おわりまして

YAHOO!ブログサービス終了の知らせがあったことに加え、仕事の方がハンパない忙しさとなってしまい、すっかりブログ更新、閲覧の気力がなくなってしまった。
たぶん令和最初で最後のYAHOO!ブログでの更新である。
約6年前、はじめまして というタイトルで、このつまらないブログがスタートした。
イメージ 1
当初は、Gゲージの備忘録のつもりで始めたのだが、次第にどーでもいい話が多くなっていった。
イメージ 2
文才もネタも面白くない記事だったので、過疎ブログであった。
なにせ一日の訪問者数が今のプロ野球ですら最多勝に届かない数なのだから・・
イメージ 3
そんなブログでも訪問していただいたり、いいねしてくれたり、コメントまでしていただいた方々、本当に感謝申し上げます。
イメージ 4
とっくに廃線ならぬ廃ブログすべき営業係数だったのだが、そういった方々に支えられ、ここまでやってこれた。
イメージ 5
あと1週間ほどで更新も編集もコメントできなくなるらしい・・・
せっかくの記録、残したい気持ちもあるが、生来の面倒くさがり・・・
イメージ 6
移行するのかしないのか、もう少し考えてみようと思う。

お読みいただいてありがとうございました。

それではみなさん、さ〜よぉ〜なぁ〜ら〜♪

(終)




































来月には節目の歳を迎えるので、いろいろ考えるのこころだぁ〜
モンキー・パンチさんが旅立った。令和まであと少しだというのに・・

イメージ 4

普段、あまり着用する機会はないのだが・・

イメージ 1

今日はこれを開いて・・

イメージ 2

・・・

イメージ 3

胸につけていこう・・

本当は腹の上だが。

呉下の阿蒙にあらず?

久々の登場であります・・・
相当、サボっていたなぁ。
イメージ 1
関羽将軍に怒られそうだ。
イメージ 2
当時のクイズ王であったに違いない、孔明
イメージ 6
そう、これは木彫りの三国志群像なのだ。
イメージ 3
小さなギャラリーでひっそりと開催されている。
イメージ 4
射ぬかれた目玉を喰ってしまった魏の猛将、夏候淳
イメージ 5
三国志のはじめの方の悪役、董卓
イメージ 7
この三国志の群像は、かつて放映されていた人形劇三国志の人形を作成された川本喜八郎先生の写真集をベースに彫られたものなのである。
イメージ 8
木彫りのガンダムなんかもある。
イメージ 9
もちろん仏像もある。
これらは私の親父が彫ったものだ。
イメージ 10
これは落雁の木型だ。
祖母の家が菓子屋だったので、店をたたんだ後にもらったものだという。
イメージ 11
その木型を手本として作成した落雁の木型。今では人に教えていることもある。
イメージ 12
お祝いも兼ねてギャラリーと同じ建物にある和食屋で夕食イメージ 13
米なすの田楽がウマい
イメージ 16
ふわふわの卵焼きは、家ではできない
イメージ 14
刺身はいいでんな。日本酒でキューといきたいのだが、車なのでノンアルビールでがまん、がまん・・
イメージ 15
〆で熱々のウニのバター炒めごはんをいただく。

年度末、年度初めのハードスケジュールで足が遠のいたのに加え、Yahoo!ブログ終了予定でブログへの熱も冷める・・
皆さまへの訪問は、ぼちぼちとなりますので、あしからずご了承くださいませ・・・

旧は九、今は50

このゲーム機、懐かしいと感じる方も多いだろう。
イメージ 1
その昔、タカトクからでていた「ゲームロボット九」である。

・・・ 
ナーンチャッテ(←歳がばれる!)
今は、ハナヤマという会社からでている「ゲームロボット50」である。
見た目は、「ゲームロボット九」のまんま(本当は進化しているが)、ゲーム数が9から50に大幅に加増になっているのである。
イメージ 2
「昭和懐かし」のカテゴリにいれているが、今回、紹介する「ゲームロボット50」は平成版のものなのである。
イメージ 3
LSIゲームとかいっていた頃の雰囲気がプンプンにおう。
遊び方はいたって単純だ。
イメージ 4
50種類遊べるゲームは、次のとおりだ。
イメージ 5
電卓みたいなデザインでボタンが光るだけのシンプルなゲームだが、なかなかに奥深い。
もぐらたたきのような瞬発力が必要とされるゲームのほかに暗算や記憶力が必要なゲームもあり、脳トレにぴったりだ。
イメージ 6
説明書は、しっかりとっておこう。遊び方がわからないと、このボタンと光だけで、どんなゲームで遊べるのか想像つきづらい。

長〜い、かわ

かこさとし(加古里子)さんの「かわ」という絵本、見たことがあるという人も多いはずだ。
イメージ 1山から海に流れる川を順におっていく絵本で丹念に書きこまれている。
森林鉄道から始まって、各ページに鉄道が走っているのもミソ
イメージ 2
今回、紹介するのは、この絵巻仕立てになった特装版だ。
最初のページからつながって・・・
イメージ 3
最終ページまで絵巻のようにつながっている。全長7Mにも達するらしい。
広いところで全部つながった状態で見てみたい。
イメージ 4
最後の方は、もちろん海に続いている。
表はカラー、裏は2色で同じ画だが、カラーの方は画に集中させるためか文章なし。
裏は、おはなしの文章が掲載されていて二通りの楽しみ方ができる。
イメージ 5
同じ福音館書店から出版されている「やこうれっしゃ」もぜひ、絵巻仕立てにしてほしい。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事