全体表示

[ リスト ]

2017.8.10.

修理に出していたUREI/525が修理完了とのことで、受け取りに行ってきた。
強烈な暑さの中、なかなかしんどいが、まあ修理していただけるんだからこれほどありがたいことはない。

今となっては、UREI/525は手元に1台しか残っていないけれど、一時5台か6台あった。
青のバッヂの古いS/Nのものとバッヂのない印刷タイプの後期タイプと混在していたけれど、結局は古い方が音に力があったように思う。かといって、印刷タイプのものは、音が滑らかというのか、やはり新しい分ちょっと洗練されていたのかもしれない。


ただ、音の強さというのかアクの強さは古い方があって、このあたりは好みが分かれると思う。結局あたくしは古い方を残した。
というか、それが故障していて放出できなかったというだけなのだけれど。

UREI/525は整備さえされていればアナログのチャンディバの中ではかなりいい音がするし、ものすごく使いやすい。
JBLのSPシステムには第一選択だろうと今でも思う。

4350Aのためには3台のJBL製チャンディバを残しているが、5232、5234A、5235の3台はそれぞれどれもが音が恐ろしく違う。

チャンディバといえども侮ることはできず、SPシステムの音を決定してしまうほどに重要な機材ではあるが、昔から評判の悪いJBLのチャンディバをあたくしは好んで使っている。

UREIはそのあたりが少し違っていて、4350にはやはりJBLを使う方がしっくりくるように感じてUREIは使わない。
UREI/525は本当はもう1台残しておきたかったのだが。
センターSPのマルチアンプ駆動用にどうしても何か必要なので、やはり一番使いやすいUREI/525がベストだと思う。


・・・・・


夕方から久々にクラシックのコンサートに行った。

関西フィルのミートザクラシック。
小川理子さんがバッハを弾くというので、応援しに。


やはり生の演奏会というのはいいもんだなーと思ってしんみりとしていたら、いい歳をした中年おやぢがアメを出してきて食べていたり、お茶を出して飲んでいる一見セレブ風のおばさんがいたり。

品のなさ、マナーの悪さときたら、もう何でもアリの世界か?と一見中〇人かと思ったが、日本語を話していたので、おそらく日本人だろう。


いい歳をして何をしているんだろかと思う。せっかくコンサートを楽しみに来ている人のことを全く考えないアホな人間は抹殺されてしかるべきだと思う。

おいしい料理店で、タバコを吸うとかまあいろいろとあるが、もうちょっと何とかならないんだろうか?と思う。


後ろから靴の底でアタマをシバキ倒してやりたかったのだが、ああいう人間にだけはなりたくないと思った。


小川さんの演奏は、さすがにすばらしいものだったと思う。
本来JAZZピアニストの彼女がバッハを弾くところを聴けるというのも、まあかなりのレアモノ。
いろんなことを考えさせられた。

やはり生の演奏にはこれからも出かけてみたい。
音楽は、やはりこうでなくてはならない。オーディオも大事だけれど、生の演奏に接することの大切さ。

BS Japanで放映されるみたい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事