ここから本文です
大型犬の介護用品☆りりー情報館
りきまる情報館で暮らす高齢のりりーさんは、2007年殺処分の手続きをされていました。今でも生きている証に介護用品を担当します。
初七日が過ぎて、



りりーちゃんが帰ってきました!


イメージ 1



ゴールデンを何頭も里親に出して幸せにしてきた、



はなこさんからの贈り物。



りきまるくんもお鼻をペロペロ。


イメージ 2




いつもこうして一緒に並んで寝ていたね。


イメージ 3




目が見えなくなってからも、いつもくっついて、



二人でニヤニヤしながら、何かお話していたね。


イメージ 4





りりーちゃんが帰ってきた―!



りきまるくんは元気になって、わおーん!


イメージ 5


わたしも嬉しくって、抱っこして車に一緒に乗ったり、



お布団の中で一緒におねんねしています。


この記事に

ありがとうございました。



9月26日、朝8時半



呼吸が変わったので急いで抱っこして、



おでこにチュウチュウしながらもう頑張らなくていいよ



ずっと一緒だから大丈夫だよって言ってあげて…




りりーちゃんは力を抜くように両手足をゆっくり伸ばして



深い呼吸をゆっくりと1・2・3・4・5・6回。



眠りにつくようにでした。




イメージ 1


ドライブスルーに一緒に行くのが大好きだったね。



もうおなかいっぱい食べていいんだよ。





りきまるくんは、ちょっと戸惑っています。


りりーちゃんの荒かった呼吸も聞こえなくなって


お鼻に何度もちゅっちゅしても、動いてくれないんだもん。

イメージ 2





前の日の朝、お尻キレイキレイしてもらって、



ママにありがとうってお顔をあげてくれた。



りりーちゃん、がんばってくれてありがとうね。



これが、最後の最高の笑顔だったね。



こちらこそありがとうね。可愛いりりーちゃん。




イメージ 3







9月28日



りりーちゃん、小さくなって、抱っこして



大好きな車に乗って帰ってきました。



りりーちゃんの体は見えにくくなっちゃったけど、



これから、ずっとずっと一緒です。



イメージ 4
 


りりーちゃん、うちの子になってくれてありがとう。



りりーちゃんのこと、7年前、もういらない命って保健所に行った人がいたけど、



わたしには、とっても大事な大事な命だったよ。



ありがとうね。



これからも、ずーーーーーっと一緒だよ。

この記事に

9月25日。



おもらしをしたので30分くらいかけてお尻を綺麗にして、



りりーちゃん、さっぱりしたねっ!って言って、



片づけをしてまた部屋に戻ったら、


ま・さ・か・で・しょ!



りりーちゃんがお顔を起こしてくれてる!



携帯、携帯、どこどこ?久しぶりだよ〜ん。



りりーちゃ〜ん!ここにいるよ〜!!



ぱちり!




イメージ 1



細かった足は、むくみで大きくなってしまっています。

クマの赤ちゃんみたいです。




がんばって私を探してくれているんだと思うと、うれしかった〜。



筋肉も落ちて、骨ばってしまって、ぐったりしていることが多い毎日で



お水を飲むのも支えていないと頭を起こしていられることが



出来なくなっていたのに・・・




最近は、ごはんもシリンジからやっとのことで



流動食を食べてもらったり、フードプロセッサーでトロトロにした



りりーちゃんが大好きなフードをお口の横から入れて



お水と一緒に何とか飲み込んでもらったりしている日々が続いています。



お薬も獣医さんから聞いて、コンデンスミルクに溶いて飲んでもらっている感じです。




りりーちゃんが元気だったころ、小さく切ったトマトに


コンデンスミルクをかけてあげると、トマト一個分くらい


あっという間に食べてしまうくらい大好きだったから、


今は、可愛そうだけど、お薬を飲むときに使っています。



保護しに行ったときに、ガリガリになっていて、



うちに来てもらってからは食いしん坊で、



何でもおいしい美味しいって食べていたりりーちゃんに




もう時間があまりないことを感じています。



好きなものをどんどん味わってもらおう!って考えて、



でも食べられるものがもうあまりない。



そうだ、コンビニのホイップが上に乗ってるプリン大好きだった!



さっそく買ってきて、ホイップとプリンを交互にシリンジに入れて飲ませてあげました。



とても喜んで食べてくれました。




りりーちゃん、今日は呼吸がちょっと苦しそうです。。。



獣医さんと相談して、こういう時のために念のためにもらっていた



ステロイドを飲ませてあげました。



少し楽になってくれるといいんだけど。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

毎日朝から晩まで夜中まで介護をしていて、思ったことがあります。



もし、こういうお世話の日々を、ペットショップのショーウインドウの前でお布団敷いてやっていたら、




簡単に可愛い子犬を買う人はかなり激減するのではないだろうかと。



りりーちゃんが、がんばって生きてきたこと、無駄にしないようにわたしも頑張るからね。

この記事に

9月18日

目が見えなくなってから今日でちょうど1か月。



今日はごはんも寝ながらやっと食べています。



シリンジから退院サポートやプリンを少しづつ。



固形のものは受け付けません。



でもりりーちゃんが大好きだった



ちょっと甘い卵焼きだけは食べてくれました。


イメージ 1




りきまるくんはずーっと



りりーちゃんのそばにくっついて寝ています。



イメージ 2





りりーちゃんは、大きな赤ちゃんに戻っています。



可愛くてかわいくて仕方がない。




イメージ 3



生まれたばっかりの時の


小さい時のりりーちゃんのお世話もしたかったなぁ〜。


りりーちゃんの気持ちを



何にも聞いてくれないおうちに行かないで、



初めから私のうちの子になっていればよかったのに

この記事に

寝たきりになってしまったりりーちゃんは、


今日獣医さんに診てもらって、


血液検査やお尻周りの処置や毛を綺麗にしてもらいました。


今足がむくんでいるだけで苦しみも痛みもなく、


気持ちよさそうにすやすや眠るばっかりです。


シリンジや流動食の用意も。



イメージ 1


おもらししてしまうようになって


おなかの爛れも起きてしてしまったので、


お尻周りの洗浄の消毒液やシリンジをもらってきました。


右の方は粉にしてもらった漢方のお薬と心臓のお薬、


あとは、下痢が続いていたので消化酵素を出してもらいました。


眠りっぱなしで、ご飯を食べるのもやっとになってしまったので、


INUGOYAのはなこさんから頂いた


退院サポートにお薬を混ぜて、


シリンジでお口の中に入れてあげます。


お肉も目の覚めているときはまだ少し食べられるので、


タイミングを合わせて食べさせてあげます。





この前、9月13日の夜にサポートしながらだけど、


歩いてご飯を作るところまで来てくれたのが


奇跡のようです。りりーちゃん、最後の力を振り絞って、


わたしを喜ばせてあげようとしてくれたのかな。


ありがとう とっても嬉しかったんだよ


ありがとうね。りりーちゃん。



イメージ 2


この時の感動は今でも忘れないよ。


もう少し、手をつないで一緒に寝ようね。


りりーちゃん、大好きだよ。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事