アダルトチルドレン 自分の生きる意味を、見つめて心が病んできた!

家族形成のために、かけた心の補完を、するヱバンゲリオン最新映画放映本日よりロードショーのごとくでありんす。(*σ。σ)

出来事

すべて表示

知的障害者、発達障害者に人権制限をするように提言する。 また、今年も入院しました>、<

クローン病術後 イレウス      
 
たぶん、51回目の入院です。この病気らしき症状がでて 33年
 
私が、10歳 ものごころが、つくか つかないかのころでしょう。
 
4歳のころに 川崎病 (当時、川崎ねつと言われた。)になって
 
健康ではない体だったかもしれません。
 
そのころ、10代ごろからの 父による 母への DV(ドメスティック・バイオレン
 
ス)
 
子供が、成長するには 過酷な生活環境であったと思います。
 
私は、もともと おっとりした性格でしたが
 
環境適応するために、性格を 変えないと いや 変えざるおえない状況に
 
育った。
 
そのことで、いろいろ 仮説を たてていった。最終的に、結論を導き出した。
 
 私の父親は、「知的障害者、また、発達障害を煩(わずら)っていました」
 
 これが、私の生きづらさ を、抱えるはめになったすべての原因です。
 
 知的障害者、また発達障害者が、社会で差別されることは、望んでませんが
 
 私の父は、差別します。父のために、悩まされ 体まで おかしくされるような
 
要因を、導き出した。体に病(難病「クローン氏病」)を、宿すほどに、精神も、
 
ぼろぼろに、されたということである。
 
 上記の生きづらさを、抱えて 生きている人を アダルト・チルドレン ACと、
 
いう 私の ブログタイトルに、それを引用している。
 
 発達障害を、社会で いかに 考えるべきか 社会的にも研究がすすんでき
 
ているようです。
 
 発達障害にも、社会適応能力が、高い人もいれば 低い人も いるので
 
ここにも、個人差という やっかいなものが 介在している。
 
 発達障害=○○だ!という 一刀両断ができるわけではないようです。
 
 しかも、発達障害の対応できる人材は、社会の中で 誰が 担(にな)ってる
 
と、いえば 誰も 担ってるわけでなく 個人の家庭で 担って 家族崩壊を招
 
いている。
 
 この現状を、放置すれば 益々世の中が、おかしくなる。
 
 一家庭で、背負えることでないが、専門的に研究している機関も ほとんど
 
ない
 
 新しい学問として、開花させていく必要がある。
 
 もう、私みたいに 悲しい生き方する人は、減らして生きたいのである。
 
 知的障害者、また発達障害者の人権を、いっときでも停止させる法律も 社
 
会の秩序を保つためには、大切だと 被害を 受けた者として 提言する!
 
 [https://www.blogmura.com/ ブログランキング にほんブログ村]
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ(文字をクリック)
 
 
にほんブログ村 介護ブログへ(文字をクリック)
 

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ(文字をクリック)

 
 
にほんブログ村 病気ブログへ(文字をクリック)
 
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ(文字をクリック)

 

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ(文字をクリック)

 

その他の最新記事

すべて表示

この記事は削除されました。

2011/10/7(金) 午前 8:33

Yahoo! JAPANによって記事が削除されました。

3回忌 野原さんへ

2011/4/7(木) 午前 1:13

象牙の塔大阪オフのような風景 ひきこもりの普通な大阪オフ会

 あることで、恋人が出来ました。 その彼女は、金沢の人です。              私は、2010年 9月 7日(自分の42歳の誕生日)に、電車にのって 金沢に、旅に出た。  ひとりで、旅行なんて 1度も ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事