いつも感謝している高年の独り言

!!ゴールド・セクターを中心に日経新聞等に報道されない、ディープな情報や、判りやすいデータを紹介したいと思っています。!!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

[やっぱり 酸性雨はメキシコ湾岸の州に降っている]

2010年7月28日 水曜日 公開

★(1)は、酸性雨に対する これまでの一般的なニュースで、可能性は低いと言う代表的な記事です。

★(2) 下記はフロリダで一般の人が寄越した映像です。 
http://www.youtube.com/watch?v=W7GAtUV8UGg&feature=player_embedded#!
庭の樹木の葉に酸による焼けが見れますが、BP原油事故が原因であると云う証拠がありませんでした。 
★このように、これまで、酸性雨の降雨の報告はありましたが、殆ど無視されてきました。私自身、紹介するのを控えていました。 証拠不十分だと思っていたからです。

しかし、下記の映像を見て 考えが変わりました。 下記をクリックして映像を見て下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=q85YBdR6EpM&feature=player_embedded

3分頃からですが、この映像の撮影に用いられた軽飛行機の着陸後の機体表面の状況が映し出されます。 主翼前縁、ストラッド(機体から主翼を支持する部分)、速度測定に大事なピトー管、機体表面のリベット頭部等、全ての 気流が衝突する前縁部分には、大気に浮遊している微小な油分、油性分散剤(有毒)の分子がべっとりと付着しています。

これから判断しても、酸性雨の可能性は非常に高いはずです。 

さてこの映像の中で語られていた内容を記憶を頼りに書きますと、複数の人から、雨に当たった後 気分が悪くなったとの報告が寄せられているそうです(数時間ではありませんよ、数日間 気分が悪かった人もいるようです。)

これについては心理的影響だと言う人もいるでしょうから、更に 確認が必要だと思っています。

これからハリケーンが多発しますので、農作物被害の報告も出てくると思います。 もう隠せないと思います。

一方、BPの発表内容、特にトップの発表内容は嘘ばかりである事がどんどん判って来ました。 代表的なのはBPが使用した「マッド」は水性で無害であると発表してきましたが、それは嘘で 油性の毒性の高い「マッド」を大量に使用していた事が暴露されています。

この記事に


.


みんなの更新記事