ごりの趣味部屋

気ままに更新してみます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

こんばんは。

発売されてから日数が経ってますので旬な話題ではないですが、今更ですがBOSSの次世代歪みペダルが結構
良いみたいですね。

まずはディストーション、DS-1x


私は元祖DS-1・・・いわゆる銀ネジではないですが、一応メイド・イン・ジャパン・・・を持ってますが、これは別にDS-1の再現的なものではなく、『BOSSが提唱する新しいスタンダード・ディストーション』ってとこでしょうか・・・
元祖DS-1のようなクセというか、味みたいなものはあまり感じませんが、クランチ〜ハイゲインまで、つまみをどの位置にしても使える音になるし、ピッキングの強弱や、ギター本体のヴォリュームの上げ下げにたいする追従性も良さげで使いやすそうです。一方で元祖DS-1の、なんというか巻き弦がジョリジョリして、プレーン弦がニキニキする感じもやはり捨てがたく、これはこれで手放せないですね。

イメージ 1

今や私が所持するBOSSの歪みペダルはこれ1個になっちゃいました。・・・(OD-2も持っていたのですが、手放しました。)

んで、次はOD-1x


これも追従性が良くて、コードを弾いた時の分離の良さもあって、私が手放したOD-2や、現行のTS-9やなんか
に比べても音のヌケが良さそうですね。DRIVEを0付近まで絞ってブースター的な使い方も良さげですね。
これもOD-1xというネーミングから、やはり往年の名機、元祖OD-1の復刻継承版を連想しますが。
こちらも『BOSSが提唱する新しいスタンダード・オーバードライブはこれだ!』的なものでしょうか・・・なんというか、立体感、奥行きや分離感が良い使いやすそうなペダルですね。

んで、自分ならどちらを選ぶか・・・音楽の好みからするとOD-1xにいくべきなんでしょうが、なんかDS-1xに惹かれつつあります。ぶっちゃけ2つとも欲しい・・・

でも実はBOSSの次世代歪みペダルで今イチバン興味あるのは、OD-1x、DS-1xより一足先に発売されたこれです。


これがイチバン使い易そうに思えたのですが、これはもう製造中止になったそうで・・・

うーむ・・・急がねば・・・12月は車の車検にボーナス払いの引き落としに・・・
懐がちょっと寒いので我慢か・・・

SD-1以降のBOSSの歪みペダルも、BD-2などの一部の機種を除いてはいま一つピンと来ない物が多かったですし、BOSSであれ、マクソンであれ、80年代のいわゆる初期モノと現在製造されてるものでは音が違う、(概ね初期モノの方が評価が高い)とか、ランドグラフや、フルトーン等の高価なブティックペダルが対等してきたりと
いろいろありましたが、ここへきて、久しぶりにこれは良さげだ、欲しいと思わせるペダルを出して来た感があります。

でもちょっと高いかな〜

まぁ80年代にDS-1やOD-1が大体定価9000円とか1万円位でしたっけ?

それを思うと今OD-1xやDS-1xが1万5千円前後ってのは、妥当といえば妥当な気もしますが・・・

相変わらずまとまりがなくてすみません。








この記事に

開く コメント(1)

こんばんは。
最近寒くなってきましたね。

2ハム仕様にした2号機ビルギブをモディファイしてみました。
イメージ 1
・・・といっても写真じゃ、どこを弄ったかわかりませんよね・・・

今回のモディファイのきっかけは、この動画です。

以前から気になっていた、ESPのTHROBBERというギターなんですが、本物は高すぎて手がでません。
廉価版の、THROBBER-STDってのもあるようですが、何にせよ高くて手がでません。
ただ、動画にも出てきますが、この5WAYのセレクター、フロントをタップできたり、フロント、リアのタップ同志の
ミックス(ハーフトーン風)もできたりと便利そうなので、自分のギター・・・2ハム仕様の2号機で試してみることに
しました。
試すといっても、このTHROBBER用の5WAYセレクターがどうやらちょっと特殊なパーツらしく、また配線もちょっとややこやしそうだったので。今回はショップに持ち込むことにしました。
THROBBER仕様の配線ってことなら、やはりESPさんの直営店に持ち込むのが早かろうってことで、名古屋のBIG BOSSさんにギターを持ち込んで、お願いしました。部品代、工賃込みで結構なお値段になってしまいましたが、店員さんの対応は丁寧で、作業も確か(・・・といっても中の半田付けがどうなってるかまで見てないですが)でした。

ギターを預けてから、完成までに約2時間くらいかかるとのことでしたので、しばらく大須界隈の楽器屋さん巡りをしてきましたが、大須のコメ兵で、自分のビルギブと同じく2ハム仕様のストラトタイプのギターで、ちょっと気になるモデルがあったので試奏させてもらいました。


フジゲンの、EXPERT OSシリーズです。動画のギターはHSHレイアウトですが、自分が試奏したヤツは真ん中のシングルコイルがない2ハム仕様でした。使ってる木とか色合いは動画のギターと同じような感じでした。
アンプがLINE6のスパイダーⅡというモデリングアンプで、音の方はあんまし吟味できませんでしたが、立ち上がりの早いしゃきっとした感じの音かなとおもいました。

ネックの握りは当然のことながらビル・ローレンスよりは太いですが、指板のアールがフラットに近く、フレットもミディアムジャンボサイズで弾き易いと思いました。最近のフジゲンといえば、『サークルフレッティングシステム』なる独特のフレットの打ち方がしてあるようで、たしかにじっくり目を凝らすと、ほんのちょっとづつフレットが湾曲して打ってあるように見えなくもない・・・ですが、音的な効果は体感できませんでした。これも賛否両論ですが、フレット交換は、『サークルフレッティングシステム』に対応できるショップ・・・つまりフジゲンの直営店に持ち込まなきゃだめってことで、後々のメンテナンスを考えると、不便かもしれんですね。

コントロールは、1ヴォリューム、1トーンで、コイルタップ用のミニスイッチがついていますが、タップした時と、してない時の音量差がほとんどなく、タップ時のシングルコイルの音が結構使える音でこのへんは良く出来ているなと思いました。

れから、多分ゴトー製と思われるロック式のペグと、ウィルキンソンブリッジのおかげで、アーミング時のチューニングの安定性は抜群で、結構弦がヘロヘロになるまでアームダウンさせたりもしましたがチューニングもそんなに狂わなくて快適でした。ヴィンテージタイプのブリッジに特にこだわりがないのであれば、ウィルキンソンはかなり使いやすいユニットだと感じました。資金があればウィルキンソン+ロック式ペグは自分のギターでも試してみたいところです。

円安など、為替レートの影響もあり、舶来もののギターは今後益々購入しづらくなってくるでしょうし、フジゲンのギターはカタログスペックに対して価格がリーズナブルな印象がありますので、今、新たに購入するとしたら有力な選択肢のひとつですが、ただ、『サークルフレッティング』がなぁ〜などと思いをめぐらせていたら、BIG BOSSさんから、作業完了の電話が入りました。

んでもって、THROBBERサーキット導入ヴァージョンのビルギブをお店で音だしチェック。
5WAYのフロント側のハーフトーンの位置で、フロントPUのタップトーン、リア側のハーフトーンの位置で、フロント+リアのタップトーン同士のミックス・・・センターの位置はハムバッカー同士のミックス・・・この『ビルギブ』に関してはコンポーネント路線で、ハムバッカーのタップも含めて多彩な音作りギターを目指してきましたが、ミニスイッチやなんやら、コントロール周りがごちゃごちゃするのは避けたかったので、PUセレクターの切り替えだけで、タップトーンやら、ハーフトーン風の音も出せるようになって満足です。BIG BOSSさんありがとう!

・・・相変わらず長くてすみません。



この記事に

開く コメント(0)

こんにちは。

10月も半ばすぎて、ようやくだんだん秋らしい気候になってきましたね。
昨日今日と久々の連休なので、ギターを弄くってますが、2ハム仕様にした2号機ビルギブをこの先どう料理していこうかと思案しつつ、You Tubeの動画を色々見てたら、この動画が目に留まりました。


プロビデンスの今剛さんのシグネイチャーモデル。さすがトップオブトップの超一流プレイヤー・・・いい音ですなぁ
今剛さんはたしかブギーレクチファイアとか使ってなかったっけ・・・と思って動画を見進めていくと・・・

こ、これ全部フラクタルの音やんか!

この手のアンプの音までシュミレートしているアイテム、ソフトレベルでは私も時々つかう『Amplitube』や、『Guiter Rig』シリーズ・・・果てはフリーソフトでも結構よいものが沢山出ていますし、ハードでも先代から著しい進化を遂げたと言われるLINE6の『POD HD』シリーズや、ZOOMのGシリーズ、ちょっとお高い『ElevenRack』とか、魅力的な製品が沢山でていますが、フラクタルとか、ケンパーとか、トッププロが使う最先端レベルがここまで進化しているとは・・・

最近はレコーディングとかスタジオ環境のみならず、これをライブで使うケースも結構あるようで、山本恭司さんのようなロック系の人もこれをステージで使ったりするそうです。

ただこの手のアイテム、超トッププロが使う最上位クラス・・・フラクタル、ケンパー等から、我々サラリーマンがお小遣いためてなんとか買えるレベルのPODやZOOMまでいろいろな物が出ていますが、今剛さんのように現場で多くの機材に触れ、様々なチューブアンプや、高級ラックエフェクターなど、『実機』の特徴や使い方を熟知しておられてこそ、このサウンドメイクが可能なわけで、おそらく私がフラクタルを手に入れたとことろで、家やスタジオでブルースジュニアを鳴らす以上の音は、多分作れないでしょうね。

ただ、諸事情により、自宅では『ヘッドフォンギタリスト』にならざるを得ない私としては、いかにしてスタジオやライブハウス等で実際にアンプとスピーカーで鳴らす音を、自宅のPCオーディオ、ヘッドフォン環境で再現しうるかってところには興味があって、この手のアイテムも使い方次第ではかなり重宝と思います。

この手のアイテム、ブルーズ・ロック系の音楽が好きな方達の間ではあまり話題になりませんが、こういうのを駆使してSRVやジミヘンスタイルでバリバリ弾きまくっている人とかいないかしら・・・

自宅練習や宅録に、この手のアイテムを活用されている方は多いと思いますが、クオリティが進化してくると、
「練習スタジオや、ライブ本番でもこのままこれを使いたい」って話になってくるわけで、例えば
PODで作った音を、練習スタジオやライブハウスでいかにして再現するかなんて事をネット上で話題にされていらっしゃる方も多いですが、現状は会場に置いてあるアンプ(多いのはやはりジャズコーラスか)のエフェクトリターン端子を活用するのが主流のようですね。やはり理想はラインアウトから直接PAのミキシングボードに送るやり方だと思いますが、増崎孝司さんの『これはギターアンプではない。』という表現がイチバンしっくりきました。


プロレベルの現場ではさておき、アマチュアレベルのライブ環境では、『アンプのスピーカーにマイクを立てる』
とか、『アンプのスピーカーから直接(PAを介さずに)鳴らす』のが主流なんでしょうが、いずれ近い将来は、スピーカーにマイクを立てて音を拾うやり方が少数派になる時代が来るかもしれないですね。

ライブや練習スタジオに入る度にいちいち重い機材を運ばなくても良いとか、いろいろメリットもありますからね。

私は現状、自宅では

アンプのスピーカーアウトプットまでがアナログで、そこから先をデジタルに依存しています。

長くなってすみません。

またたいして弾けもせんのにウンチクをたれてしまいました。

さて、弦を張り替えて・・・練習、練習と・・・



この記事に

開く コメント(4)

リハビリ・ギター?

大変ご無沙汰しております。

おかげさまで、怪我の方は順調に回復し、今年の6月に骨を固定していた金具を取り除く手術も無事に終え、今は完治しております。

ギターも、骨折してから約2ヶ月位は、手の動きを制限されていたので弾けずにおりましたが、三角巾を外してOKと
なった、昨年5月くらいから、少しずつ慣らして弾けるようになりました。
ただ、治療の過程でしばらく、左手を動かせない時期が続いたせいか、握力がやや衰えてしまったのと、例えばチョーキングしようとして、手首や指に力を入れると、患部が痛むなどして、なかなか思うように弾けない時期もありました。

元々骨折する前は、ギターの弦はアーニーボールのレギュラー・スリンキー(0.10〜0.46、黄色いヤツです。)
を愛用してきました。ホントはSRVのように極太ゲージでハードヒットしまくるスタイルに憧れるのですが・・・その腕も根性もなく、これがイチバンどこにでも売ってるし、まぁこれでいいか・・・とずっと使って来たのですが、骨折の影響で握力が低下したせいか、0.10〜のセットでもちょっとキツいと感じて、更にサイズダウンして、今は同じアーニーボールのスーパー・スリンキー(0.09〜0.42、ピンクのやつです。)現在に至ります。

イメージ 1

骨を固定していた金具(ピンとワイヤー)を取り除く手術も無事終わり、肘の違和感もほぼ無くなってきたので、そろそ元のレギュラースリンキーに戻そうかと思案中ですが、細めの弦にも一応利点はあって、クリーンな音で弾く時は、太目のゲージの弦の方が太くまろやかな音がする気がしますが、ロック的に歪ませて弾くときには、細いゲージの方が、ブライトな感じになってなかなか良い塩梅で、特にファズをかましたりして、歪みを深めにして、軽めのタッチで弾くというのが、これはこれで意外にハマるな・・・と。行こうか戻ろうか戻ろうかこれまた思案中です。

いずれにせよブログはまたぼちぼちマイペースで更新して行こうとおもいます。


この記事に

開く コメント(4)

折れました・・・

ご無沙汰してます。
 
先々週の金曜日(3/15)の昼下がりに、トラックの荷台から転落して、左肘を強打してしまい・・・
肘がポンポンに腫れちゃったんで、直ぐに医者に行き、レントゲン撮ってもらったところ、
 
 
見事に折れてました・・・
 
イメージ 1
 
 
折れた箇所が、ヒジの間接に近いところで、・・・うまく説明できませんが、筋肉が折れた骨同士が離れる方向へ引っ張る力が加わってしまう位置関係の為、フツーに石膏やなんかで固定してるだけじゃくっつかないとのこで、手術して金具で固定することになりました。
 
んでもって、18日に入院、19日に手術、20日に退院と・・・強行スケジュールでしたが、手術も無事終わり、手術の傷もふさがって経過はいたって良好です。
 
今、少しづつ腕を動かす練習してます。
 
チョット腕全体がむくんでますが、指や手首はだいぶうごかせるようになってきたので、とりあえず、ギターのネックを握ることができるところまでは回復しました。
 
押弦、フィンガリング、チョーキングは微妙ですが、少しずつ慣らしていこうかなと・・・

この記事に

開く コメント(10)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事