ここから本文です
宇野系らんちゅう 鶴来らんちゅう友の会 公式ブログ
らんちゅう好きな愛魚家の皆様、宜しければお立ち寄り下さい。。
この時期になりますと、
朝、5時頃から
夜、7時頃まで
1日中、らんちゅうの世話をしています。

特に大変とは感じた事はありません。
むしろ充実に感じます。

これは選別の準備中です。

イメージ 1

稚魚を洗面器に全て移しました。
これだけでも、かなりの時間が掛かります。

イメージ 2

舟をキレイにして
準備万全です。

イメージ 3

時間がありませんので、今日はここまで。。
選別風景はまた後日、ご紹介します。

ラッシュ 再び‥

昨日早朝、
針仔の世話をしていると

親の池から「バシャ!」という
水面をはたく音。

「もしや‥」と思い覗き込むと
親(飼い主)の目を盗み、
ホテイアオイの下でヤッてました。

No.2のメスと本命オスです。

イメージ 1

回想すると
確かにお腹のふっくら感はありましたが、
抱卵している気配は認められず、
不意を衝かれた感じでした。

そして今朝。
別のメスがやはりホテイアオイに
相当数産み付けていました。

早々に人工授精へ切り替えましたが
採れたのはわずか。

イメージ 2

でもホテイアオイの分もありますし、
無駄にはしません!

というのも、以前
仲良くさせて頂いていた鶴来の元会員様が
数十匹の針仔の中から、
全日本で優等一席を獲得した事があったからです。

鶴来の会でも見事、東大関を獲得されましたが
あの魚の凄さは今でも印象的です。

「このレベルの魚じゃなきゃ、鶴来じゃ勝てないのか‥」
と衝撃的だった事を覚えています。

当歳を作らせたら、ピカイチでした。

Kさん、元気でやっておられるでしょうか?
もし、当ブログを見ている様な事がありましたら、
ご一報下さいね。

イメージ 3
昨日、わずかな時間と戦いながら
選別を行いました。

イメージ 1

80ℓのプラ舟に
ごっちゃり3腹分の稚魚が泳いでいました。

そのせいで大小の差は生じていましたが
死んでしまう様な事や
エラに掛かる事もなく、
ピンピンでした。

大きな池へ移す事で、この大小の差は
埋まっていく事と思います。

イメージ 2

この選別ですが
始めた当初は、残す魚が少なく
掬った魚をすべてハネる事もしばし‥

「えぇ〜、マジかよ!?」と心の声。

飲みたくもないジュースを飲んだり、
無駄に休憩を取ってテレビを見たり。。
選別スピードが上がりません。

でも、やらないと仕方ありません。
発起してやり始めると、
「おぉ!良いのもいるじゃん!!」

徐々にペースアップ。
あれよあれよ、と手が進み、
掬った魚の半分以上、残る事も。

終わってみれば、
30%位は残ったでしょうか。

そこそこ満足いく残り方です。

来週は本命池。
どれくらい残るでしょうか??

役魚の池の水替え

昨日、土曜日からのお話し。

昨日は小学生の息子の運動会。
今日は高校生の長女の文化祭。

水替えや選別で忙しい週末、なのに
立て続けに二連チャンの妨害(!?)スケジュール。

「ダメ、行けない‥」とは当然言えず、
超過密スケジュールを組んで、早朝からせっせとお魚の世話。。

週末はゾウリムシではなく、
午前・午後に分けてシュリンプを与えられるため
これが午後の分。

イメージ 1

針仔の世話を済ませた後に、
間髪入れず
その他の池の水替えを行いました。

これは役魚の池。

イメージ 2

以前ご紹介した素赤の池の魚と
混浴(!?)させています。
(針仔用の池の確保のため‥)

イメージ 3

ちょうど中央の面被り系が
三等8席、
その下が優等5席。

その斜め下、6時30分の方角の魚が
優等3席。

10時の方角の猩々の下に隠れているのが
三等3席。

12時が秘蔵っ子の素赤。
メスのため、抱卵していますが
弐歳の品評会に出展する予定の魚です。

お引越し

現在の水温で26℃。

魚達がグングン泳いでいます。
エサもパクパク食べます。

私もドンドン上げたいのですが、
気持ちにセーブを掛けています。

締め飼いで、理想とする体形造りを
目指しているからです。

なんて、カッコイイこと言ってますが
そう上手くはいきません。。

本日、No.2&No.3のメスから採った
針仔達をお引越しさせました。

イメージ 1

天気も良かったですし、
底に沈んでいた水カビの塊が気になったからです。

大変でしたが、気持ちが清々しました!

イメージ 2

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事