全体表示

[ リスト ]

2017.8.29.

最近、オーディオネタなんてほとんどないねえ〜。

暑くて、音楽聴くと言っても、聴く気にならないしね。
当然、オーディオからは遠ざかってしまうのだが、、、


最近は、ドラム!!を練習している。

イメージ 5


ドラマー・ジョージアンさんにもらった練習用のスティックを使って、練習用パッドも買ってきて、毎日何分かは練習している。
その時に少し音楽を聴くだけかなあー。

ジョージアンさんにダメだしされたうちのドラムセットのシンバル系を替えようと思って、まずは持っていなかったライドシンバルを手に入れた。スタンドとセットで2500えんくらい。PearlのWild500で、全く人気ないのだが、、、これでとりあえずは最低限のセットが出来上がったと思う。まあ今まで使っていたカナダ製の安物の16インチのクラッシュシンバルよりは少しマトモじゃないかなと思うが、、、、楽器屋さんで売っているジルジャンとかパイステなんかを少し叩いてみると、、、やっぱり違うんだねえ〜。今使っているハイハットも全然よくないので、のんびり何か探そう。


今日は、2つ荷物が届いた。

一つは、DENON/DL-103。やっと届いたという感じ。

イメージ 1


まあ、別に急いでもいなかったし、暑いのでほとんどレコードかける気も失せていたのだけれど、、、


荷物が届いてしまうと、やはりチェックも兼ねて聴いてみたくなるのは、まだオーマニのはしくれだけに放ってはおけなくなる。


DN-307純正のヘッドシェルに装着してみる。ネジ類は昔はもっとたくさんついていたはずなのに、、、1組しかついていない。
まあ、それで十分なんだけれども。

イメージ 2


ネジの形状は昔のDL-301の時と同じ形状で、なつかしさがこみ上げる。

一通りチェックをしてアームに装着。

イメージ 3


もう純正だけに指定通りに取り付けるだけ。
針圧も最初から決められたDL-103用の位置にあわせてみる。

試しに、針圧計をつかって針圧を確かめてみたが、恐ろしく正確な針圧を示す。
さすがに、日本製だけあって、このあたりは全くすばらしいの一言。

恐ろしい精度にさすがにプロ用の機材たるゆえんを見た気がしてうれしくなってしまう。


エレボイチームにつながっていたので、アンプの電源を入れる。

レコードは何を聴こうか・・・。


と考えていたが、この前買ったシングル盤を。

イメージ 4


古時計のロードショー。昔よくラジオで聴いた。

プレーバックされる音は、もう安定しきったさすがの局用ターンテーブルに純正のカートリッジときているから、言うことない。

お次は、、、

風のメロディー/チューリップ。
これもいいねえ。アナログちっくで、時々音が暴れるのがおもしろい。
演奏のムラみたいなものが、よくわかる。

今だと、デジタルサウンドだろうから、ドラムやベースだってパソコンで入れるだけだろう。
こっちは、揺れるわ音がはみ出したりでもうおもしろいくらいに粒がそろっていないのが何ともうれしい。

お次は、オフコース/さよなら。

これも、なかなかすごい。デジタルサウンドにはまねのできない領域。


いやー、さすがにすばらしい。

やはり、DL-103で使うべきプレーヤーだったんだね。DL-301でも結構よかったが、安定度の違いはどうしようもない。



もう一つの荷物は、オーストリッチの鞄。やけに安かったので、ついポチってしまったのだが、、、

最近、オーストリッチなんて持って歩いている人は見ない。
だからよけいにほしくなったんだけれど。

実際に現物を見てみてみると、なかなかのクオリティー。
と思ったが、実際のところはどうなんだろうねえ〜。パチモンかもしれないけれど、まあ安いのでいいや。

だちょうクラブにはほとんど興味がないし、クロコだって別にほしいとは思わなかったのだけれど、なぜかこいつには目が止まってしまった。長い間出品されているにもかかわらず、誰もポチらないのでよかった。やはりいいものはいいねえ〜。

最近、こんな鞄作ったところで、ほとんど売れないんだろうね。
コスパが悪いんだろう。

若い人は当然ほしいと思わないだろうし。
でも、きっとこれはかなり前に作られて売れずにずーっと残っていたんじゃないかな。

製作年代は、2000年以降のものではなさそうに思う。
鞄も楽しいねえ。やばいねえ。



・・・・・



2017.9.6.


オープンリールテープを手に入れた。

古いんだろうけれど、新品と書いてあったので、とりあえず。

録音時間は、たぶん30分くらいしか録音できないと思うんだけれど、19cmで。10本。

今手に入るフランスやアメリカのオープンテープは、もちろん新しいんだろうけれど、耐久性に問題があるとかある筋から聞いた。


どっちみちダメなら古いやつでいいものがあればまだ使えるかもしれないと思った。
手持ちのものは、すべてが鉄粉がはがれてヘッドにこびりついて使えなくなるものが続出していたので、録音には使えそうになかった。
そのうち、生録に使うつもり。あまり期待はしていないけど。



それもあって、ドラムの練習。

しかし、ギターもベースもろくったに弾けやしないのに今度はドラムかえ、と自分でもなんだかなーと思っている。

ボケ防止もあるのだが、ドラムをたたくと決めたので、年末の演奏に向けて練習している。
ドラムって、本当に奥が深い。


目の前でジョージアンさんのたたくドラムを聴かせてもらっていると、同じドラムが鳴っているとはとうてい思えないほどに同じセットで自分が出す音とは違う音が出てくる。桁違いに何かが違う。

ジョージアンさんもたいがい30年以上?は叩いているんじゃないか?と思うけれど、その音のバリエーションの変化は驚き以外の何物でもない。

高校生の時に自分にギターを始めるきっかけを作ってくれた友人は、その頃にドラムを始めた。
すぐに上達してゆくのが何ともうらやましかったのだが、確かに上手いんだけれど、そこは高校生なんだよね。

大学に入って、これまた友人がドラムをやっていて、この人のたたくドラムは、高校時代の友人のたたくドラムとは全然違うスタジオミュージシャン級の人で、なんでもござれという感じの人だったのだが、どこかフュージョン系のドラムが似合う人だった。

ジョージアンさんは、最近になって味というものをものすごく感じさせてもらった気がする。

ドラムに味があるのはうすうす気づいていたのだが、やはり年輪がそうさせているのか、よくわかならいけれど、歳を重ねたミュジシャンならではという感じがして。

先日小川さんのコンサートでも感じたのだけれど、これが風格とか円熟というもんだろうか。

思わずうならされてしまう何か・・・。



あたくしは、歳は食っていても初心者だからそんなものは何にもない。
単に、リズムを刻むのさえままならない。
でも、毎日叩いていると、すこしマシになっているように思う。



山下達郎のクリスマスイブをやる予定なのだけれど、、、
楽譜を見ていると、随分と単純で簡単そうに思っていた。

がしかし、、、実際に叩いていると、全然うまくゆかない。シンプルが故に、よけいに基本ができていないとアラが目立つ。

いかに、このドラマーが上手いか、、、はJBLの4430でモニターしながら必死に聴いているとだんだんとわかってきた。

とてつもなく上手い。いろんな演奏の技術が凝縮されている。
さすがに、プロだねえ〜。



最近遅まきながら山下達郎にやけに感動しているわけで。
パラゴンで聴いていると、ぜんぜんよくわからなかったのだが、なぜに4430なんだろうね。


そういえば、4430から出てくる音がすこしビビるので、アンプかなと思ってかえてみたけれど、同じ。

で、恐る恐るウーハーを見てみたら、完全にエッジが砕けていた。

んがー、これは・・・張り替えですな。


仕方なく、2235をはずして、代わりに休んでいた2225と2226をいれた。

さすがに、雰囲気は似たようなもんだ。音が確かに変わるのだが、まあ十分に使える。


そのうち自分でエッジを張り替えよう。



・・・・・


2017.9.9.


久しぶりに、京都へ行った。

三条通りをずっと歩いていると、何気にジャズライブの表示が。

試しに入ってみた。

お客は少ない。かわいいアルバイトらしき店のおねえさん以外は、おじさんばかりだった。

最初席を見渡してみて、何か目立つ人が座っていたのだが、その人はなかなか好き者なんだろうなーと思っていたら、演奏者だった。あまり冴えないペットの音だったが、それなりに楽しめた。


ドラムは、グレッチのドラムセット。ドラムのおじさんは上手かった。しゃれたシャツを着ていて、なかなかのもの。


自分は到底こんな風にはたたけない。長いことやっているんだろうなあーと思いながら、自分は歳ばかりくって、何もできないことにちょっとさびしさを感じるけれど、まあしかたない。
これから少しずつ練習してゆくしかない。


昔、高校生の時、ギターばかり弾いていたら親父さんにおこられた。
オマエはバンドマンにでもなる気か?。

もっとやらなければならないことがあるだろうー!とこっぴどく怒られて、結局はしばらくしてギターを持つのを止めた。
そのうち再開することもほとんど考えられなかった。

大学に入って、再びバンドを組んだのだが、、、音楽をやっていたり好きでいてよかったと思う。

どうしようもない悲しみに暮れる日もあったけれど、音楽があったからこそと思えたりもして。


下手は下手なりだけれど、まあそれでも音楽をすることの楽しさは、ちょっと他にはない喜びでもあったりする。


ドラムセットの、メンテナンスという初心者向けの本を買って読んでいる。
以前、ジョージアンさんに教えてもらったことがそのまま書いてあるのだけれど、本ではわからなかったことも、実際に目の前でやっていただけたことは、随分とありがたかった。

人との出会いというものは、不思議なものだ。


エレボイだって、ジョージアンさんのお宅に行かなければたぶん手に入れていないだろうし。





・・・・・



2017.9.17.


台風接近中。

暴風雨で、電車が止まるか?と思ったが今のところ動いている。
すごいねえ。


最近は、毎日ドラムをたたく日々だけれども、一向にうまくならない。
やはり基礎練をしないと、上手くなるはずもないか・・・。

よき指導者がいれば、効率がいいのかもしれないが、ドラムスクールに通うほどには体があかない。


上手い人の講習会をyoutubeなんかで見ていると、まあもともと違うのだけれど、これでメシ食っているわけだから、そりゃ違いますわ。


で、そういう人が有名な人のCDなんかでたたいているわけだから、デキが当然違ってくる。

嫁さんに聴いてもらっていたら、少しマシになったんじゃない?と言ってくれたが、

クラッシュシンバルは、なべぶたみたいな音だし、ハイハットは、おサルのおもちゃみたいな音がすると言っていた。
以前、ジョージアンさんにもこりゃダメだよと言われていたのだが、ど素人の耳でもあっさりとわかってしまうくらいにひどい音なんだなーと。

こりゃシンバル買うしかないのだが、狙っていたシンバルが値上がりしていてちょっと気が引けている。


何かオーディオ製品を売って、足しにしようか・・・とも思うのだが、売れそうなものがない。

いつもエレボイを売ろうか売るまいかと悩むのだが、結局は売れなくなる。


仕方がないので、値段が下がったら買おうと思う。



・・・・・



2017.9.18.


最近、オーディオ熱がさっぱり冷え切っていて、もう十分やったしなーと思うことが多い。

欲しいものがないことはないのだが、なかなか手に入れるには相当の出費を覚悟しなければならないので、何かを売って軍資金を作るか?と思うが、売れるとしてもターンテーブルくらいなもんか。そこまでしてほしいというわけでもないので、なかなか食指が動かない。


それよりもちょっと盛り上がっているのが、またもや楽器病ですな。

シンバルもほしいのだが、ギターもほしい。

フェンダーのテレキャス。シンラインと普通のテレキャスと。


フェンジャパでもいいのだが、それでも結構な値段。バインディングの入ったデラックス版だと、10万越えもザラ。
アメリカものなんか狙おうものなら、安いものでも15万仕事。
中古でもいいが、できれば新品で手に入れたい。


ドラムは、毎日叩いているが、なかなかうまくならない。
当たり前だけれど、上達するための練習をやっていないので、上手くなるはずもない。

そうる透さんのYoutubeをみていると、若い時は1日8時間練習したとか。
東大に行く人は、1日18時間勉強するらしい。

とことん合目的なんだなーと感心する。
迷いがないというのか、何をすればいいかを分かっている。

だから迷わない。
偉いひとは、やっぱり違うねえ。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんばんわ、ベンプレ親父です。

ドラムを始められましたか。当方は大阪暁明館病院の聖歌隊で歌っています。
テナーパートでしたが、リーダーのお嬢さんに言いくるめられてバスに左遷されましたw

2017/9/9(土) 午後 7:49 [ rem**uri ] 返信する

顔アイコン

ベンプレ親父さま、ごぶさたしております。最近WEに逝かれたんですね。
まあ、自分には一生ご縁のない世界ですが、今までに何度か聴かせていただく機会がありまして、そのたびに、ああーやはりいいもんだなーと思っていました。

聖歌隊でバスですか!。まあ、おおきな体格でさぞかし声量がおありだと想像します。音楽はどんな形であれ、演奏する側に立ってみるのも大事なことだと思います。声楽もまた奥が深いのでしょうね。

音の楽しみは尽きませんね。

2017/9/10(日) 午後 10:13 [ gon*a*051 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事