このアドバイスがすごかった!

⇒上達するほどにゴルフは一層面白くなる。だからこそ上手くなりたい人へ。

全体表示

[ リスト ]

⇒『苦手なショットコンディションは練習場で克服。少しでも自信を持たなきゃコースではできない。』

さて、今回は『つま先下がり』の練習方法の紹介です。

かなり多くの人が、つま先下がりを苦手としているかと思います。
「つま先下がり」のライからだとボールは右に飛び出して行く傾向にあります。これは、…名錣離好ぅ鵐阿鉾罎戮討茲螢▲奪廛薀ぅ箸淵好ぅ鵐阿砲覆こと、△泙織棔璽覦銘屬両足より下にあるので、クラブのヘッドをボールに合わせると、ライ角がフラットになってしまうからです。
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/37df5165/bc/15b9/__sr_/14d7.jpg?BCzIbtEBhngKON7p
また、苦手意識の最大の理由として、「つま先下がり」のライではクラブが届かないのでは?というイメージ(意識)を強く持ってしまい、ついついクラブを長めに持つ傾向にありますが、これがミスの元でもあるんです。実際には、「つま先下がり」だからこそ、クラブを短めに持って、コンパクトなスイングを心掛ける必要があります。

さて練習方法ですが、まずボールの位置を足元より下に設定することが必要になります。
練習場によっては傾斜のある台があったりしますが、もし無いようであれば不要になった本(電話帳など)を用意して、その上に乗った状態でスタンスを取ると「つま先下がり」に似たライを再現できます。
ボールを打つ際のポイントとしては、体をターンさせようとしないということ。前傾姿勢が深い構えから体重移動をすると、自然とスエイすることになり、まともにボールを捕らえられません。前傾姿勢では肩はタテ回転となり、トップの位置はいつもより高ってきます。
よりアップライトにゴルフクラブをテークバックするコトを意識します。

実践的なショットのポイントとしては、.劵兇鮟淑に曲げてアドレスし、△尻をしっかり落として背筋をしっかり伸ばし、B僚徹榮阿肋なめに(手打ちのイメージで)、ぅ肇奪廚皀侫ローも小さいコンパクトなスイングをします。

また注意する点としては、
○右へ飛ぶことを想定し、ターゲットのやや左を狙う
◎スイング中はヒザの高さを変えずに、腕中心のスイングをする
インパクト時にヒザ(特に左ひざに注意)が伸び上がると、『空振り』、もしくは『大トップ』の原因となります。

閉じる コメント(2)

つま先下がりは苦手です。電話帳は良いアイデアですね。

2006/4/14(金) 午後 4:16 pillary

(電話帳)持っていくのは面倒ですが...。バランスディスクでもいいかもしれません。レッスンをやっている練習場はたいてい傾斜台を用意してあると思います。

2006/4/15(土) 午前 10:03 瑛太郎


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事