過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Myタンクを2010.9.5に立ち上げてから4ヶ月と20日が経ち
ひとつ大がかりなメンテナンスを昨晩実施しました。

うちのサンプはおそうじ簡単をコンセプトに作りましたが飼育を始めて問題点が多々見られます。

立上げ当初のサンプ
イメージ 1

アクリルでB−BOXさんでオリジナルで作成しました。
お得意のウェット&ドライでアルファ200が収まるサイズです。

おそうじを簡単にということで排水管をしこんでサンプもオーバーフローにしてあります。

しかし…

問題点1
ろ材が入っているためサンプの海水を全部抜いて、水道水で丸洗いができない。

問題点2
スキマー層が独立していないため水位が変動しスキマーの調整が狂う。

インサンプ型スキマーなんですからそこらへん考慮してほしかった…
初心者の私には気付くはずもなくw

問題点2は置いといて問題点1を解決しよう!と
はい!まだ1回もサンプ掃除してませんw

ということで完全ベルリンに移行を決意しました。

まだ早いかなとも思いましたが思い立ったら吉日w
サンプに沈殿した大量のデトリタスがスキマーの排水で多少舞い本水槽でも舞っていましたので
気になっていました。


作業開始!

海水を150L用意。

まずはメインポンプを止め、ある程度、コケとデトリタスをごしごし。
そしてサンプのオーバーフロー管を抜きます(フロー管、固定してません&水も漏れません)
あっという間にサンプの海水が全部抜けます。(10秒かかりません)

しかし汚い!写真撮りわすれましたが、思い出しスキマーだけ撮りました。
イメージ 2

このスキマー、バブルキングもそうですがバラバラに出来るすぐれもので分解後
クエン酸に漬け込みこのとおり^^
イメージ 3

その後ドライボールとリングろ材を全て取り出しコケをゴシゴシ。
ホースで綺麗に流して拭上げて海水を入れてこの通り^^
イメージ 4

サンプのオーバーフロー部です
イメージ 5

スキマーのドラゴンポンプもクエン酸に漬け込み現在はROでカラ回し中で今晩スキマー復旧予定です。

いやーすっきりしました!

サンプへの落水部がウェット&ドライ仕様なので帰りに配管を購入して帰ります。
泡切りはLSSさんのウール袋?を使う予定です。

あとはベルリンへ移行した結果、どのような影響がでるか心配です。
魚が11匹いますのでやばいのかなぁ…
とりあえず今日からしばらくアンモニア、亜硝酸が出ないかチェックします。
後は1回/日の餌を1回/2日にします。(お魚さん達ごめん…><)
硝酸塩、PHなんかも見た方がいいのかな…
はたまたKH、リンなんかも…
はぁ、水質検査嫌いです…w






崩壊しないためには!
























皆様のお力添えが必要です!!!!!!!!!!!!w
他に気をつける点等ありましたら皆様アドバイス下さい!^^/
お願いします!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!w

この記事に

開く コメント(7)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事