。
幸い被害はなかった。

イメージ 7

イメージ 8

会長さんは夜中テントだけ張って寝たが、朝になってタープを張り出した。

朝の早からカン!カン!カン!
近所迷惑な人だ。

イメージ 6

植えちゃんはまだ寝ている。
よっぽど疲れたかったか?
寝心地の良いテントなのか?

あとで聞いたら、カラスと同じくらいうるさかったって言っていた!

朝の8時になって、デモちゃんがおニューの山岳テントだけ持ってやって来た。

何でも、今度山に持って行くテントを張る練習がしたかったそうだ。

いらしゃい!

口うるさい先生いっぱい居るから大変だよ〜(笑)

そして今度は、テントも持たず1day自転車ツーリングの老鶏庵さんがやって来た。

いらしゃい!

本当はテントも張って欲しかったのだが1dayキャンプの設定もあるのでOK です!

で結局集まったのは5人とテント4張り、タープ3張り、自転車2台だった。

お疲れ様でした。

イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事