ここから本文です

ゴン太の毎日アニメ日和

宇宙の謎を解きたい・・

書庫全体表示

School Days 第3話『すれ違う想い』


イメージ 1
©STACK・School days製作委員会 2007

言葉の妹・心登場
ん〜キョン妹を彷彿とさせます。
それにしても世界とか言葉とか心とか、文章にするとなんか判り辛いんだよね。。。

なんでも心が誠に会いたがってるとか。
一方、学祭実行委員の仕事をすっぽかして誠に会っていた事でクラスメイトから責められる言葉
実行委員より彼のほうが大事に決まってるでしょ。同じ女ならちょっとは察しなさいよ。。。

帰りの電車
クラスメイトに責められ、ちょっと元気のない言葉
「わたしたち…恋人なんですよね…」
なんかちょっと積極的になった言葉を抱きしめる誠
言葉は驚いて電車から降りてしまう…

世界さんのお説教タイム
てかその露出高い衣装、どんなバイトだよ…

翌日。
屋上でランチをする二人
世界には言葉に誤れと言われたものの、言葉は別に怒ってるわけではなかった。
そんで次の日曜に心と会うために言葉の家に行く事になる。

その頃、世界は光や七海から誠との関係を疑われるが全否定

その夜。
世界のバイト先へとやって来る刹那
その帰り道、刹那は世界に尋ねる

「伊藤とは本当に付き合ってないの?」

やはりそれを完全否定する世界
ん〜、この刹那の行動ってなにを意味してるんだろう…
「じゃあ私が貰ってもいいんだよね」的展開になったら面白いんだけど(いや、面白くないか)


――そして日曜日――

仲良く遊ぶ3人
だけど休憩中に心から素朴な疑問が、、、

「どうしてお兄ちゃんはお姉ちゃんのこと“桂”って読んでるの?」

子供とは無邪気な生き物です。
その帰り道、お互いを名前で呼んでみる二人。
ようやく恋人になった実感が沸くのでした。
そして駅のホームで言葉は誠の頬っぺにチュー。(って前回よりランクダウンしてるけど…)

というわけで世界に定例報告する誠
が、彼の口からとんでもない発言が…


「なんか、言葉の相手するのって…疲れる」

おいおい…( ´Д`)


つづく

次回 第4話『無垢』


またいらん事言っちゃったよ(^^;)
第2話での誠の叩かれっぷりも尋常じゃなかったけど今回も酷そうだ。
つか、アニメ歴史の中でこれほど叩かれた主人公っているのだろうかと…

なんていうか喋り方からしてもう嫌
というかもう彼のすべてが嫌いだけど(笑)
さてさて、早くも波乱の展開、、、どうなることやらε-(´ー`*)

  • 顔アイコン

    たしかに、「ことのは」って呼ぶのは疲れますよねぇ(笑)

    [ 吉田2000 ]

    2007/7/20(金) 午後 1:18

  • 顔アイコン

    吉田2000さん>
    ヒロインにしては名前が長すぎますね(笑)
    「ことは」でよかったんじゃないでしょうか。。。

    ゴン太

    2007/7/20(金) 午後 2:13

開くトラックバック(29)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事