ここから本文です

ゴン太の毎日アニメ日和

宇宙の謎を解きたい・・

書庫全体表示

京四郎と永遠の空 第6話『ゆめはて十字路』

イメージ 1
(C) 2007介錯/「京四郎と永遠の空」製作委員会

拝啓、わたしの王子様。
消えました。書きかけの記事が消えました!


はい、というわけで…

白鳥空は“絶対天使”でした。

(大方の予想通りですが…)
とりあえず「いやーっ!」を連呼しないでください。近所迷惑です(汗)
そんな事実を突きつけられた空は“夢世界”へ現実逃避…

だけど現実世界へ強制送還される空…
ミカ様は空をかおんに融合する事で、かおんを完全体にしようと企んでいるようです。
が、おそらくそれはかおんを“強く”するためではなく、かおんを独占したいがための歪んだ愛…
そんな彼女は自分の部屋に戻るとこれまで気丈に振舞っていたのが嘘のように倒れてしまいます。

病気持ち?それともマナの吸われすぎ?判りません…

気を取り直して融合の儀式に入るミカ様
が、そこへせつなと彼女を追ってきたたるろってが雪崩れ込んでくる。
で、いつしか戦いはたるろってvsかおんに。。。
せつなは京四郎の指示通り、戦ってるフリをしながら防御に徹し、かおんの変化を待っているらしい…
そこへ颯爽と登場、京四郎です。

みかん「きさま〜、そんな格好でこんな所までノコノコと…。汚らわしい悪魔のしっぽ、おぞましい亡霊の片割れがっ!!」

京四郎「悪魔!?まだ兄さんの事をそんな風に言うのか!!??そんなに兄さんが憎いのか、命を懸けて、この世界を救った兄さんが!!」

みかん「ええ、憎いわね!なにもかも、あいつが死んだ事すら許せない。地獄の底から引きずりだして、この手で何度でもズタズタに引き裂いてやりたいわっ!!」

京四郎「だから兄さんの遺志を踏みにじるのか!?絶対天使を蘇らせ、私利私欲のために使おうというのか!!」

みかん「それはあの悪魔も同じことよ!!あれに正義も善意もありはしない!!」

京四郎「…どういう意味だ!?」

みかん「どうしてか知りたかったら、地獄へ行って、聞くがいいわ!!」
ん〜やはり兄・カズヤに対しては姉弟の間でかなり温度差があるようで…
どうも京四郎のほうが、思い違いをしてるっぽいですよね。
カズヤの実像を知って愕然とする京四郎が物語の後半で見れそう…かな。。。


が、ここで変化を見せるかおん…
拝啓、私の王子様、、、暴走です、これは暴走です!!
空を連れ、その場から逃げ出す京四郎とせつな…たるろっても無事脱出。。。
そんで崩れ落ちる天井にピンチのミカ様ですがそれを救ったのはかおん自身だった。
ちょっぴり嬉しそうな表情をかおんに向けるミカ様でしたが…
そこにいたひみこを見て表情は一変…ビンタです。助けてもらったのにビンタです。
(自分を助けたのは、ひみこを助けた“次いで”だと思ったのでしょうか…)

一方、無事脱出した京四郎たちでしたが…
マナの供給を求めるせつなは放置…(かわいそ…)
空は自分が“絶対天使”であるという現実を受け入れられないのか、泣き出してしまうのでありました。。。

つづく

次回 第7話『彷徨いの哀歌』

あんなにせつなを羨ましく思ったり、二人の関係に嫉妬したりしてたのにいざ自分が“絶対天使”だという現実を知ると、受け入れられないものなんですかねぇ。。。
絶対天使と人間の果たしえない愛、それが公式HPで謳われている

“原作者・スタッフが辿り着いた凄絶なる愛の物語”

という事なのでしょうか。。。
ん〜展開が重くなったきました…

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事