このアドバイスがすごかった!

⇒上達するほどにゴルフは一層面白くなる。だからこそ上手くなりたい人へ。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

⇒『ラウンドでの課題を練習場でする。ちょっとした工夫をすれば、練習場でも十分可能だ。』

練習場(打ちっぱなし)ではいつもライの良い状態でボールを打ちますよね。天然芝から打てるような練習場はそうそうありませんから、マットの上からショットの練習をしますので、ショットのコンディションはいつも一定になります。

でも実際にラウンドすると、練習場のライのようなところからボールを打つことは少ないです。ティーショットを曲げれば、つま先上がり、つま先下がり。フェアウェイをキープしても右足下がり、左足下がり、と当然ですがいつも全く違う条件の中ショットを行います。これがゴルフの面白いトコであり、難しいトコでもあります。

さて、今回は『つま先上がり』を打ちっぱなしで行う練習方法の紹介です。

つま先上がりは、ティーショットを右に曲げて丘の途中から2ndショットを打つ、というケースが多いかと思いますので、つま先上がりで悩んでいる方は一度実践してみてください。

どちらかと言えばつま先下がりより比較的やさしく打てるかと思いますが、ボールは左に跳びやすいですね。何故こうなるかという「理屈を理解することが大事」なんですが、これは'''スイング軌道が水平振りに近くなり、黙っていても腕とクラブが振れる状態にあるからです。


つまり腕が振れるので、.献礇好肇漾璽箸垢襪肇侫奪ボールになりやすいのと、▲ラブフェースの向きが左に向くからなんです。

これは、高いティーアップで打つのと同じ状況になります。

ですから、練習場ではティーアップを高くして、アイアンでショットを行います。100%同じ状況を再現できませんが、かなり近い状態でつま先上がりを体感できます。

実践的なショットのポイントとしては、.拭璽殴奪箸紡个靴討笋箟Δ鮓き、▲棔璽覦銘屬鷲畸覆茲蠅笋箟Υ鵑蠅砲掘↓ワイドスタンスで、ぅラブを短く持ちます。それから、ゲ椎修文造蠅劼兇離櫂献轡腑鵑鯤さず、Γ沓亜鹹度のバックスイングでボールを打ちます。ちなみに、Д侫ニッシュは小さめです。大きなフィニッシュを取ろうとすればするほど、ボールは左に飛んでいきます。

開く コメント(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事