ここから本文です
清介の自転車旅
自転車に乗って日本を描け !!

書庫全体表示

記事検索
検索

大沼カヤック散歩

14日目
東大沼キャンプ場→道の駅くろまつない

5時半起床
昨日は風が強くカヌーを浮かべられなかったので風の少ない早朝に乗ることにした。

6時頃は無風だったが徐々に風が出てきた。
遅くとも10時には戻らないと厄介な事になりそうだ。

嫁はまだ寝ているので、車内のキッチンで朝食の立ち食い。

チョコ行くぞ!

7時半出発。
寝ていた嫁が見送りに来てくれた。

イメージ 1

ありがとうございます😊

駒ヶ岳を見ながら水上散歩
風もまだ穏やかだ。

イメージ 2


チョコも楽しんでいるよう。

イメージ 3


行程は大岩園地まで行って左回りで帰って来る予定だ。
大岩園地まで来ると風が強くなってきた。波に対して横を向くと危険なので斜めに漕ぎ対岸に渡る。

イメージ 4


風に押されながら漕ぐので早いのだが船のコントロールが難しい。

だんだんと風が強くなり船は直ぐに横ななる。
ファルトは本当に風に弱い。

チョコ、もう直ぐだからなおとなしくしてろよ!

キャンプ場近くになると早く降りたいのかデッキに足を掛けて着岸を待っている。

イメージ 5

はい、約2時間の水上散歩でした。
チョコお疲れ〜

風が強く今日はこれ以上カヌーを浮かべることはできないので撤収する。

予定ではもう1泊する予定だったが温泉に入って移動する事にした。

今日の温泉は(HO)のグリーンピア大沼

イメージ 8

露天風呂はかけ流しの温泉で無色で硫黄の香がする。

ああ、サッパリ😊した。

行き着く所まで走ったが、結局くろまつないで宿泊。

今日の夕食は肉だ〜

イメージ 6

デザート付き!

イメージ 7

ご馳走さまでした。

さて、明日の寝床はどこかな?

北海道へ上陸

13日目
大間崎園地キャンプ場→東大沼キャンプ場

5時起床
今日は、ようやく北海道へ渡る。
車を運転出来る状態にしてフェリー乗り場へ移動。

イメージ 4

待ち時間中に朝食を取ったがばたばたの乗船だった。
帰りはもっと余裕をもって乗船したいものだ。

乗船後にドッグルームへ直行したら2名と二匹の先客があったが、どなたも犬舎には入れずだっこ状態。

座る所が無かったので、犬舎に入れたがやっぱりチョコは落ち着かない。

結局、地べたリアンで船内を過ごした。
チョコ良かったね(>_<)

イメージ 5

北海道に上陸してから温泉情報誌の「HO 」を2冊購入する。

イメージ 6

これで北海道も温泉♨尽くしだ
😁
初日は函館から近い東大沼キャンプ場(無料)へ向かう。

おお、大沼と駒ヶ岳が綺麗だ。

イメージ 1

昼食を済ませてからファルトボートを組んだが風が強くて断念。

イメージ 2

明日の早朝を狙おう。

イメージ 3

チョコ、イメージトレーニングしとけよ!

明日はここでゆっくりする事に決定。
北海道は当分天気は良さそうだ。

本州最北端の地へ

12日目
奥薬研温泉→大間キャンプ場

6時起床、今朝は無料露天風呂のかっぱの湯に入りに行く。

男女区別ができない露天風呂なので時間指定で分けられている。

イメージ 3

脱衣場も綺麗にされている。

イメージ 4

でも見覚えがない、ヤッパリ見覚えがない(>_<)

露天風呂をうろうろしていると!

うっ、上流に旧浴槽のような跡が見える。
もしかしたらあれが30年前に入った温泉だろか?

確信はないが・・・
違うかな?
いや、きっとそうだろう!
そうなんじゃないかな?
そうであってくれ!

それにしても大きな立派な露天風呂だ。

イメージ 5

余裕で男女別々にできそうだが

イメージ 6

嫁と交代して近くの川へお昼まで魚釣りに出かける。

イメージ 8

薬研温泉のパンフレットにはイワナ、ヤマメと書いてあるんだけど全然魚の居る気配がない。

イメージ 7


川の底からは時たまボコボコと泡がでてる場所もあり、温泉の沸いている場所に魚なんて居ないよね〜
知らんけど(>_<)

食糧調達にむつ市を通って大間崎に向かう
途中、下風呂温泉に足湯がある得たのだが、生憎やっていなかった残念。
海の見える足湯だったのに(>_<)

大間岬に着くと直ぐに雨が降り出した。
予報通りだ。

イメージ 2

ここも懐かしい大間崎園地キャンプ場
今日はここに宿泊する。

少し雨が止んだ隙に徒歩で行ってパチリ

イメージ 1


さて、明日の寝床はどこかな?

30年前の新婚旅行で

11日目
道の駅 おがわら湖→奥薬研温泉

3時半起床
北に上がって来たからなのか外は薄明るい。

チョコのしっこを済ませて朝風呂へ行く。

今日の朝一番の温泉は玉勝温泉で道の駅おがわら湖から約1kmと近い。料金はなんと210円で入れる格安温泉。
温泉では始めての出費となる。

この辺りのはこんな温泉が点在するのだ。

玉勝温泉の営業時間は5時〜22時だったので早朝狙い。

イメージ 3


既におばちゃんが自転車でやってきた。
カブのオッチャンも!
驚いた事に子供も1人数人やってきた。
地元の人気温泉かな。
(後で分かったが子供は無料であった)

中は銭湯のようなだだっ広い脱衣場と温泉で、ひなびた感がとても良い。
年号は平成から令和とどんどん代わっていくが、この昭和の雰囲気は是非とも残して欲しいものだ。

イメージ 4


スッキリしてから朝食を済ませ、おがわら湖を後にして北へ向かう。
途中、自転車で宿泊したヒバ埋没休憩所に寄った。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 12


懐かしい所だったが今回はトイレに大量のカメムシが発生していた。

ここではお昼だけ済ませて先に進もう!

当初の予定ではここで宿泊の予定だったが天気もいいし、まだ時間があるので尻矢崎に行って寒立馬(かんだちめ)を見に行く事になった。

がが、行った先の車道付近には放牧された寒立馬は一匹も見当たらない。

自転車で来たときは灯台付近に居たのに・・・

こんな時もあるなだな〜

イメージ 5


仕方ないので入口の寒立馬をパチリ

イメージ 9


さて、どこへ行こうか?

時間があるので魚釣りでもできたらと言っていたら嫁が薬研温泉の渓流はどう?
と言った。

嫁が新婚旅行で行った所と言う。

えっ、そんな所行ったっけ?
全く覚えていない(>_<)

もう30年も前の事だからな〜

じゃー、実際に行って記憶を取り戻そうと言うことになり直行。

30年前ともなると道も良くなってるし、風景が変わっていたら記憶にもないから大丈夫かな〜

案の定、温泉は一カ所廃止になっていたり、レストハウスや立派な足湯が出来ていた。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


検証は明日にする事にして良いスペースがあったので夕食の準備に取り掛かる。

ちょっと摘まみ食い

イメージ 1


今日の夕食は山菜の天ぷらとホタテの丸焼きだ。

こりゃー旨い!

イメージ 10

山菜はカムロの温泉で取ったフキノトウと今日ヒバ埋没林の散歩中に取ったタラノメと薬研温泉のヨモギと竹輪

焼きホタテも最高です。

イメージ 11


さて、明日の寝床はどこかな?

イメージ 2

ホタテとの再会

10日目
道の駅 いかりがせき→道の駅おがわら湖

昨日は失敗した。
焼酎入りのお湯でどん兵衛うどんを作ってしまった。
嫁は焼酎入りどん兵衛うどんを食べて、おまけに余ったお湯を飲んで二日酔いらしい。
大変失礼しました。

今日の温泉は13時〜15時なので余裕をこいていたら時間がなくなった。

おまけに昨日やっていなかった足湯をやっていたのでついつい入ってしまい

イメージ 2


格好いい甲冑も展示してあったのでパチリしていたら

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 12

イメージ 5


どんどん遅くなってしまった。
間に合うかな〜

急いで7号線で青森市へ向かう。

途中、岩木山も綺麗に見え

イメージ 6

嫁が「帰ってこいよ」を歌っていた🎵
♪きーーっと帰っーてーくーるーんーだーと〜♪

のんきなものだ。

結局、温泉♨に着いたのは13時半で、嫁と交代で入るので時間ギリギリだ。
嫁が後から入ったとき、番頭さんに15時には上がって下さいと言われたらしい(笑)

浅虫温泉

イメージ 7


なかなかいい温泉街だ。

イメージ 10


公衆浴場や足湯に温泉卵までできる場所がある。

イメージ 8

イメージ 9


温泉に行っている間に嫁が温泉卵を作って来てくれた。
お昼は温泉卵のかけ蕎麦バージョンアップとなった。

イメージ 11

ご馳走さまでした。

次に向かったのは野辺地町の常夜燈近くの市場だ。

自転車で来たとき大きなホタテの刺身を1個100円ぐらいで買って旨かったのが忘れられなくて寄った。

今回は1kg 650円で8枚をゲットした。

さてと、おがわら湖のキャンプ場を目指そうと走ったのだが・・・

えっ、まだ開設してないの?
6月から?
受付が閉まっていてトイレが開いていない(>_<)
どうしよう。

仕方がないので炊事棟で買ったホタテの調理をして(嫁が)道の駅おがわら湖に移動した。

今日の夕食

イメージ 1

あー、美味しいかった!

さて、明日の寝床はどこかな?

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事