goo*のブログ

男性は早すぎ女性は遅すぎる結婚は良くない? 役立ちの感想日記、法律の勉強、航空レーダー

男性は早すぎ結婚、女性は遅すぎる結婚はよくない

https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDX5KFBLDXUBQU017.html
「自閉症を育てるプロ」目指す 息子2人との日々を発信
妻6才上、父親28.26 母親34.32のときのこども
高橋杏璃

2018年12月29日6時0分

Facebook97TwitterlistHatena0Lineメール

拡大する息子の真生君(右)と悠生君(左)がかいた絵や書の作品を手に持つ山口歩さん=2018年11月19日、奈良県生駒市緑ケ丘、高橋杏璃撮影

 自閉症の息子2人との日常を、講演会やSNSで発信している奈良県生駒市の山口歩さん(51)。「いろんな障害をもちながらも頑張って生きていることを知ってほしい」と活動している。

「生きる意味ない」にあらがう言葉の力を

 長男の真生(まお)君(17)は3歳の時、次男の悠生(ゆう)君(15)は1歳半ごろ、知的障害を伴う自閉症と診断された。「真生だけでも手いっぱいなのに2人も育てていけるのか」。当初は不安でいっぱいだった。

 歩さんを前向きに変えたのは、夫の幸人さん(45)の一言。「こうなったら夫婦で自閉症を育てるプロになるしかないな」
-----------
 自身の子育て経験を講演会で話すようになったのは、10年ほど前。小学校教諭や児童、教員免許取得を目指す大学生など、これまでさまざまな人を対象に講演してきた。

 これまでに話した内容をつづった8千字の作文は今年、障害児教育のすぐれた実践記録などに贈られる「NHK障害福祉賞」の最優秀賞に選ばれた。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事