全体表示

[ リスト ]

2017.10.8.

最近は、あんまり牛肉を食べたいと思わなくなってきた。

20代は、やはり焼肉といえば量があればよくて、少々油濃いものでも食べれたのだが、最近は食べたいと思わない。

食べるにしてもサーロインは頼まないで、ヘレだけとかになってきた。

というか、、、油の濃いものは体が受け付けなくなってきて、食べたあとに下痢をしてしまう。



というわけで、先日も北浜の駅を上がったところにステーキの店があるので入ってみた。
若いひとだらけで、お酒も入ってかなりうるさい。隣ではおばちゃんの同窓会?かなにかで、こちらも盛り上がっていてよくしゃべるしよく飲む。

大〇門がやっている店のようだが、100g単位で頼まないといけないので、少し多いかなと思ったが、希少部位のところを200gと一番安いモモのところを100g。これを2人で食べたのだが、、、案の定夜更けに目が覚めてトイレに。


そういうのが重なると、どうも肉というものを敬遠しがちになる。

昔、ステーキのロ〇で食べたとき、ヘレ100gとか50gとかいうメニューになんじゃこりゃ?と思った時代もあったが、
最近漸くそういうメニューになっている理由がわかった。

その店に行くような人は、お金もちの年齢の高い人が多いんだろう。新地も近いし、そんなにたくさん食べる必要もない。



で、何のことだったかというと、
久しぶりに千〇の商店街にでかけてみた。

某肉屋さんがやっている店があって、そこの2階でお店で買った肉を食べれるのだが、1階でも食べれるようになっていて、なにやら一杯呑み屋さんのような、テントが張ってあって、そこをくぐってみた。

ランチタイムだったのだが、1ポンドの定食というのがあって、おすすめと書いてあるのが目にとまり、とりあえずそれを頼んでみた。A5ランクの佐賀牛のもあったのだが、、、こっちの方が面白そうだったので、佐賀牛は次回にと。

2人でシェアしてもいいということで、ごはんは大盛りを2人でわけた。
450gくらいある肉も分けて食べた。ハサミで切って食べるのだけれど、、、


これが意外にも、さすがに肉屋さんがやっているだけあって、絶妙な焼き加減。
こんなに食べれるのか?と思っていたが、ペロリとたいらげてしまった。

どんぶり飯も2人で食べてもまだ多い。
それに味噌汁、サラダ、ドリンクがついて、3000円くらいだったのだけれど、、、

こいつは、全然お腹をこわさなかったし、夜は蓬〇の豚まん1個と豆腐とサラダという極めてヘルシーなもので十分に足りた。


この3000円の1ポンドランチは、どうなんだというと、あたくし的には、とんでもないコスパだと思った。
こんな店大阪では、知らない。


びっくりド〇キ〇で食べても、まあ200gのハンバーグディッシュが、1000円前後だからね。

お肉も、普通の店で出てくるような、ステーキ定食の肉とは質も量も焼き方も、すべての点において、全くクオリティーが違う。


以前から入ってみようと思いながらも、行けなかったのだけれど、漸く希望がかなって、また行きたい気分になっている。

肉は、やっぱり質と焼き方だね。すごい店を発見してしまった。



・・・・・



牛肉といえば、すき焼きか。

京都のお店だけど、モ〇タ屋さんがある。
そこのすき焼きが結構好きで、時々行くのだけれど、ここではやはりすき焼きでしょう。

少しお値段がするけれども、お肉は、ジョージアンさんの近くで飼育しているらしい。

ここも焼き加減がいい具合で、すき焼きって結構おいしいんだなーと感心した。

やはり、肉は焼き加減だよね。

そのうち、ジョージさんさんに、お礼に奢ってあげたいね。



ヨハネスどんも、M支配人も焼肉の焼き方には、相当うるさい。

たしかに、彼らに焼いてもらった肉は、おいしい。
何かしらおおざっぱに見えて、絶妙なタイミングを慎重に見極めて焼いている。


そういうことを全く頓着せずに、学生のころ、ごろごろと裏返して焼いていたら同級生に怒られた。

そんなことしたら、マズくなるやないか!



最初は、キョトンとしていたのだが、だんだんとわかってくる。
そうか、、、焼けばいいというもんでもなく、食えばいいというもんでもない文化があるんだな・・・と。


オーディオもそうだけど、絶妙なタイミングというのかバランスというのか、そういうものを1000%自分の五感を発揮させてやるべき趣味だということを、やがて教わってゆく。


楽器の弾き方もそう、エレキならボリュームとギターアンプのボリュームの位置の絶妙なところを探さないといけないとか、、、


とにかく、「絶妙」ということがものすごく必要とされる世界ではある。


あたくしのような、何でもごった返して適当にやっているみたいなことでは、とても音楽もオーディオもうまくできないということですな。


この歳になって、だんだんとそういうことを痛烈に感じるようになってきた。
しかし、時すでに遅しかもしれない。。。。。



・・・・・



漸く手に入れた、Fender / Telecasterだが、、、先日VOXのアンプにつないで音を出したら、あまりの素っ気なさにがっかりした。

これが、今まで思い続けてきたテレキャスだったのか?と。

お店では、音を出さずにいた。だいたい想像がついていた。しかし、実際に家で鳴らしてみると、全然違う印象だった。


VOX/AC30には、セレッションのユニットが入っているのだが、、、



Fenderといえば、Twin Reverbだろう。ツインリバーブといえば、ジェンセンのユニットだろうから、使うアンプでも随分と印象が異なるはず。


うちには、ツインリバーブを持っていない。もっと安いツインバルブという小さいのならあるのだけれど、こっちはセレッションのユニットだからねえ〜。

そのうち、ジェンセンのユニットが入っているフェンダーのアンプを探してみたい。


そもそも、テレキャスでどういう音を出したいのか、、、というのが、自分の中に明確になっていない。

テレキャスは、しばらくは迷走するんだろうねえ〜。




・・・・・



2017.10.11.


最近サンクラS8000とDENON局用オープンテープデッキを使って、生録をするようになってきたのだが、DENONのデッキが壊れた。

サンクラも調子が悪い。

メンテナンスしていないのでまあ仕方のないことだが、それにしても生録というのは、1発で決めないといけないのに、失敗してしまうとどうしようもない。

そのバックアップ用に何か用意しておくことも必要かもしれないのだが、そこまで機材を置いておけもしない。


昨日は、録音しようと思う前に、突然デッキが壊れた。

仕方ないので、KORGのMR-1000でデジタル録音でやってみたが、これももうひとつ慣れていなくて、失敗した。

がっかりだが、ミキサーの調子も悪く何もかも古い機材だとどうしようもないなあーという感じ。

デジタルなら、安い録音機もたくさん出ているから、そういうのでもいいかもしれない。
わざわざマイクを立ててやることもないように思うけれど、少なくともそれ以上の結果をアナログで出したいじゃないのよね。


デジタル録音機は、やはりそれなりにレベル設定を考えないと、テープデッキのようにはいかない。
結構難しいなーと思う。

デジタルはダイナミックレンジが大きいので、低めに設定すればいいだけのことだろうけれど。
何回か、やってみないといけない。


データーの中に、昔ヨハネスどんと録音したものが残っていた。

何年も前だろうけど、デジタルにしても、アナログにしても、記録が残っていると、その時の光景が思い出されて、、、
なかなか楽しいもんだ。

生録の楽しみというのは、こういうところにもあって、プロの音楽家の中には、自分の演奏した記録なんて聴きたくもないという人も多いけれど、録音の楽しみって、写真を撮るのと似て非なるところがあたくしにはちょっとうれしいんだろうね。



・・・・・



2017.10.21.

台風がきている。
外は雨。

ここ2日前あたりから体の調子がわるい。

風邪をひいてしまったようだ。


お昼何食べようか?と思った。外は雨だしなあー。お腹すいたなーと思っていた。

元気をつけなきゃと思って、また例の肉屋さんに行った。

某氏には、大変不評だったのだが、、、


今日行ってみると、この台風のさなかかなりの人がいる。
すごいなーと思いながら商店街を歩いてゆく。

角を2つ曲がって目的地へ。

おー今日もやっていた。


頼むのは、お決まりの1ポンドステーキ。


今日は、1枚の割と厚めので来た。
某氏は、やはり行った日が悪かったんじゃないかなあーと思わずにはいられない。


何とか平らげて、家路に。

晩御飯は、あまり食べれなかった。

しかし、風邪とはつらいものだ。
何とか、台風も、風邪もそのまま去って行ってほしい。


頭がいたいし、少し咳も出る。が、、、まあステーキのお蔭で、少し快方に向かっているような気もする。

ステーキの質自体は、前回の方が良かった気もするが、まあこれだけ食べれたらよしとするしかない。



シンバルをまた1枚ポチってしまった。
シンバルの表現というのは、本当にいろいろなんだなと改めて感心してしまう。

上手い人のようには叩けないけれど、もっといい音で鳴らせたらなーと思う。
最近、練習するにしたがって、なんとはなしに、音の質が悪くなっているように思う。


ひとつひとつのアタック、にもう少し気を入れてたたかないと、いい音が出ないように思う。

高校生のときにほんの1か月ほどたたいた時期があったけれど、できそうにないと思って挫折した。


今回だって、1曲仕上げるだけなのだけれど、原曲のその裏には、いろんな技術が凝縮してあって、とてもじゃないけれど、
マネのできる仕業じゃない。


簡単に考えていたのだけれど、やっているうちに、だんだんと基礎練の足りなさが身に染みてくる。

プロのドラマーは1日に8時間たたき続けたとか言っている人もいたけれど、ひたすらに、リズムをキープする練習をやりつづける、それがドラマーとしての最低限の仕事なんだろうなあーなどとちょっと、その人のコメントには頭をかかえてしまった。


まあ、下手でもやるしかない。練習するのみだね。

ただ、もっと効率のいい練習方法がないのか?と思うのだが、なかなかそんなのはなさそうだね。


才能とは、努力できる才能ということだろう。
東大に行く人は、1日に十数時間勉強するとか。それだけ勉強できることがすごい。

一流のドラマーも8時間たたき続けれられるその気力がすごい。


とても、マネのできることじゃない。




・・・・・


2017.10.23.


台風が去って、前に住んでいた家が雨漏りをして床下浸水ならぬ床上がえらいことになっていた。

それにきずいたのは、たまたまだったのだが、よく漏電なんかしないで火事が起きなかったと恐ろしくなる。


真上の物干し場の水はけが悪くなっていたおかげで、そこが水浸し。
で、防水もきちっとされていないんだろうと思うが、天井がら水がどんどん落ちてきていた。

これで、畳も天井も壁も総張り替えだろう。

どこかでそういうことがないと手を付けなかったし、まあしょうがないね。人災ですな。



調子こいで、またUfipのクラッシュを買ってみたのだが、、、ちょっとがっかりした。

先日手に入れて感動していたのもつかの間だが、今回手に入れたのは、たぶん最近のモノだろうと思う。


この前のやつは、10年か15年くらい前のものらしいが、つくっている職人さんも代わるだろうし、材質もだんだんと変わっていくんじゃないかと思う。

前のものの方がはるかに響きが良くて、ものがいい感じがした。
シリーズの違いだけではない気がしているんだけれど。

速攻で、もとに戻した。

最近のものは、やはりいかにコストダウンするかばかりが重要視されているように思えて、、、。

結局は、いいものがだんだんと高くなって手が出ないようになってきているんだろうね。


楽器だって、シンバルひとつとっても、時代の流れがあるんじゃないんだろうか。

10年ひと昔とかいうけれど、、、


作るひとも、使う人も、材料も、考え方も、感じ方も、、、何もかもが変わってしまうんだろうなあ〜と思うことが増えてきた。

歳をとってくると、なんかまた独特の感じ方になってくるのかもしれない。




・・・・・



2017.10.29.


最近、ドラムをたたいていても、どうも何かおかしいと思うようになっていた。以前にドラムを購入したときに、ドラマージョージアンさんが来てくれて、調整して行ってくれた。

その時は、それでものすごく調子が良かったのだが、あれから結構ドラムをたたくようになって、時間も経ってきたら、どうも音の響きが悪いように思えていた。


で、以前にジョージアンさんに教えてもらったことを思い出しながら、You tubeでもいろいろとドラムの調整の仕方を紹介しているビデオがあるので、そういうものもいろいろと研究しながら、一番気になっていたハイタムとフロアタムの調整をやってみた。


いろいろと研究していると、ほとんどの記述では、そのドラムが最もイキイキと鳴る音を見つけてあげることと書いてある。

しかし、初心者のあたくしにとってみれば、どういう音がイキイキしているのか、その楽器が鳴りたがっている音なのか、わかるハズもなく、正直どの方向へ向いてゆけばいいのかわからなかった。


今日は、台風の接近によって大雨の中、無理をお願いしてまたドラマージョージアンさんに来てもらった。

お昼になったので、ごはんに。



今日も例の肉屋さんに行くことにした。
1ポンドステーキにしようかと思ったが、2階に上がって、結局はA5ランクの焼肉となった。

霜降りがちょっと多い感じだったのだが、網で油が下に落ちるのと、肉の質もやっぱり良いのだろう、油っこい感じがしながらも意外に食べれた。

1ポンドステーキも試してほしいところだが、あたくしたちの年齢になってくると、こういうのがいいのかもしれない。


またしてもかなりのコスパだった。


で、またうちに戻って、本格的にドラムのチューニングにはいる。

今日は、テンションウオッチというTAMAが出している、テンションを測定して皮の張り具合を数値にするというものらしい。


ドラムのチューニングの仕方は、本当にいろいろYou tubeで見ることができるが、しかし、見れても触れない。
本当にどんな音がしているのかも、わからない。

読売〇響の主席がやっているのも見れるのだが、結局見る目も聞く耳も持っていないあたくしには、ほとんどわからないというしかない。

要するにレセプターがないんだからね。



で、テンションウオッチで調整してみてもらったのだが、やはりそこにもジョージアンさんの長年にわたる経験と勘があって、そういうものを動員しつつ、そこに測定器も取り入れるという、まあ言ってみればこれこそがベストの方法だろうと思えることを目の前でやっていただいたわけだ。


ジョージアンさんが帰られたあと、しばらくドラムをたたいていたのだが、調整前と雲泥の差が出ていることに気付く。

音が気持ちよく解き放たれる。叩いていて気持ちが良くなってくるから不思議というのか、おおーこれが鳴りたがっている音なのかーというのが、少しわかった気がした。


ギターだって弦を張り替えないといい音がしないしね。


オーディオだって、そのシステムが鳴りたがっている音をいち早く察してその方向が見いだせる人が、本当の上手い使い手じゃないかと思うのだけれど、それはその人が耳だけでできるかもしれないが、凡人にはそんなことはできない。

だから、いろんな測定器も使うのもいいと思うし、イコライザーも必要だと思う。



SPがどういう音を出したいのか、、、そんなの初心者にはわからないこと。
無理なんだよね。だから、とにかく聴く、ひたすら聴くしかないと思ったりするのだけれど、、、


楽器だってそういうところがあるのかもしれない。
テンションウオッチの取説には、タムの口径によって、おおよその推奨テンションが書いてある。

自分がYou tubeを参考にやってみたチューニングでは、あきらかにハイピッチになっていた。

打面とボトムの音を同じ音程にしろと書いてあるが、そのテンションウオッチの推奨テンションは同じではないようだった。

ファンキー末〇さんのブログには、同じ音にせよと書いてあって、アメリカで経験したことが書いてあるのだが、、、


今日のチューニングの経過を振り返ってみるに、やはり皮の材質や品質によって、打面とボトムを同じ皮を使っているわけではないので、同じ音にする必要性はあるのだろうけれど、実際にはそうでないこともあるんじゃないかとも思う。

どちらも振動させないといけないが、コンプライアンスが異なるわけだから、同じ音にするには、テンションが異なるはずで、そこはやはり絶妙なポイントがあるんだろうなということが想像できる。


思いがけない、いい経験をさせていただいた上に、実はハイハットスタンドまで持ってきていただいた。
もう使わないし・・・ということらしいのだが、まあ、とんでもなくうれしいのだが、申し訳もない気がして。


ハイハットスタンドは、前に使っていたものとは柱の太さが全く違う。ペダルのテンションも可変になっていて、遥かに上質のものだった。うれしくて早速交換させていただいたのだが、、、やはり違うわ。


楽器は、いいものはいいね。

ホントありがとうございました。m(__)m
もっと頑張って練習しなきゃと思います。



ドラムって、昔1か月ほどで挫折したのだが、最近は楽しくなってきた。
何もほとんどノルマみたいなことがないので、自由に自分のやりたいようにできることが何と言ってもありがたい。


制約がないと人間なかなか上達しないけれども、挫折しないで続けられないといけないので、今はこれでいいんだと思う。


いくつになっても、音楽はやっていたい(あくまでも趣味の範囲で)。



・・・・・



2017.10.31.


もう10月もおわりですな。

ポチったブツが到着。

シンバルスタンド、ナント新品ですな。これはかなり贅沢をしてしまったのだが、、、結局シンバルスタンドも、3000えんか4000円で買っても、送料がかかるので、5000円くらいになってしまう。

いちいち競るのも面倒だし、3000えんくらいの差なら新品にしようと思って、買ったのだが、初めての新品スタンド。

ピカピカですな。当たり前ですが・・・。


テレキャスのために、エフェクターを。ディストーションとコーラス。

BOSSのにしようと思っていたのだが、、、以前にデジタルディレイを買ったら、音が良くなかったので、アナログのディスト―ションと、コーラスを買った。結局は、Ibanezのミニシリーズにしたのだが、、、結構面白いと思う。


もともとそんなにこだわりがあったわけではないから、まあこのくらいの音が出ていればとりあえずよしとしよう。
テレキャスでコーラスをかけてみると、思いのほか音が美しいことに気付く。

何ともねえ〜、いい感じになる。BOSSの高いやつにしたかったのだが、、、他にも買わないといけないものがあるので。

エフェクターも凝り始めるとどうしようもなくなるので、、、この2つだけにしておくつもり。当面。

高校生のころ、エフェクターを使っている人の音を聴かせてもらって随分と感動した記憶がある。
もちろん上手いのもあるのだが、こんなに音を変えられるんだなーと。

その時のディストーションはたぶんBOSSのだった気がするが、、、。
最近のは、デジタル処理をするのが多いみたいで、どうもいい機材の音を聴いていないのでわからないのだが、、、

デジタルは体質に合わない気がしている。


KORGやBOSSのたくさんのエフェクターを1つにまとめたような物があるけれど、よほどアレにしてしまおうかと思ったが、、、

何となく昔風で、アナログのエフェクターを2つくらいつないで使っているあたりが、一番よさげな気がする。


デジタルは、本当に何でもできてしまうようだけれど、、、それが良くもあり、つまらなくもあり。
上を目指す人は、それでいい。

あたしゃのんびりやる。


デジタルを駆使したサウンドの曲なんてやりたいと思わない。

音も、なんか平板な気がして。時代についてゆけないだけだろうけれども。


定番のチューナー+メトロノームも買った。
練習には必需品ですな。

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

ベンプレ親父です。
私も昔は600gのステーキを食べていましたが、今は450gで足りてしまいます。

「さと」のしゃぶしゃぶ食べ放題で、あんまり食べるので、注文もしていないお餅を大量に持ってこられたり、くるくる寿司で皿を積み上げすぎて、奥のスシ職人さんが、皿が足らないので会計前ですが回収させてくださいと来たり、ココ1番カレー1300gを9分で食べてタダにしてもらったりいろいろやりました。

全部昔話です。食が細るのは寂しいですね。

2017/10/10(火) 午前 10:53 [ rem**uri ] 返信する

顔アイコン

ベンプレ親父さま、何をするにもスケールがでかいですねえ〜。
食が細るのは、決してさびしいことではなく健康になっているんじゃないですかね。

突然のアタックで倒れたりしないでくださいよ〜。 削除

2017/10/10(火) 午後 9:05 [ ごんた ] 返信する

了解しました(^ω^)
ベンプレ親父です。

2017/10/10(火) 午後 9:29 [ rem**uri ] 返信する

顔アイコン

いつもお世話になります。

「日」によってでなく「人」見て、提供するものを決めてはるんですかね〜
くっそ〜〜〜、今度はジャケット着用してみたります! 削除

2017/10/23(月) 午前 10:05 [ M ] 返信する

顔アイコン

あたしゃ、思うんだけど、たぶん仕入れの問題だけなんじゃないかなと。だから、日によるんだと思ってます。 削除

2017/10/24(火) 午後 11:41 [ ごんた ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事