ここから本文です

ゴン太の毎日アニメ日和

宇宙の謎を解きたい・・

書庫全体表示

すもももももも 〜地上最強のヨメ〜 第21話『それぞれの思い』

はーい、解毒剤争奪・虎金井兄弟と犬塚連合の戦いも2回戦。。。

巳屋本いろは vs 虎金井天々


実はいろはにとってこの天々は、因縁の相手、、、
巳屋本組から組員を引き抜き、組崩壊へ導いたのが彼女だったのです。
そしてその引き抜いた組員をいろはに立ち向かわせる天々
いろははそれを半蔵とたった二人で迎え撃つ…

そして強い信頼関係と絶妙のコンビネーションで手下共を倒していく二人だったが、そんな二人を見て天々は…

「恥ずかしいと思わないの?部下と恋愛関係なんて」


と。
もちろんこれは作戦
「極道の恋愛関係を侮辱するな」「恋愛感情など、断じてありえん」とおもいっきり否定するいろはの言葉を聞き、ショックでトーンダウンする半蔵…
さらに天々は、いろはが本当に好きなのは孝士である事を告げてしまうのです。

動揺を隠せないいろは…

もう孝士やもも子達とこれまでのような関係でいられなくなる。
そんな怒りから天々へと向っていくが、逆に「三日月斬り」でやられてしまう…
さらにいろはをいたぶる天々に、半蔵がキレます…

姉さんから手を離せと言ってんだろーが、この野郎!

「最初会った時はこんな人じゃなかった」という半蔵
天々と半蔵が初めて出会ったとき、天々はまわりの組員に笑顔ばかり振りまいていた。それはあくまで組員を引き抜くためで、心の中では“自分の事を判らない、判ろうとしない”組員にムカムカしていました。
そこを半蔵に「なにか怒ってます?」と指摘される。
半蔵にとっては何気ない一言だったが…
天々は唯一自分の本心に気付いた半蔵を妙に気にかけるようになる。しかし半蔵はすでにいろはの物…
どうやらそれがさらにいろはへの憎しみを倍増させる事となってしまったようで…
「付いていく人を死んでも変える気ない」という半蔵についに天々は剣を振り下ろす…

が、それを防いだのはいろはでした。
決着をつける」と双殺魔陀羅斬りを繰り出す。
天々も同様に虎金井流にアレンジした双殺魔陀羅斬りを繰り出す…

ぶつかり合う技と技…

しかし力は天々のほうが上だった…
いろはの氣を呑み込み、さらにいろはを襲う天々の氣…
いろはは諦めの境地へとはいるが…


寸前で助かるいろは…
彼女を救ったのはもも子でした、、、

もも子は勝負の負けを認め、いろはと話をしようとするが、それを横から茶化す天々に…


ビンタ…です。説教タイムです。

「女心をこれ以上貶めるんじゃない!苛めて楽しい?そんなはずないだろ!恋い慕う苦しみをそれだけ理解していれば、同じ心が痛むはず!あなたも女なのだから」


イメージ 1
©大高忍/スクウェアエニックス・すもも製作委員会

やばい、可愛い…
気を取り直して、もも子はいろはの労を労い、話しかける。

「私は孝士殿に好きだと言われた事も、妻だと言われた事も、一度もありません。」

ただの片想いだから自分に気を使う必要などない。
この戦いが終わったら「勝負」だと。。。

そんな様子を見ていた天々、

私はあんな風にはできないよ。ふざけた事なら言えるけど、嘘の言葉ならスラスラでるけど、ホントの気持ちは…。だからあの時、君(半蔵)が私の事判ってくれて、ちょっと嬉しかった…


それ以来、半蔵に惚れてしまったと…
そんで自分の持つ薬を置いていく天々…

というわけで、いよいよもも子と孝士は最終決戦場へ…

イメージ 2
©大高忍/スクウェアエニックス・すもも製作委員会

“いつもの日々”を取り返すまで、あと少し…


つづく

次回最終話『いつもの日々へ』


なんか文章にしづらい回だった…
それにしてもこのアニメは鈍いキャラ揃いということで…

ウマ仮面の正体に気付かない
いろはの気持ちに気付かない
半蔵の気持ちに気付かない
孝士の弱さに気付かない

まったくどうなってることやら(笑)
で、天々が薬を渡さなかったら、どうする気だったのでしょうね。
そこがアニメってやつか…(触れてはいけない絶対領域)

次で最終回。半年間楽しませていただいたこのアニメがいったいどんな締め方で終わるのか、楽しみですね♪

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事