全体表示

[ リスト ]

2018.4.22.

何年かぶりに、フェリーに乗った。

南港から新門司。19:50に出港、8:30に着岸。


乗船の手続きは、スマホで一発。
バーコードを読んでもらうだけ。
便利な時代ですな。

30年ぶりくらいじゃないか?、フェリーに乗るのなんて。
一番最後に乗ったのは、志布志までだったような。
あ、垂水ー岩屋の淡路島のタコフェリーがなくなる直前にのも乗ったか。


今も昔も、車で乗ることには変わりないけれど、手続きが面倒でなくていい。

南港の夕日がきれいだった。

晩御飯をフェリーのレストランで食べた。
まあ、仕方のないことだけれど、ふつうのバイキング。
何かおいしいお弁当でも買って乗ればよかったと後悔した。

相変わらず、チャイ〇が多い。


部屋に帰って寝るのだが、、、微妙な揺れと振動であまり寝れなかった。
しかし、それでも、今回はかなり揺れが少ない方だったと思う。
若い時は全然寝れていたと思うが、もう昔とは違うんだ。歳食ったなと考えてしまう。

新門司について、門司港に寄ろうと思ったのだけれど、時間がなくて目的地へ急ぐ。

九州自動車道は快適でよかった。
今回乗って行った車は、さすがに高速では安定している。このあたりは素晴らしい。

最近の車はいろんなハイテク搭載で、なんだか車を運転するというより、乗せてもらっている感じ。


今まで乗っていた車は1992年製のもので、これはこれでなかなかいい車だけれど、4半世紀の隔たりはあるようなないような。

もちろんあるけれど、車を運転する楽しさはかなり減ったのかもしれない。
安全性が大事ではあるけれどね。
今の歳になってみると、やはりSがいい。それに比べると、今回のは軽とは言わないが、小型車みたいに思える。


無事目的地について、ステーキ。
こいつは、おいしかった。
車を届けたら、新幹線でトンボ帰り。

駅のローソンで焼きそばを買って、チンしてもらって乗り込む。
列車の中で何かを食べるというのは、もう旅のおきまり。
意外とおいしかった。
お腹がいっぱいになって、しばらく寝る。
疲れがとれない。


車と言えば、ヨ〇ネ〇どんのお蔭で、いろんな車に乗せてもらった。
ボルボ、ベンツ、アルファ、ジャガー、ルノー、シトロエン、サーブ・・・
まあ、自分で買わないでも、乗せてもらった点では、オーディオも同じだな。
随分といろんな機材の音を体験させてもらった。

誰も一生にそんなに体験できないだろうというくらいにいい経験をさせてもらって感謝しかないけれど、しかし物好きだわ。
探究心とでもいうのだろうか。
さすがに、ウルトラハイタレントと言われただけのことはある。
すごい人だね。


車に関しては、あたしゃ数えるほどの車にしか乗ったことがない。

片手で足りるくらい。
最初に乗ったFairladyZ・S30系の楽しさと言ったら忘れられない。
そのあとに乗った2代目のレパードも今となってはいい車だと思う。

L20も面白かったが、V6のエンジンもなかなかよかった。
いい時代だったんだ。
2代目のレパードって大人しすぎてあまり人気なかったけれど、ものすごく運転しやすくて
今回乗って行った車と比べても、値段と性能を考えれば、本当に良くできた車だったんだなと思う。

あたしゃもう時代の流れにほとんどついて行っていないのだが、でも車は昔の方がよかったと思うばかり。
知らないだけかもしれないけど。


自分にもなんか車がほしいなあーと思う。

アルファのスパイダーなんていいなと思うが、、、先立つものがない。


オーディオを処分して買うか・・・。


4月はいろいろとあって、自分の体のことで結構へたっている。
手術もしたし、意識不明にもなったりと、、、いつまで生きていられるかわからない。
生きていたとしても、寝たきりになるかもしれず。

動ける間に、いろいろとやってみたいことがあるのだけれど、、、。


今回の車は、ホントにいろいろとあった。
購入までのトラブル、納車時にディーラーのヤツがアホなので、ドアをぶつけやがって塗装が一部はげた。
適当に塗っていたが、新車を購入しているのだからちゃんときれいにして持ってこんか!と腹立たしく。

ヒョーヒョーとこの場をしのげばいいと思っているらしく、ほとんど謝りもしない。
お客がそれ系の人が多いんだろうけれど、下手に謝ればつけいられると思っているんだろうね。
ろくに謝りもしない。

キャンペーンやっているらしく、プレゼント品があるのだが、それさえも持ってこなかった。
電話してやっと持ってきたが、それも謝りもしない。

開口一番、どこに置きましょうか。

こいつはアホかと。
最近のディーラーの人間はなっていない。

こういうのに出会うと、もう二度とコイツらから車を買うことはないだろうと思ってしまう。

あいつらも、ナンボでもお客がいるわけだし、べつに自分の腹が痛むわけでもない。
ドライなもんだと思う。


時代の流れか。
浦島太郎のような気になる。



・・・・・



2018.4.29.


GWのさなか、ぶらりと梅ぶら。

別に何を期待したわけでもないのに、阪〇〇〇〇に。

なにげに帽子屋さんに寄ってみた。
思わず目を奪われた。

速攻で買ってしまった。レギュラー買いなどまあ滅多にしないのだが、、、。

お店を見渡していると、ひときわ目を引く帽子があった。

カンカン帽なのだが、、、要するに麦わら帽子にしかすぎないのだけれど、こんなもんにこんな値段出せるか!!!と
腹立たしくなるものの、しかし抑えきれぬ魅力に負けてしまって、、、。
衝動買い。あーあ、また散財してしまった。あきませんな。

それはあたくしの大好きな帽子メーカーのものだったので余計にほしくなったのもある。
やはりそうなのね。惹かれてしまうのね。


どうしてこういうものが作れるのか?。ちょっとした色使いと形だけの話なのだけれど。

お店の人と話していたら、全部で7個くらいしか入らなかったらしい。
大阪に3つ。東京に4つ。一つは、店員のお姉さんがかぶっていた。
しゃれてていいのかぶっているなと思っていたら色違いだった。
昨日入荷して、それで即日店員さんが買ったらしい。さすがにお目が高い。


しゃれているそのしゃれかたが何ともわざとらしくないのに、どうしようもなくおしゃれなんだな。
日本人の感覚にはないんだよね。
国産の帽子メーカーもたくさんあるのに、どうも野暮ったいというのか、重いというのか抜け感がない印象しかない。
そよかぜが通り抜けてゆくような感じ。なのに薄っぺらくなくて重厚感もあるみたいな。


オーディオもそうなんだけど、いつもヨーロッパのオーディオの音を聴いていると、しゃれた音がするなーと感心するのだが。
ああいうもんだろう。

どうして国産にこういう音のするシステムが作れないんだろうといつも思っていた。


カートリッジだって、クラシックをかけてみると生々しい音を出すものはあっても、しゃれた音のするカートリッジを聞いたことがない。そこが、たとえばオルトフォンのVMSの安いやつなんかでも、すんなりとクラシックが聴けてしまう。

あの不思議さはどうにもならない。

DECCAのカートリッジだって、AKGだってそれぞれにちゃんとしたアームをあてがえば、ものすごくそれらしい音が出てくるんだもんね。

不思議としか言いようがない味付けの妙というのか。

外見が同じであっても、オシャレ度が違う。

CHARTWELLのSPにしてもJADISのアンプを聞いたときも、そうだった。
一瞬にしてやられてしまう。

すごいもんだよなーと思う。



・・・・



2018.5.6.

GWもアッという間に終わってしまった。

ほとんどどこへも行けず、まあ仕事があるのは幸せな方だと思うが、、、それにしてもどこかへ行きたいもんだ。

最近、再び車に興味が出てきた。乗れもしないし交通事情を考えれば、電車の移動に限ると思ってはいるのだが、あたくしの人生、残りのどれほど生きていられるのかわかならなくなってきつつあるので、乗りたかった車に乗るのもいいかなと思ったりもする。


ただ、どうしても乗りたい車などあたくしにはない。
そこそこ大きな車であれば、正直なんでもよかったりするのが車だけれど、昔からオープンカーにあこがれていた。

AlfaromeoがDuetotantaを出してくれたら真剣に買おうか?と思ったりもしたのだが、全く出る気配がない。
マ〇〇の車を買おうという気も起らないので、現実的なのがベ〇〇のカブリオレかなーと思ったりもするが、先日嫌な思いをしたので、二度とあの会社からは買わないつもりでいる。ディーラーに行っても、なんか昔のような夢を感じるところがない。
おねさんが出迎えて愛想を振りまいていて、それも大事かもしれないけれど、でもそういうもんではない気がする。
年中ピットインしている車を購えるほどの経済力はないし、時間も気持ちのゆとりもない。車って、やっぱり少しでいいから夢がほしいねえ。



今日はレコードをなぜか聴いてみたくなった。エレボイチームで聴く。
ブルックナーの7番、クレ・PO
入口は、Gates/CB500で、Gates/M5235を使う。球のフォノアンプはやはりいいねえ。
カートリッジは、Shure/M70ej。安物だが実際にアメリカの放送局で使われていたものみたいだから、それなりに楽しめる。
針圧2.5g アームはMicro-trak/306ロングアーム。

プリがM&AのTVP-XにマッキンMC275R。

エレボイ 左chジョージアンIVと右chパトリシアン。

いい演奏だと思う。オケがイキイキとして鳴っている。演奏が生きているなーという感じがするのが不思議。

死んだ感じに聴こえる演奏もあまたあるけれど、なんか必死に演奏している感じが伝わってくる。

球のアンプですべてを鳴らすとエレボイはなぜか旨く鳴ってくれる。
表情が多彩というのか、イキイキとしている、。
トランジスタじゃこうはいかないように思うが、使っているアンプにもよるかもしれない。
いい音のするアンプならなんでもいいのかもしれない。
調子にのって、ベー8クリュイタンスBPOとボレロミュンシュBSOも聴いてしまった。


・・・・・


マッキンのMC275Rでもいいのだけれど、M&AのTVP-Xを聴いていると、どうもTVP-Xと合わないように思える。
もちろん悪くないんだけれど、もう少し同じ系統の音でまとめた方がいいように思う。
そこで、ひとつだけほしいパワーアンプがある。

でもこいつも發て買えない。
それがあこがれでいいのかもしれないね。


最初は、JADISがエレボイを鳴らすのにいいんじゃないかと思っていたのだけれど、どうしてもSNが気になってしまう。
整備不良なのかもしれないけれど、ヨーロッパのSPって能率の低いものが多いから仕方ないことなのかもしれない。

あの大きなトランスはやはり魅力で、らくらくエレボイをドライブしてくれると思っていたのだけれど、なかなか難しい。
音も、つないでみるとちょっと違う感じがする。ドライブ力はあってさすがだなあーと思うのだけども雰囲気が大事だしね。



・・・・・


あたくしのお気に入りのメーカーのNOSの靴をついに出して、履いてみた。

通常、サイズは7を買っているのだが、ここのメーカーは6.5がぴったりと合う。
これは、このメーカーの「本物」の靴を履いて初めてわかったことだった。

ピタッとくる靴は、このサイズだった。
同じメーカーでも実は7でもダメなことがある。それはきっとLASTの問題なんだろうけれど、アジア向けのコストダウンされたやつは、7でもだめなんだ。作者が実際にそう教えてくれたのだけれど、あれは偽物とは言わないけれど、本当の自分の靴ではないと。

実はそのダメな一足目の靴でそのメーカーが気に入ってしまったんだけれど、本物を知ってしまってからは、最近阪〇でみつけても買わなくなった。クオリティーが低いから。

日本にもこういう客がいるんだと本人に知ってもらって彼も考え方をすこし変えたのかもしれないが、、、でもやはり今日本に入ってくるものは、やはり廉価版ばかりのように思う。

本物のハンドソーンの気持ちよさ、これはすごいなーと思う。

本物を5足持っているのだが、7が2足、6.5が3足で、結局は6.5がやはりピタリと合うように思う。
そして、古いタイプのものがより高品質に思う。
オーダーメイドに作ってもらったものは、もちろん世界に2足とないオンリーワンだけれど、靴の世界もいろいろあるねえー。
感動する靴に最近出会っていなかったもんだから、久々にうれしかった。




・・・・・



2018.5.24.


あまり見かけない帽子をネット上で発見。

某所に時間ができたので行ってみた。

あたくしのスキな帽子メーカーのものだが、なぜか結構そろっている。

しかし、そのメーカーはレディース用が多い。
最近のものは、ユニセックスというのか、よほどフェミニンなもの以外なら全然OKな時代だから何でもアリだろう。

で、ほしいのがいくつもあったのだが、とりあえず2つセレクトしてゲット。

どことなくレディース用だとは感じているのだが、発色がきれいなのでたまらない。


まあ、じいさんがどうかぶるか?考えものだが、見ているだけでも楽しい。
飾っておくか、、、。


帰ってきてネットを見ていたら、やはり今年のSSのモデルで、しっかりとレディース用のようだった。

まあ、メンズでもOKだとは思うけれど。店長とおぼしき人が値引きしてくれた。
ありがたいね。
やっぱり帽子は、楽しい。おされは楽しい。


久々にドボルザークが聴きたくなった。

クーベリック・バイエルンの舞曲集 DG独盤

エンパイアで聴く。カートリッジは、4000DIIILAC・GOLD 598にC33+MC7270

いい音がする。この時代のDGはかなり良くなったんだ。

ドボルザークは、ノイマン・チェコフィルなんかで聴いても、あんまりいい感じではないのに、クーベリックの演奏は泣ける。
オケがうますぎる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事