全体表示

[ リスト ]

2017.11.29.

バンドをやりたいと思いながらも、なかなかその夢が実現しなかった。

自分ひとりじゃバンドはできない。


いや、できるのかもしれないけれども。
最近のレコーダーは安くていいデジタル機がたくさんでているから、比較的簡単に自分で録音して曲ができてしまうかもしれない。

自分も時々そんなことを考えたりもする。
ひとりバンドみたいな。

ただ、自分のレベルがあからさまに出てしまって、決してそのレベルを超えることはできない。
それがよくもあり悪くもあると思うけれども、まあ音楽するということに関しては、それなりに満足はできるだろう。

 

まあ、そんなことたあー置いておいて、、、

ついに念願がかなった。

協力してくれる人が現れたんだなあーこれが。

ほとんどの人は、ズブの素人ばかりだけれど、それでも人の力というものはすごい。
上手い人もいるので、それなりに恰好はつくのだが、やはり一番の問題は、自分だったりする。


ドラムを高校1年のときに1か月ほどかじって挫折した。
ドラムというよりも、音楽をすることに挫折した。

ギターもさることながら、全然音楽の才能が自分にはないことを思い知った。
いや、もっと言うと、音楽に対する情熱のなさに挫折した。


あれからかなりの時間が経って、今度バンドを作ることになったのだが、自分はギターかベースでいいと思っていた。
しかし、ほとんどの人が素人なので、自分がドラムにまわるしかなかった。


実際に始めてみると、やはり自分の音楽的な感性のなさにがっくりとしてしまうのだけれど、やると決めた以上はなんとしてでも恰好をつけたい。形にしたい。


というわけで、毎日それなりにタイコをたたいて練習してきた。

本番目前で、録音してみることにした。


先日修理してもらった局用オープンリールデッキを使って38cm/2Trと、KORGのデジタル録音機MR-1000を使って両方とってみた。

38cm2Trは、もううれしくなるような音で録れた。

演奏は全然ダメだけれど、しかし、音はさすがにいいと思う。

デジタルの方は、きっと機材に問題があって上手く録れないんじゃないか?と思うが、録音レベルも以前の失敗したことからすこし低めに設定してとってみたが、やはりダメだった。

こうなれば機材そのものの不具合じゃないか?と思う。


今回の録音は、デッカツリーの変法?というのか、深田さんという人のセッティングでやってみた。

コンデンサーマイクは、AKGのC2000が1本とC3000が2本しか持っていないので、それで録る。



左右の間隔は1.5mで、中央に24cm前に出してセンターマイクを置く。

録音場所の天井が低いので、ちょうど床と天井の中間くらいの高さに設定した。

ミキサーは当然サンクラS8000。


38cm/2Trの音は、本当に感心してしまう。マクセルのバックコーティングのオープンテープは未だに健在。

安いマイクでも、かなりいい具合に録れる。


マイクのケーブルは、バンデンハルとモガミ。左右にはバンデンハル、中央にモガミ。


ここをカナレのケーブルを使うと、味も素っ気もない音になる。
それがプロにはいいのかもしれないが、あたくしのような者には、バンデンハルのクセがでてAKGのマイクロフォンの音に少し味が乗っていい塩梅になる。

ヨーロッパの音っていう感じか、レコードでいうと何となくオランダフィリップスの感じに近いかもしれない。
まあ、かなり贔屓目に見てだけれど。


ネット上に、AKG/C3000とRODEのマイクロフォンの比較みたいなのを書いている人がいるが、確かに当たっているところもないことはないが、録音するコンソール卓と、選択するマイクケーブルでかなり違いが出るので、せっかくのAKG/3000の良さを分かっていない気がする。

レコーダーもたとえば、Studerなんかを使うと、さらにそれらしい感じになるんじゃないかと想像しているのだけれど、どうせ今風のデジタルレコーダーで録るんだろうから、それはそういう判断にしかならないだろうね。


というわけで、あたしゃAKG/C3000やC2000というマイクロフォンが結構気に入っている。


サンクラS8000からは、SONYの特製スタジオ用ケーブル。
それをDENONの局用デッキに入れる。

SONYのケーブルはかなり硬いもので、たぶん日立製じゃないか?と思うのだけど。


アナログオンリーの世界はやっぱりいいね。独特の郷愁を感じる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事