全体表示

[ リスト ]

焼き場に立つ少年

シェアです。
 
焼き場に立つ少年
大東亜戦争終戦後の1945(昭和20)年9月、アメリカ空爆調査団の公式カメラマンとして来日した故ジョー・オダネル氏が長崎で撮った写真。
唇を、これ以上かたく結べないという程にきつく結んだ少年。裸足で直立不動の少年とは対照的に、だらりと頭を垂れた赤ん坊は既に死亡している。
こんな幼い弟を荼毘に付さねばならない責任と無念さと悲しさとを小さな背に独りで背負い、弟を焼いてもらう順番を待っている少年の姿。
イメージ 1
 
この写真を撮影した、従軍カメラマン「ジョー・オダネル」は当時を次のように述べています。
「佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。
しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。
しかも足は裸足です。少年は焼き場のふちまでくると硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
この時私は、背中の幼子がすでに死んでいることに初めて気づいたのです。
男たちは幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。
その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気がついたのは。
少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。
夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。背筋が凍るような光景でした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事