日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

quartzです。

タイトルにあまり期待しないで、「ふ〜ん、そなものか……」程度の軽い気持ちで読んで下さいませ。

・悲壮感がない
・楽しみながらやっている
・理屈を言わない
・他の生徒のコミュニケーションが上手
・笑われる事に慣れている
・素直に喜び、素直に驚く

技術が上達するには身体で覚えるために練習が必要ですが、その前に頭である程度は理解する必要があると思う。

んんんん、何の習事や仕事でも同じですね。
quartzです。
ご無沙汰しています。
 
ズルズル時間が経過し、その結果として興味や関心を失う。
いまこのブログはその境界線上にあるようです。

で、わたしは、なんとしても書き込みを継続したいと思う。
書くことはそれほど苦ではなく簡単なことなのですが、心はそのほうに向いていない。
考えをなかなか上手く説明できず、また整理も出来ていない状態です。

しかし、あまりくすぶっていても埒が明かないので、パーッと富士山を見に「ホテル鐘山苑炎」へ……。
いつもの楽天家に戻ってらしい。笑
 
いい部屋を取っていただきました。
 
●部屋から見た富士山
イメージ 1
上は屋根、下は手すり
目を右に移すと南アルプスが見える。
 
夕方の紅富士も良かったですが
朝一番の澄んだ空気の中の富士山もおすすめ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●立派な生け花のこの先は何の部屋でしょう
イメージ 2
実は左女性用、右男性用のトイレ
思わず戻って来て確認しました。
 
このようにいたるところに、お花があります。
 
なんせ6人のお花の先生が常駐とのこと
道理で部屋の花が生き生きしてました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●レストランでの夕食
イメージ 3先ずは宴の膳……
これから延々と続く食事です。
 
途中でギブアップしそうになりました。
が、不思議な事にすべてお腹の中に。
 
所要時間1時間30分
接客係の新谷さん長々お付き合い
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
今度はスケッチ会で行きたいと思っています。

メイプル……

quartzです。
 
秩父に行ってきました。
寒いです。
まだ、雪は降ってないのですが深夜はおそらく雪になりそう。
 
秩父神社の境内では、しめ縄などの正月用品の露天が並んでました。
駅周辺や商店街はまだまだ正月ではない様子。
 
●地元限定の「樹液サイダー」メイプル味(右)と紅茶味(左)
イメージ 1
 
2月〜4月にかけての二ヶ月間だけ採取できる
メイプルの樹液を使ったサイダー
 
樹液を取って利用する事は、「木を伐採しない林業」です。
しかも、毎年利益を生み出してくれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●これまた、超限定的な場所で販売されている、アイスクリームとシャーベット
イメージ 2
 
左 ミルクアイス
右 シャーベット
 
どちらかと言うと、シャーベットが好み。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これから。いろいろと商品を増やして行くとのこと
楽しみです。
 
●おまけですが、アニメのラベルを貼った限定のサイダー
イメージ 3
マニアにはたまらないのでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、よいお年を
 
 
 
 

夕暮れ…

quartzです。
 
オフィシャル的には今年最後の演習に行って来ました。
たぶん、今週末に一回行く事になりそうですが……。
 
●乗換駅のホームから
左に新幹線がみえるでしょうか?
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●帰りのタクシー乗り場 なんとなく外国の風景のようです
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●ホームから見た富士山
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時期の夕暮れが一番好きです。
 
実はこの後、ラッシュに揉まれ、くたくたになるとは露知らず夕暮れを満喫してました。笑
 
 

やぼろじ

地震があった今日の夕方、JR南武線谷保駅のホームに居ました。
行き先を示す電光掲示板が揺れ、思わず上に何もない場所に移動し、「電車が運転見合わせにならなけばいいな」と願ってました。
長く揺れた感じでしたが、幸いにも順調に電車は運転され影響はありませんでした。

ところで、なぜ谷保に居たのか……夏に所属している会社を退職し、同時に退職したもう一人の方と谷保にガーデニング仕事の事務所を構えたという知らせを受け、お祝いに伺ったのです。

そこは古民家をシェアして事務所にしている若者達の「やぼろじ」という、コミュニティがありソコに新参者として仲間入りしたのです。

その中の「やまもりカフェ」という母めし食堂で庭を見ながらお茶を頂き四方山話をしました。
今のこの時代に、こういう風に、ゆっくりとした生き方を実践する手もあるのだなと感心してしまいました。

●やぼろじの公園内の大きなイチョウの木
イメージ 1





















●二枚目 やまもりカフェ・古民家の縁側から庭をみる
イメージ 2
庭はバーデンパーティにも使える程大きい。
最初はここも雑草だらけで草むしりから始めたそうです。
食堂の家具は仲間の大工さんの手作りとの事








食堂は夕方、暗くなっても必要な場所だけ明るくする生活
イメージ 3

















やぼろじ

人と人、人と自然がつながる古民家コミュニティ「やぼろじ」

東京の西、国立市の谷保というところに、「やぼろじ」という、面白い場所がある。
もとは古民家だったところを改装して広い日本庭園と、カフェのある母屋、イングリッシュガーデンの裏庭、蔵、工房、そしてオフィスを備える、複合的なコミュニティとなる。

こんな場所で、こんな生活をしたいと切に思う。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事