全体表示

[ リスト ]

舞台と映画 ケータイ投稿記事

 
最近まで同時進行してた2つの舞台はいずれも大ヒット映画を舞台化した作品でした。
 
小説を映画化 漫画をアニメ化 舞台を映画化 映画を舞台化 とかって原作を先に知ってから見るか後から見るかでだいぶ印象が違いますよね。
 
自分的には 「漫画」>「アニメ」>「実写映画」 は、ほぼ決まりで
 
ミュージカルにおける 「舞台版」vs「映画版」 だと (自分がやったことあるやつ中心で)
 
映画のほうが好き→「サウンド オブ ミュージック(映画化)」「レミゼ(映画化)」「ディズニー関係(アイーダ以外舞台化)」
 
舞台の方が好き→「NINE(映画「8 1/2」をミュージカル化→ミュージカル映画化)」「プロデューサーズ(映画をミュージカル化→ミュージカル映画化」「スウィニー・トッド(映画化)」
 
引き分け→「CHICAGO(映画化)」「West Side Story(映画化)」 みたいな
 
 
今回はどちらもミュージカル映画ではありませんが、原作を見ていなかったので、多分王道とは逆パターンで千秋楽後にDVDを鑑賞。
さすがにヒット作だけあって音楽も、俳優のキャラもよかった。
しかし完成された作品だけに、この世界感を制約のあるミュージカル化するのは結構な挑戦だっただろうなぁ・・・。
 
 
イメージ 1
 
 
「Catch me...」の方が映画に沿ってる(実話だから当たり前か) 実話をショーのように振り返る演出とBroadwayな音楽で自然に舞台化してた 
 
「オーシャンズ11」は 女優陣の役柄や、「爆破」→「手品」と、舞台向けにうまく設定を変えてたのか、と今頃気づいたり このタイミングならではの楽しみ方ができました 
 
いずれにしてもやっぱりミュージカルは楽しい演目の方が合ってるのかな。悲劇も時にはいいけど・・・。
 
 
イメージ 2
 

 
イメージ 3
     舞台も大成功でした!! でも両方とも客席でみたかったなぁ・・・。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

おはよう御座います。
関連記事がヒットしました。
舞台の演出ですか。ポチ

2014/7/22(火) 午前 6:21 あるく 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事