ごりの趣味部屋

気ままに更新してみます。

全体表示

[ リスト ]

こんばんは
今日は寒いですね。私の住んでるあたりでも久々の雪でした。
 
KOCHのアンプを試奏した時に弾かせてもらったサドウスキーの、
 
なんというか、枯れ過ぎずモダンすぎず
スッと音が前に出てくれる感じに惹かれてしまって・・・
 
ただ、余程のバーゲンセールか、超お買い得な中古品でもない限り、予算的にちょっと手が出せないので・・・
 
やや無謀な企画ですが、サドウスキーを手にした時に感じたあのなんともいえぬナチュラル感を手持ちのギターで再現できぬかトライしてみる事にしてみました。
 
購入から2年経ち、手に馴染んできたフェンダーメキシコの『ROAD WORN』
このギターに搭載されているジミー・ヴォーンモデルの『TEX−MEX』ピックアップ、パワーがあって元気な音のするこれはこれで良いピックアップなんですが、最近歳のせいか?TEX-MEXのハイパワーでチリチリ感、パキパキ感が強調された感じより、もう少し大人しいキャラクターのPUの方が音作りしやすいかなと思い。
 
以前に2号機をHSH化した際、センター用に試してみようと入手したこれ↓を試してみました。
 
イメージ 1
 
リプレイスメントPUの定番中の定番、セイモア・ダンカンのSSL-1です。
とりあえずフロントにつけてみました。
 
ダンカンのPUは通常のFENDER系のPUカバーだとややキツくて取り付けにくいとのことで、やや肉厚の薄いダンカン対応のPUカバーを調達して、ROAD WORNのフロントに取り付けてみました。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真が暗くて見づらいですが、フロントPUのカヴァーだけ妙に白い、でもこういういかにも「改造しました」的な
絵面はじつはキライじゃないです。
 
んで音の方は・・・
 
『大失敗じゃないけど、大成功でもない』
確かに出音は素直な感じですが、センターもリアも全部これに変えてやろう!ってほどストライクではない感じ・・・
 
です。
 
TEX-MEXからダンカンSSL-1なのでもちろん音は激変しました。
TEX-MEXのちょっとやんちゃな感じとは正反対な優等生的なまとまりはあるもののあまりにも中域がスカッと抜けてしまっており、ちょっと枯れ過ぎというか・・・
 
枯れ過ぎといっても、その『枯れ方』がフェンダー系のCUSTOM’54あたりほどベルトーンではなく、FENDER系の枯れ方とはやや趣が異なる気がします。
 
扱い易いといえば扱いやすいのですが、もとのTEX−MEXの元気いい感じも捨てがたい・・・この中間くらいのPUはないかしら・・・
 
なんとも『行こうか戻ろうか迷う』しょっぱいMODになってしまいました。
 
う〜ん・・・迷走するごり・・・
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

よすけです〜。PU交換むずいっすよね。私はPUブック付属のCDで傾向をつかんでカスタム54にしましたが。サドウスキーとかスタジオ系のギターって癖がなくて抜けがよいですよね〜。

2013/1/27(日) 午後 2:23 [ doi*g*55jp ] 返信する

顔アイコン

オコンニチワ !! 、ゴリさん。 (=⌒▽⌒=)ノ

よすけさんが仰られている通りですね〜。
PUの選択って難しいですネ。(泣き) (=>o<=)
まったくの個人的な感想で恐縮ですが、
ゴリさんにはヴァンザントの卜ゥルー・ブルースと言う、
PUがピッタリかと思いますニャン。 (=⌒▽⌒=)v
URLをのせさせて頂きましたので、
ニャロメのハンドルネームをポチって下さいませ。
SRV御大の音はこれで決まりかもですニャン。(笑) (≧∇≦)b 削除

2013/1/27(日) 午後 5:13 [ ニャロメ ] 返信する

顔アイコン

よすけさんこんばんは!

PU交換は、乗っけてみないと分からない、ばくちですね!カスタム54はFENDERのPUの中ではイチバン好きかもです。ダンカンSSLは、いまのところ『不満ではないが大満足でもない』微妙な感じです。

>サドウスキーとかスタジオ系のギター・・・
強烈な個性みたいのはないですが、扱い易いと思います。FENDERのギターを『枯れた』とか、『トゥワンギー』とか表現するなら、サドウスキーは『澄んだ』感じがしました。

2013/1/28(月) 午前 1:45 [ ごり ] 返信する

顔アイコン

ニャロメさんこんばんは!

やっぱヴァンザントですか!

1号機(ビル・ローレンス)はヴァンザントの『レイヴォーン・セット』として売られていたもので、フロントが『トゥルー・ヴィンテージ』センターとリアが『ブルース』という構成です。

ヴァンザントは高いイメージがあったのですが、ここはずいぶんお値打ちですね。

ROAD WORNに乗っけたらまた違う趣になるかもしれませんので、今度試してみます!

2013/1/28(月) 午前 1:56 [ ごり ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事