ロックフィッシング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 まだまだ下手くそ

 昨夜、12/2 15時から21時まで函館沖堤防へ行ってきた。(師匠と)



当初ハードルアーでアブラコ狙いだったのだが、風が巻いていたので思うようにルアーをキャスト出来ず

いつものソフトルアー(ワーム)での釣り



 覚えたては味付きワーム(ガルプ)を多様してたが、覚えてくると、そういうのに頼らず自分のアクシ

ョンで魚に食わせようという気になってた。

 しかし、自分のワームとアクションには無反応。すると師匠『最初はガルプ使ったほうが良いよ

で、反応良かったら他のワーム使えば…』と助言。

 まずは魚がいるかどうか?居なければ何を使っても釣れない。ということ。。。

助言通りガルプをセットして一投目



 ちょっと弱い当たり!見逃さず フッキング!!



あまり引かなかったが、手前まで寄せてきたら暴れだした








 
イメージ 1






35cm位のアブラコ



 その後陽が落ちてからはソイ




 強風の影響でラインが流されワームが海中を漂う感じでゆっくりフォールしてた感じの中強烈な

バイト!八雲沖とまでいかないが似たようなパワー












イメージ 2





35cm位の黒ソイ。





 その後沖堤防内を移動。師匠はソイを爆釣!!!


しかもアベレージ30over!


同じ重さのシンカー、ワームを使ってたのだが自分は釣れずorz


 ここでは書けないような極意を聞けたのだが自分は結果を出せなかった…


これだから釣りは面白い

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

久しぶりの更新

 自分なりに色々とありまして…更新するような気分では無かった。

しかし、釣りには行ってました。で、本日一区切りついたので、先日の釣行をアップしようという気に!


 11/28 ボートロックに









イメージ 1



八雲の海を知り尽くしているふた海屋さんへ


 メンバーは谷やん、GOMEZ、ヒロ君、ヤソ




釣れそうな朝マズメ











イメージ 2





 日の出









イメージ 3









駒ケ岳越しに太陽が出てきた







イメージ 4








貴重な時間に良いものを拝ませてもらった。口を合わせたわけではなかったのだが、何人かは手を合わ

せて何やら拝んでいた。(釣果?、安全?…???)



そんなこんなで船は勢い良くポイントへ







イメージ 5








一投目からバイト!しかしフッキングミスorn小さくて食い込み浅いのかな?ガヤ?と思ってたのだが

クロー系ワームは両方のクロー&触覚がスパッとちぎられていた…

船中で続々とアブラコが釣れだした。しかし自分はまだ釣れず。焦る(~_~;)




 焦ってもどうもならんので自分の釣りを展開



すると…小さいが心地良い引き!浮いてきたら平もの。も、もしや(^Д^)???










イメージ 6



ヒラメだと思ったのだが、目の位置ち〜が〜う〜!! マガレイがファーストヒットorz

船中でもワームでカレイが結構釣れていた。



で、アブラコは









イメージ 7






こんなサイズが入れ食い!!





潮止まりで当たりも少なくなった時に12月から予定のソイポイントの下見を兼ねて、50mラインへ移動。



 一緒に乗った方がタイラバを持っていたのだが(『貸しましょうか?』と言って頂いたが使い方

がわからなかったので、丁重にお断りした。)自分はワームでチャレンジ。



 釣り慣れている谷やん、GOMEZは借りたタイラバで良型の黒ソイを連続ヒット!!


ヒロ君、ヤソはシンカーを連結させてなんとか釣っていた。



 自分は凄く引くな〜と思ってたらペラと格闘してたりと空回りorn   郷に入りては…です。

 しかし今更タイラバを『貸して』とは言い出しにくかったので、42gのシンカーにして底まで落とし

た。そこからタイラバで誘うようにゆっくりと巻いてみた。



 すると…ゴン!ゴゴん!!とひっさびさの強烈なバイト!もう乗った感があったのでスイープにロットを

立てる。堪えきれないような力で潜ろうとする魚。そこで、深くフッキングする狙いでロッドを立てて

応戦。それでもRFB(ロックフィッシュボトム)のXHC(エクストラヘビーキャスト)をバットから

曲げる魚。フックアウトしないように極端なポンピングはせずに最低限のポンピングで上を向かせては

巻く。の繰り返し










イメージ 8






太くて40ちょっとの黒ソイでした。






イメージ 9





 船だとアベレージサイズだが、良型の黒ソイの引きは中毒になりそう。この冬はふた海屋さんに通うこ

とになりそうだ。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

 ボートロック 撃沈

先日 10/13に恵山岬周辺のボートロックに行ってきた

潮が速いという情報からナツメの10号(37,5g)なんかも準備してたのだが…考えが甘く

狙っていた大型のアブラコは出せなかった



出船!




イメージ 1

5:16


電気の点いていないところから先は船じゃないと狙えないポイント=パラダイス!?





イメージ 2


嫌な感じの雲が気になる…


で、ポイント到着!とりあえずナツメの10号をセット!大物に備えてフックは#3/0、ワームも5,5インチ

キャスト〜すると、フォール中にバイト!! 活性が高いのか?間髪入れずにフッキング!






イメージ 3

5:29 ガヤ よく見るとスレっぽい。。。

この錘(約40g)のフォールスピードで、潮も速い流れ、そんな中デカイワームに食らいついてくる魚っ

て!?と期待してたのだが…

 こんなガヤの入れ食い!!

ちょっと深場にいくと流されて底も取れない状態orn

となればシンカーの連結。10号×2→75gに!それでもガヤのバイトは続いた…

底を取れるところ、取れないところ、都度シンカーを変えるのも面倒なので、75gで通した

根掛りも多発orz

陽が上がってくると、船中からアブラコの釣果も…




イメージ 4



自分は船が移動する際に船長から『あげて〜(回収してー)』の声のあとの早巻き中にゴンッとバイト

その時30cm位のアブラコを釣った。釣ったというより釣れた感が強いので、撮影無し



ロケーションは最高!!







イメージ 5

注:モデルは谷やん



ボートフィッシングに長けている彼は綺麗なフリッピングから面白いようにアブラコを掛けていた!






イメージ 6





船中、50overは出なかったが、良いポイントなので、もう少し水温が下がったらリベンジ予定!!


 それ以降も釣りには行ってたのだが、沿岸は20℃位なので、アブラコの期待は薄い為、覚えたてのアオ

リイカを狙いに












イメージ 7

10/15 10:50 ダートマックス3,5号にて

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 海もいいね

 この時期例年ならフレッシュ(ソルト=塩→海に対して、淡水【渓流】)メインになるのだ

が…渇水であるため、行ってない。渇水での釣りが苦手というか下手な為、今年はこの時期でも

海通いしている。

 渇水でも釣れなくはないのだが、自分が楽しいと感じるような釣りができないのである。


海でもある程度水深があった方が釣り易いと考え沖の堤防へ







イメージ 1





昨日16時から21時の釣行でした。こんな函館山が見れる島堤にて


際でも水深が10m以上あるので、ちょい投げでも水深20m弱。深い=水温低く安定→浅い所より魚元気?

という考えで行ってきた…

深い=暗いせいか?辺りはまだ明るいうちからソイの反応。






 
イメージ 2


20cmちょっと位の真ゾイ。約30gシンカー&depsカーリーテール黒#3,0

その後も同サイズ位の黒ソイがポツポツ みな、底でのバイト。特に根を抜けた直後のヒットパターン

が多かった






イメージ 3


 ほとんど上記do


昨日は夕焼けが綺麗だった







イメージ 4







陽が落ちてからも良い感じ






イメージ 5


景色などは画素数大きいほうがよかったのかもしれない…


 暗くなってきてから浮いてるソイを狙ってスピニングタックルでJHを操作

ほとんどバイトが無かったので、際沿いを探った






ドン!!


直後に突き刺さる!ドラグも数度出されて、ちょっと焦った









イメージ 6


 イワシヘッド5,3g スイミングマレット4【ルートビアゴールド)

多分?際の底で上を見ていたであろう???ハチガラ30cm。

深場からのファイトだったので、サイズ以上のパワーを感じられた(^O^)!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

船だからネ

 先日、8/2我が師からの釣りのお誘い…

夏なので、水深があり、水温が安定している場所が狙い。

沖堤防か?ボートロックか?迷った。

師からは場所は任せると放置された

自分なりにボートロックが気になってたので、函館山裏のボートロックに明るい金龍丸さんへTEL

目的の時間に船(ボート)が出ないとお話になりません。。。

『船は出る(出せる)』との返答。

あとは人数集め… そこで、金龍丸の船長と親しい秋さんをダメ元で誘った。

ご多忙な方なので無理かと思ってたが、『行きます。』との嬉しい返事。

ということから、自分と師と秋さんの3人でボートロックに(^<^)!!

イメージ 1



右:秋さん。左:師(顔はNG)



夕マズメということもあり今時期恒例の







イメージ 2


イカ漁の漁火が良い感じ


イメージ 3





ほどなくポイント到着

皆ボコボコと釣り上げた。時合いなのか?ポイントが良かったのか?写真を撮ってるような暇は無かった

撮影は下船後…死後硬直した感じの写真しかないが









イメージ 4


自分のこの日最大↑








イメージ 5







イメージ 6


久しぶりに良型の黒ソイの数釣りを楽しめた!やはり40を超えると突き刺さる感が凄まじい!!

秋さんは大漁、自分もそれなりに…。圧巻なのは  師




師の最大の黒ソイ






イメージ 7


顔(頭)がバレーボール位あったような…実際はそんなにないだろうが迫力が凄かった。。。


夏枯れ、水温が安定している深場に魚たちが移動する時期ですね

 ほとんどFBでupしてるので、気が向かないとヤフブロでの更新は少なくなって行くことだろう…

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事