ここから本文です
清介の自転車旅
自転車に乗って日本を描け !!

書庫全体表示

記事検索
検索

本州へ

24日目
桜駐車公園→道の駅 浅虫温泉

7時半起床
チョコはぐっすり寝ている。
女性群もぐっすり!
夜遅くまで走ったので疲れたかな?

コーヒーを飲んでゆっくりする。

今日は函館に向かいながら観光名所を周る。

最初に向かったのはチキウ岬だったが、途中のトッカリショ展望台で海に霧がかかり何も見えなかった。

これではチキウ岬に行っても無駄なのでコース変更する。

嫁の提案で昭和新山を周り洞爺湖に出た。

イメージ 2

海の方は霧で何も見えないが少し内陸にはいると天候は一転して青い空が広がる。

イメージ 3

海岸線を直走り、北海道の初日に行った大沼に向かう。
ここは車窓からにして目的はラッキーピエロのハンバーガー🍔だ!

イメージ 4

チョコが居るのでテイクアウトして車内で食べる。
もちろんノンアル付きだ。

イメージ 5

これは美味しい!

フェリーの時間が迫って来ている。

最終目的は函館山の景色なのだが、う〜ん。
時間がない。

走っていると高速道路無料とある。
もしかして、これに乗れば間に合うかも?

最悪、フェリー乗り場に直行する事も考えて走ったが、何とか間にあった。

短時間であったが写真も撮り

イメージ 1

ハセガワストアに行ってフェリーの中で食べる焼き鳥弁当も買えた。

イメージ 6

ついでにと言って隣に偶然あったラッキーピエロでソフトクリームも買っていた。

良く食う奴らだ。

案の定、バタバタで乗船手続きを済ませて乗り込んだ。

学習しないな〜本当に(>_<)

楽しい思い出が沢山出来た。
自転車では出来ない楽しみ方も出来た。
今度はどんな形で来れるかな?

さよなら北海道!
また来ます!

イメージ 7

焼き鳥弁当を食べながら、フェリーは青森に向かう。

イメージ 8

下船後、車は再び道の駅浅虫温泉へ向かう。

足湯に温泉玉子が気に入ったのだ。

さて、明日の寝床がどこかな?

嵐のコンサート

23日目
西岡公園→札幌観光→桜ざか駐車公園

5時起床
トイレに起きたらチョコも起きてきた。
シッコとウンチ💩を済ませて1人コーヒー。
幸せなひと時。

今日は本旅のメインイベント嵐のライヴ当日である。

開場前までは女性群を札幌観光にご案内。

札幌時計台は車窓から!
こちらにも嵐ファンはちらほら居た。

次は大通り公園の札幌テレビ塔にご案内。

2人を下ろして私はコンビニで待機

今度はサッポロファクトリーに下ろして、またしてもコンビニで待機。

お昼は甘海老の唐揚げを買ってノンアルで喉を潤す。

イメージ 8


姪っ子は念願のサッポロ味噌ラーメンを食べたらしい。
良かったね!

えー、また生ビールを飲んだって
ソフトクリームも食べたの(O_O)
知らんよ、ライヴ中に居眠りしても!

姪っ子が美味しいお米が買いたいと言うのでググってみた。

建物の外観で判断して井元米酒店へ行って見る。

イメージ 4


大当たりであった。

紙の米袋に玄米が入れてあり品種と生産者の名前が書いてある。
販売は計り売りで精米も一緒にしてくれる。

イメージ 5


イメージ 6


姪っ子は品種違いを2kgづつ買い求め嫁は

イメージ 7


を2kg購入した。

外でチョコとぶらぶらしていたら目に留まった。

えっ、嵐にしやがれで絶賛!「致」

イメージ 1


これは嫁に連絡先して・・・買ってもらおう(^-^)/

イメージ 2


昨日、生酒が入ったとの事で生酒を購入。

イメージ 3


この旅で飲もう🙌

さあ、札幌ドームに行こうか!

2人を下ろして私は今朝の公園へ戻る。
交差点では嵐のファンがわんさかと居る。
右も左も陸橋も人人人。
人の波が札幌ドームに流れてゆく。

4時間後に近くのコンビニに行くと皆さん考える事は一緒なのか駐車場は一杯だ。

幸い、まん前が1台分空いていてた。

待つこと1時間、やっと電話がかかってきたら、やっとドームから出たと言う。

結局車に乗ったのは10時半ごろだった。

さあ、帰るぞ。

車を飛ばして登別に付いたのは2時頃、
30分前に私も運転に疲れて交代した。

夕食を当てにしていたセコマは閉まっていて残り物の始末をして熟睡。

さて、明日の寝床はどこかな?

二度目のカムイ岬

22日目
道の駅よいち→神威岬→札幌ドーム→西岡公園

5時起床
今日は姪っ子を連れて北海道観光

イメージ 14

イメージ 13

始めに向かったのは神威岬。
ここは早朝8時からしか門が開かないので時間を合わせ行く。

天候は、ほぼ快晴だ。
自転車で来た時より晴れているわ。
https://blogs.yahoo.co.jp/gokkoupo3/15007205.html?type=folderlist

駐車場から岬まで約30分
チョコを連れて、ゆっくり見て戻って来たら1時間半ぐらいかな。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 12

やっぱり大自然の残る北海道は素晴らしい。

帰り道に小樽運河と小樽倉庫観光するため2人を下ろして私は車で待機。
いつも賑やかな観光名称だ。

イメージ 6

2人はソフトクリーム手に持って帰ってきた。

さて、余市に戻ってニッカウイスキーに行きたいところだが運転手は飲めないし、女性群はウイスキー飲まないので温泉♨に入って昼食にする。

イメージ 7

おおー、今日は海鮮丼だー

イメージ 8

ノンアルコール付き!

例のごとく温泉♨は交代でして、昼食は女性群はお店で私はキャッピング車に出前をしてもらった。

イメージ 9

うまそう〜

丼にかけるワサビと醤油を混ぜてアワビに垂らすと・・・

ア、ア、アワビが動いた〜
えー、生きてるの〜

踊り食いだ〜

なんと昼食全部を姪っ子が観光のお礼と奢ってくれた。
すまないの〜

一旦、石狩方向へ行って札幌に入る事になり車でドライブしてたが横を見ても後ろを見てもコックリ、コックリ寝ていた。

生ビールも飲んだらしい(>_<)

道の駅とうべつ があったので入ると二人はロイズのアイスクリームを手に持ち出てきた。

おまけに近くにROYCE'の直売工場があると言うのでそこも立ち寄る。

イメージ 10


流石にソフトクリームは手に持たず、お土産持って出てきた。

イメージ 11

楽しそうだな〜
私も十分カヌー楽しんだからな〜
運転手に徹しよう。

今日は札幌ドームでコンサートグッズのプレ販売があると言うので札幌ドームへ向かう。

札幌ドームデカイ!!

イメージ 15

近くでは嵐のコンサートグッズを求める女性達がわんさか歩いている。

猫バスみたいな私の車をバス停に停め2人を下ろして私は近くのコンビニで待機。
電話が鳴るまでチョコの散歩で時間を潰した。

これで明日のコンサートも楽々入場出来るらしい。
良かったね!

コンサート前夜祭でキャッピング車内はジンギスカンパーティー🙌

ようやくアルコールにたどり着いた。

お疲れ〜

どっと疲れが来てうとうと、と意識は無くなった。

さて、明日の寝床はどこかな?

姪っ子が来る

21日目
道の駅あびらD51ステーション→道の駅余市

7時起床
今日は道の駅でのんびりしている。

北海道のソーラーは角度がきつい。

イメージ 4

やはり太陽が低いんでしょう。

新しい道の駅だけあって大人気。
平日だと言うのに既に満車状態だ。

イメージ 5

今夜9時に姪っ子が新千歳空港にやって来る。

それまでは温泉に入ったり、コインランドリーに行ったりして過ごす。

移動中に見つけた面白い名前の川

イメージ 1

なんか嫌なことあったのかな〜

今日の温泉♨は「HO」のながぬま温泉で半額クーポンを使用して入る。

イメージ 2

温泉♨の色はうす茶褐色で、海にそんなに近くないのにもの凄く塩辛い。

ひげ剃り跡がしみる〜(>_<)

洗濯は恵庭市でザブザブ。

イメージ 6

なぜかバナナカラーのコインランドリーだ。

時間潰しに道の駅サーモンパーク千歳で夕食。
姪っ子が来るので今日はノンアルで、摘みは支笏湖で採ったワラビの玉子とじとホタテの握り。

イメージ 3

ご馳走さまでした。

さて、姪っ子を千歳空港で拾って道の駅よいちまで走る。

明日カムイ岬を見るために!

寝る前にもう一回飲むか😁

さて、明日の寝床はどこかな?

予定外の美々川下り

20日目
道の駅イトナイ湖→身近の際あびらD51ステーション

6時起床
カヌーブログを書いていたらカヌーツアー紹介が出てくる。

その中の一つに美々川のカヌーツアーが気になって場所を確認すると千歳の近くじゃん。

ひょっとしてみると下れるかもと色々と調べてみると発着の地図まで出てきた。

で、嫁に相談していたら・・・
「無リー」ってキョエちゃん風の返答だったのだけれど。

次の日、嫁から明日は美々川行くよ!と突然いわれた。

ほんまか〜✌

と言う事で、昨日は取りあえず美々川ゴール地点の近くの道の駅ウトナイ湖を寝床にした。

イメージ 2

ウトナイ湖で朝食を済ませて、一旦ゴール地点まで行き、場所を教えてからスタート地点の美々橋に向かう。

何だ、トイレあるじゃん。

でも、寝泊まりは禁止と書いてあった。

イメージ 3

ありがたいことにカヌーの発着、距離までしっかりとかいてある。

イメージ 4

予定していたコースは美々橋→美々川タップコップ親水公園だ。

短いコースも設定できるのね。

スタート地点の美々橋にはカナディアンカヌーが1艇置いてある。
忘れ物品かな〜
訳ないか!

川に下りると大きな白鳥がいるではないか!

イメージ 5

全然逃げるどころか寄ってくる。

イメージ 9

人懐っこいねと思ってたら怒ったりもする。
どうやねん!

嫁が鼻の上にコブがあるのでコブちゃんって生演奏付けていた(笑)

さて、朝からバタバタだったので急いでカヌーを組み立てよう。

イメージ 11

イメージ 10

9時30分ようやく出艇する。

イメージ 1

こりゃ、お昼回っちゃうな〜

漕ぎ出してビックリ、川の綺麗さもあるけど、なんちゅう狭くてグネグネやねん!

イメージ 6

川幅1〜3mでパドルが邪魔(>_<)

イメージ 7

川はやっぱりリバー用の短いのがいいねー

流はゆっくりと時間の流れもゆっくりだ。
ファルトをコントロールするだけで漕がなくても流れる。

イメージ 12

青い空には時折ジェット機やカラフルな旅客機が大きな音を立て飛んでゆく。
千歳空港や自衛隊があるからね〜
飛行機写真

突然、静かな湿原地の草むらから10匹ほどの子ガモが飛び出してきた。

まだ飛べないのか?必死で水面を移動する。

イメージ 18

ごめんね、おくつろぎ中に・・・
川幅が狭いので逃げては追いつきに連続・・・
本当に申し訳ない<(_ _)>

ぬた場には動物の足跡が・・・

イメージ 19

ワニはおらんと思うけど、クマ出てこんやろうな〜

川幅が徐々に広がっていく。

イメージ 8


橋も出てきて現実に引き戻されるがまだまだ湿原地は大自然だ。

イメージ 13

道路の近くではカヌーポートがある。

イメージ 14

旅客機の数も増えてきた。

イメージ 20


こちらはカモの道先案内人

イメージ 30

見えるかな〜

あれ、こんなところに白鳥のコブちゃん?

イメージ 17

違うよな2匹居るもん。

イメージ 15

チョコは興味深々だが白鳥は知らんぷりだ。
犬慣れもしてんのかな〜

イメージ 16

12時もまわり風が吹いてきた。
最終のカヌーポートでオシッコタイム

イメージ 21

後2.1kmでゴールだ。

イメージ 22

中央を漕ぐと風が強い、漕がなければ風に流されバックする。
風の少ない岸沿いを漕ぎ下る。

最終ポートの橋が見えてきた。

イメージ 23

これより河口は自然保護のため下れない。

はい、お疲れさまでした。

イメージ 24

約3時間の美々川カヌーツアーでした。
今度は美々橋から漕ぎ上がるのも楽しそう!

ゴール地点では嫁が昨日採ったワラビのあく抜きをしていた。

イメージ 25

まさかのクーラーBOX😣
家からちゃんと灰も持って来ているのだ。
何でも利用する人だ。

撤収をして遅い昼
今日の温泉は「HO」の半額温泉♨
こぶしの湯あつまに向かう。

ちょっと寄り道して雪だるま郵便局

イメージ 26

煙突まで

イメージ 27

こぶしの湯

イメージ 28

イメージ 29

この地は以前北海道地震の土砂災害で死亡されたお家の近くだ。

山が層になって崩れているのが見える。

御冥福をお祈りします。

温泉♨から上がって来ると嫁と誰かがお喋りしている様子。

地元の方でキャッピング車「Zil」を乗られいるらしい。

後でコメントも頂きました。
genさんありがとうございます。

今日の寝床はgenさんに教えてもらった道の駅あびら、5月に出来たばかりの綺麗な道の駅

さて、明日の寝床はどこかな?

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事